<基 ECHONET Liteによるネットワーク技術の基礎、実装例等を詳説!!

創エネ・蓄エネ・省エネスマートハウ実現に向けた

ECHONET ite対応ホームネットワーク技術

経済産業省が推奨し、補助金を交付して早期普及を図るECHONET iteに準拠した機器・システムの開発相次!!

■日時 4月18日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45   東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

 

●講師

      北陸先端科学技術大学院大学

      情報科学研究科

      教授

      博士(工学)

 

     丹 康雄

 

【経歴・活動】

1993年東京工業大学大学院理工学研究科博士後期課程修。博士(工学)。

同年北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手。 同情報科学センタ

ー助教授、情報科学研究科助教授を経て2007年教授、現在に至る。ホームネ

ットワークに関する研究、標準化に従事する。

国立情報学研究所連携教授、情報通信研究機構招聘専門員。

宅内情報通信・放送高度化フォーラム特別会員、次世代IPネットワーク推進フォ

ーラムホームネットワークWGリーダー、情報通信審議会ホームネットワーク合同

WG主任、情報通信技術委員会(TTC)ITU-T FocusGroup on SmartGrid

対応WGリーダー等を歴任し、現在、エコーネットコンソーシアムフェロー、宅内

直流給電アライアンス議長、TTComeNetwork&SmartGrid JWPリーダー、

新世代ネットワーク推進フォーラムレジデンシャル ICT SWGリーダー、情報通

信審議会専門委員、等をつとめる。

      【講師のお言葉】

      近年、スマートハウスに対する関心が急速に高まっています。米国のオバマ政権による グリーン・ニューディ

      ―ルの流れや、我が国の震災に起因する電力不足が大きく影響していることは間違いありませんが、その背

      後にはスマートハウスを実現できるだけの技術の蓄積があることは忘れてはいけません。むしろ、現在のスマ

      ートハウスはエネルギーマネジメントに著しく偏ったソリューションであり、本来の賢い住宅という姿からはかけ

      離れていると言わざるを得ない状況であるとも言えます。スマートハウスを実現可能としている技術の多くはホ

      ームネットワークという名称で古くから研究開発されてきたものにほかならず、今日のエネルギーマネジメント

      に関するサービスはホームネットワークシステムの数あるサービスの中での一つの分野に過ぎません。

      本セミナでは、こうした、全体像を見据えたホームネットワーク技術の理解を得ることを念頭に置きながら、一

      昨年より特に注目が集まっているECHONETに関する技術を中心に解説します。 ECHONETは現在はエ

      ネルギーマネジメントシステム向けのプロトコルとして製品化が進んでいますが、元々は省エネと独居老人問

      題を解決するICT技術として1997年から継続した研究開発が行われてきている技術です。今回のセミナで

      は、ECHONETがホームネットワークシステムの中でどのような位置付けにあるのか、ECHONET ite

      従来のECHONETの違いはどこにあるか、どに言及するとともに、具体的な使用例、利用できる通信技術

      の概要などについて概説します。

       

              1.組込み系ネットワークの基礎

                   (1) プロトコルスタックの基礎

                   (2) エンタープライズ系、インターネット系と組込み系の違い

              2.ホームネットワークとは何か

                   (1) ホームネットワークの基本要素

                   (2) ホームネットワークアーキテクチャ

                   (3) 各構成要素の概要

              3.ECHONETの概要と意義

                   (1) ECHONETの位置づけとねらい

                   (2) ECHONETによるホームネットワークの構成

                   (3) ECHONETの動作

                   (4) ECHONETオブジェクト概要

              4.ECHONET Lite

                   (1) ECHONET Liteの位置づけとねらい

                   (2) 従来のECHONETとの違い

                   (3) 今後のECHONETの展開

              5.伝送媒体

                   (1) 有線伝送技術

                   (2) 無線伝送技術

                   (3) 伝送技術の使い分け

              6.実装例

                   (1) ホームネットワークシステムの実装例

                   (2) 機器のECHONET化の例

                                    〈質疑応答〉

 

【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2013年開催〕

 

 

戻る