Zoomオンラインセミナー (半日コース)

※受講者の方のパソコン、タブレット、スマホからご参加できます。 質問時間もあります。
(お送りしますZoomミーティングURLをクリックしていただくだけで簡単に視聴が可能です)



人手不足解消、人件費削減、ヒューマンエラー防止を実現するRPA(ロボティック プロセス オートメーション〔4月19日開催〕

 

失敗しないソフトウェアの選び方、定型・単純作業の自動化による省力化を目指す様々な手法・技術を解説!!
設計・業務高効率化図るRPA・Excel・3D CAD・CAEによる自動設計・最適化・業務自動化

受講者の方が自らパソコンを操作しながら、Excelマクロ、RPAによる自動化、3D CADの自動化・最適化を体験 ≫

失敗しないよう自動設計や最適化をいかに取り組み、活用・構築するか。 エンジニアリング目線でその秘訣を開示 >

無料又は低費用で簡単にはじめられる自動化のアプローチを習得して、翌日から即活かせますようわかり易く解説 >

 


《 最近企画の金属3Dプリンタ、セラミックス3Dプリンタ、トポロジー最適化、ジェネレーティブデザイン、3D CAD・CAE、3次元設計、RPA、ダイカスト/プラスチック金型等のセミナーは、Zoom、代々木会場にて以下の通り開催 
 
 

<Zoomオンラインセミナーの一覧 (2021年4月〜)>
こちら をクリックしてご覧ください。 会社、ご自宅等のパソコン、タブレット、スマホからご参加できます。


<代々木会場でのセミナーの一覧 (2021年5月〜)
こちら をクリックしてご覧ください。 会場はJR代々木駅から徒歩で30秒のところにあります。






RPA(ロボティック プロセス オートメーション)で単純作業を自動化して業務の高効率化を図る!!

人手不足解消RPA・Excel・3D CAD・CAE
による
自動設計・最適化・務自動〔体験入門講座〕

《 製造業を中心に建築・土木分野まで、バリエーション設計や各種計算、リストの作成・集計などの
エンジニアリングに関わる業務全般の自動化、最適化についてエンジニア目線でわかり易く解説 》

《 深夜・休日も自動稼働し人的ミスを防止でき、単純人手作業の殆どを省力化する話題のRPAとは 》

《 失敗しないソフトウェアの選び方と導入のコツ・注意点、最小の投資で最大の効果を引き出す秘法 》

有償版と同等若しくはそれ以上の機能を無料や超低価格でRPA、3D CAD・CAEをはじめる方法 》

《 自動設計や最適化を成功させるために最低限必要な理論・情報・用語の説明、失敗の要因と課題 》

《 受講者の方がパソコンを操作しながらRPAによる自動化、3D CADの自動化・最適化を体験します

《 簡単にはじめられる自動化のアプローチを習得して、翌日から即活かせますようにわかり易く解説 》

 

   

■日時 4月19日(月)    ■受講料 1名につき 19,000円  Zoomオンラインセミナー 〔2021年開催〕

       13:00〜17:00      (消費税込み、資料代含む)         ※受講者の方のPC、タブレット、スマホからご参加できます

        

   講師

      デジプロ研  

      CAD/CAEコーディネーター
 

      太田 明

 


【経歴・活動】

半導体製造装置メーカーにてメカ設計者として開発設計の現場を経験の後、3D設計環境立上げ、3Dデータ管理を自ら企画・立案・実行。3次元設計定着後はシミュレーション技術開発を主導、リーダーとしてシミュレーションチームを立上げる。
現在は、最適化技術や十数種類のCAD/CAEソフト使用経験、RPAやプログラム開発の経験を活かし、ソフトウェア中立、ユーザーファーストの立場で様々な業種・企業にデジタルエンジニアリングのための技術コンサルティングを行っている。

        

 

【講師の言葉】

近年、スマートフォン向けアプリを見ればわかるように、多くのソフトウェアが無料ではじめられる形態に変わりつつあります。
エンジニアリングに使用する3D CADや構造解析を行うCAEツール、業務自動化の強力な武器になるRPAにおいても、同様に無料ではじめられるものや非常に低価格なものが次々に登場しています。さらに、その機能は決してオープンソースのような発展途上のものではなく、有償版と同等やそれ以上のものまで存在します。
特にRPA(ロボティック プロセス オートメーション)はPC内の操作であればすべてコントロールすることができるソフトウェアで、近年オフィス業務の自動化で普及が急速に進んでいます。PC内のあらゆるソフトウェアを自動で操作できるわけですから、オフィス業務だけではなく、もちろんエンジニアリングにも活用できる自動化ツールの筆頭です。
一方、ExcelマクロやCADの標準機能であるプログラミング環境はすでにお持ちの環境であれば、あとはそれを使いこなすだけです。他方、社内のわずらわしい業務をシステム開発で改善するケースもあるでしょう。しかし、その改善は本当にそれほどの大規模なパッケージソフトや長期間のソフト開発が必要なのでしょうか。もしかすると、既存のソフトと少しのプログラミングで同等の改善が期待できるケースも多いのではないでしょうか。人手不足の中、一部の機能しか使わないようなメンテナンスできない大きなシステムをひとつ入れるより、小回りのきく小さな自動ツールを多数内製化しておく方が、効率化とノウハウの蓄積になります。
では、様々な自動化ツールにはどのような種類があり、どのように使い分ければいいのでしょうか。また、自動設計や最適化を成功させるには最低限どのような理論・情報・用語を知っておけばいいのでしょうか。
この講座では、バリエーション設計や各種計算、リストの作成や集計などのエンジニアリングに関わる業務全般の自動化や最適化についてエンジニア目線でお話しします。現実的で簡単にはじめられる自動化のアプローチを知って、今日からすぐに自動化を進めましょう。
最後は皆さんの具体的な課題や疑問を持ち寄って、有意義なディスカッションができればと思っていますので、プログラミングや3D CADをこれからはじめる方や、経験はあるがどのように成果を出して良いかわからないという方、ソフトウェア選びに自信のない方など是非ご参加ください。ディスカッションを通して各参加者の実務上の課題に合った解決策を一緒に考えていきたいと思います。

           

                 

  1.自動化ツールの全体像

    1.日本のデジタルエンジニアリングの現状

    2.デジタルエンジニアリングに必要な3要素

    3.3D CADができること/できないこと

    4.CAEツールができること/できないこと

    5.最適化とは

    6.RPA とは

    7.Excel ができること/できないこと
    8.新たな自動化・最適化のかたち
    9.失敗しないソフトウェア選びと導入のコツ
  2.実際に自動化を体験してみよう

    1.Excel マクロ

    2.RPA による自動化

    3.3D CADの自動化・最適化

    4.各ソフトウェアの違いとライセンス形態について

    5.どのような企業がどのようなソフトを導入しているか  
  3.最適化とデジタルエンジニアリングに関するディスカッション
     講師・参加者同士の交流とディスカッションで、小さな疑問は解消し、課題
     
解決のヒントが得られます。
     悩みや疑問をざっくばらんに話し合いながら、みんなでデジタルエンジニア
     ングの道をさらに一歩進めましょう。

                                    〈質疑応答〉

                                                


【主催】日本技術情報センター TEL 03-5790-9775  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2021年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブロ http://takashi-jtic.at.webry.info/

〔金属・セラミックス3Dプリンタの活用技術・事例、トポロジー最適化、ジェネレーティブデザイン等を記しています〕

 


 【特別割引】               

※2名様以上同時にお申込みの場合は、二人目の方から受講料を3,000円割引16,000円にて
   お受け致します。 先着(ご入金順)3名様までです。
         

   

※お一人で下記のセミナーも同時にお申込みの方は、受講料,000円割引にてお受け致します。

当割引は受講ご本人のみの割引です。 他の方が代理での受講はお受け致しかねます。

金属3Dプリンタ導入・活用とバインダージェット方式量産対応機の動向と活用技術〔Zoomセミナー〕(4/13)
金属3Dプリンタ導入・活用とダイカスト/プラスチック用金型の製作、デジタル倉庫サービス〔Zoomセミナー〕(4/20)
新市場を創出するセラミックス3Dプリンタの開発・活用動向と造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(4/21)
金属3Dプリンタ導入・活用上のポイントと金属部品・金型の斬新な造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(4/23)
金属3Dブリンタ/アルミ合金粉末を駆使したアルミニウム部品の造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(4/27)
金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術と活用事例<入門コース>(5/14)
3D CADで本当に効果を出すための3次元設計技術と成功事例<体験入門>〔Zoomセミナー〕(5/24)
金属3Dプリンタ/ジェネレーティブデザインの活用技術・事例、超軽量化事例〔Zoomセミナー〕(5/27)

      

セミナーのお申込みは、弊社 ホームページお申込み方法からお願い致します。

企画・セミナー統括責任者:吉田 賢 <ご質問、お気づきの点がございましたら、お気軽にお問い合わせください>