人手不足解消と作業・生産現場の自動化が急務の食品業界に向けた開発・活用が急進!!

食品分野における協働ロボット/システム

開発・構築技術導入事例及び今後展開

AIを始め、様々な最先端技術を駆使した高性能・高機能の新型協働ロボットが続々と開発され、市場投入開始

高い操作性と高速性を備えか手軽に持ち運びできる軽量・小型化を実現した最近注目の“COBOTTA”の威力
弁当の盛り付け等の協働人型双腕ロボット、たこ焼き等の調理ロボット、食品工場向けのロボットシステムを詳説
国内外の2000工場以上の自動化を実現してきた実績をもとに、食品製造業の導入例について動画を交え解説

全く新しい視点から開発した世界初の旋回流型ロボット吸引ハンドの優位性と適用例。様々な食品搬送を可能に

独創的な新型協働ロボット/システムを開発した講師陣が食品分野に向けた取り組み、試作・活用例と今後を語る

協働ロボット導入のメリット、効果的な導入方法と注意点、費用対効果、活用上のポイントと留意点及び適用事例

 < 導入・活用にご関心・ご興味をお持ちのエンドユーザの方は、受講料半額 の14,500円にてお受け致します

 

 

■日時 11月20日(火)    ■会場 新宿 コンファレンス東京」    ■受講料 1名につき 29,000円

10:00〜16:50        (東京都新宿区西新宿1-19-5        (消費税込み、テキスト代含む) 

人協働ロボット “COBOTTA” の開発動向と食品分野における活用技術・事例及び今後の展開

 

    

潟fンソーウェーブ

FA・ロボット事業部

技術部製品企画室長     

     

   澤田 洋祐

   

11月20日 10:00〜11:00


 

 

デンソーロボットの開発をはじめ50年。新たに世におくる産業用人協働ロボット、COBOTTA。
COBOTTAの4つの特徴である、1.Safety Design 2.Portable body 3.Easy to use 4.Open platform の技術的な解説と、COBOTTAのパワフルな開発環境を活用したご提案をいたします。
食品、医薬品、化粧品業界へのデンソーロボットの導入実績は多く、それらの事例のご紹介と食品業界への今後の取組みについてご紹介いたします。

 

  1.人協働ロボット COBOTTAのご紹介

  2.COBOTTAをマスターにした周辺機器統合制御

  3.COBOTTA+人工知能(マルチモーダルAI)

  4.食品業界及びパッケージング工程への導入事例(動画)

  5.食品業界(不定形物)への取組み

  6.ビフォア・サービス体制のご紹介

            〈質疑応答〉

  

食品分野に向けた新たな概念の旋回流型ロボット吸引ハンドの概要・開発動向と活用技術・事例及び今後の展開



潟nーモテック

KUMADEプロジェクト

主任

   徳永 英幸    
       

 11月20日 11:10〜12:10
    

     

 

従来概念を変えた新時代の搬送ツールについて説明いたします。
ロボットでの製品保持は真空吸着か把持する方法が一般的でした。
ハーモテックの特許技術である非接触搬送技術(旋回流)KUMADEをロボットに装着することにより従来困難と思われた、通気性のあるモノ、形の揃わないモノ、小粒系ワーク等の搬送を実現いたしました。
また顧客の対象とする製品に一つひとつ合わせたガイド(ドローガイド)を、製作する為、搬送の安定性を高めます。

 

  1.開発経緯

  2.旋回流型ハンド KUMADE の原理・概略説明

  3.ロボット導入事例

  4.今後の展開

            〈質疑応答〉                              

       

弁当のおかず盛り付け用協働人型サービスロボットの開発と想定適応事例及び今後の展開

    

潟Aールティ

代表取締役    

   

   中川 友紀子

 

 11月20日 13:00〜14:00


 

当社は車輪型モバイルロボットから人と協働可能な人型ロボットまで、電装系、メカ、ソフトウェア、ネットワーク、ディープラーニング等サービスロボットの開発に必要な最新先端技術に精通する独立系研究開発ロボットメーカーです。大学・企業の研究所からの受託開発を行う傍ら、研究向けのロボットパーツなどを販売するオンラインショップも運営しています。
今回は当社が10月に発表した現在開発中のお弁当工場でおかずを詰めるサービスロボットのご紹介と、想定している適応事例、今後の展開について、ビデオ等を交えてお話いたします。

 

  1.食品のハンドリングをとりまくロボット技術

  2.おかずを詰める弁当ライン向け協働型ロボットの開発経緯

  3.システムの構成

  4.実際の動作

  5.今後の展開

  ※当講義のテキストはございません。

            〈質疑応答〉    

 

協働ロボットを活用した調理ロボットシステムの開発・構築技術と導入事例及び今後の展開



コネクテッドロボティクス

代表取締役       

   

   沢登 哲也

 

 11月20日 14:10〜15:10

 

 

   ※ 講義内容の詳細が決まり次第掲載致します。

            

食品工場向け協働ロボットシステムの開発・構築技術と最新導入事例及び今後の展開

潟Iフィスエフエイ・コム

General Manager
FA.Regalo
代表取締役
      

    

   青木 伸輔

 

11月20日 15:20〜16:50

 

電気・機械・制御からソフトウェアまで現場の自動化に必要なあらゆる工程に精通するとともに、ほぼ全メーカーのロボットに対応可能な国内でも貴重な独立系ロボットSlerです。さらに、100名以上の技術者在籍+国内7工場・海外4拠点の自社製作工場を持ち、機械設計から装置製作・電気ソフト制御・上位系ソフトウェアまでのFA-IT一括提案が可能であり、導入実績としては、創業20年で国内外2000工場以上の自動化を実現してきています。
ロボットを導入するときにどのような手順で検討していくのかを具体的に解説いたします。また、食品製造業を中心にどのような導入事例があるのかについて動画等により、ご紹介します。

 

  1.ロボット化の課題

  2.自動化経験の浅いユーザーが陥りやすい罠

  3.ロボットシステム導入は、2つのブロック 8つのプロセスで進む

  4.ロボット導入事例

  5.今後の展開

  ※当講義のテキストはございません。

            〈質疑応答〉

       

          

 

【主催】日本技術情報センター TEL 03-5790-9775  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2018年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブロ http://takashi-jtic.at.webry.info/

〔金属3Dプリンタ活用技術・事例、金属製品・金型、協働ロボット、トポロジー最適化等を記していま

 

 

 

【追加の特別割引:エンドユーザの方】
  ※
協働ロボットの導入・活用にご関心・ご興味をお持ちのエンドユーザの方は、受講料半額
    14,500円にてお受け致します。 半額の特別割引をご希望の方は、申込書の右上のその他
   の欄に その他〔エンドユーザ〕とご記入ください。     


【特別割引】

※2名様以上同時にお申込みの場合は、お二人目の方から受講料 5,000円割引24,000円にて
   お受け致します。
先着(ご入金順)3名様までです。             

     

※お一人で下記セミナーも同時にお申込みの方は、受講料を 5,000円割引にてお受け致します。

当割引は受講ご本人のみの割引です。 他の方が代理での受講はお受け致しかねます。

金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術、活用例〔入門コース〕(10/23)
導入・活用が加速する協働ロボットを駆使したシステム構築技術と適用事例、安全規格・方策(10/24)
生産の高効率化を目指す協働ロボットを活用したシステム構築技術と導入事例、今後の展開(10/25)
超低価格・小型化進む金属3Dプリンタの開発・活用動向と斬新な造形技術、先進ユーザ事例(10/30)
トポロジー最適化で本当の成果を出すための入門講座〔1日短期速習コース〕(11/13)

セミナーのお申込みは、弊社ホームページお申込み方法からお願い致します。

画・セミナー統括責任者:吉田 賢 <ご質問、お気づきの点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。>

 

  

 

戻る