新時代を担う魅力的なサービスが相次いで新開発され、本格的普及に向けて急進展!!

3Dプリンター活用した次世代サービス

概要・最新動向提供事例及び今後展開

躍進続けるDMM.com が新たに開始するマーケットプレイスを始め、有望産業を創出する新事業・ビジネスが続出!!

■日時 11月14日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

物まねではなく日本で成功するには何が必要な?! 〜成功事例で考えるDプリンー関連ビジネの作り方

潟<Cカーズファクトリー

代表取締役

 

佐々木 康友

 

11月14日 9:40〜10:40

  米国を先頭に様々なビジネスが登場している3Dプリンター関連サービス。

  国内でも今年に入って新しいサービスが続々スタートしています。

  しかし、国内の状況と乖離した海外の模倣とも思えるサービスが多く、思うように

  進んでいないのが現状です。

  そこで、新規に3Dプリンター関連のビジネスに参入しようと考えている方を対象

  に、どんなサービスがなぜ成功しているかをご紹介します。

  さらに、メイカーズラブを実例に新規で3Dプリンター関連ビジネスを立ち上げる

  方法をご紹介します。

 

  1.3Dプリンターは、本当に次期産業革命か

  2.海外ではどんなサービスがなぜ成功しているのか

  3.始まったばかりの日本のサービスの事例と課題

  4.実例でご紹介する3Dプリンター事業、新規参入の戦略

              〈質疑応答〉

エンジニがものづくりでつながる新WEBメディアサイfabcrosの概要・最新動向と提供事例及び今後の展開

潟<Cテック

広報部課長

鰍≠撃 engineer.jp

編集長

 

三宅 隆弘

 

11月14日 10:50〜11:50

  昨今、3Dプリンターを筆頭に、「パーソナルファブリケーション(個人によるものづ

  くり)」環境が急速に整いつつあります。

  メイテックグループでは、世の中のエンジニアやものづくりに興味・関心のある方

  々に、WEBを通じて、次世代のものづくりに関する様々な ニュースやメイカーズ

  として活躍する エンジニア・起業家の取り組みを 情報提供する 新WEBサービス

  「fabcross」を10月に開始しました。その新たなサービスの概要をご紹介します。

 

  1.ものづくり支援サービス 「fabcross」を立ち上げた背景と目的

  2.「fabcross」のWEBサービスについて(事例紹介)

  3.「fabcross」のリアルイベントについて(事例紹介)

  4.今後の取り組み

              〈質疑応答〉

3Dプリンター用フィギュアデータ共有サイト “DELMO” の概要・最新動向と提供事例及び今後の展開

潟Aドウェイズ

国内・海外事業開発室

新規事業担当ディレクター

 

寺島 祐毅

 

11月14日 12:45〜13:30

  WEB × 3Dプリンターで新しい世界を創る。

  インターネットのベンチャー企業であるアドウェイズが、3Dプリンター業界に参入

  した理由と、「DELMO(デルモ)」の今後の方向性についてご紹介いたします。

  弊社目線で捉えた、個人用3Dプリンターの使われ方を中心に、個人用3Dプリン

  ターの実情や今後の可能性、現在我々が挑戦していること等についてお話しい

  たします。

 

  1.「DELMO(デルモ)」について

  2.3Dプリンター事業を開始した理由

  3.個人用3Dプリンターの実情

  4.「DELMO(デルモ)」と、個人用3Dプリンターの今後の課題

              〈質疑応答〉

3Dプリンター、3Dスキャナー、3Dデータ関連Webサービスの誤解と正体・基礎から理解する3Dプリンター

一般社団法人

3Dデータを活用する会・3D-GAN

代表理事

 

相馬 達也

 

11月14日 13:40〜14:40

  今年、3Dプリンター、3Dスキャナー、3Dデータに関するWebサービス、SNS等

  が一部で話題になりました。そして、これらが語られる時には、必ず「革命的」「革

  新的」 「ライフスタイルが変わる」 「モノづくりが変わる」などのセンセーショナルな

  枕詞が付いています。

  しかし、基礎的な知識無くしては、3Dプリンター、3Dスキャナー、3Dデータ関連

  サービスの全貌を理解する事は出来ません。

  情報が溢れかえる現代、落ち着いて、正しい情報、知識に触れる機会を お届けい

  たします。

 

  1.質疑応答

       何でもお答えいたします

  2.3Dプリンターの正体

  3.3Dスキャナーの正体、3Dデータの正体

  4.3Dデータ関連Webサービスは画期的か?

  5.質疑応答

  質疑応答に主眼を置き、インタラクティブに進めます

医療生体分野における3Dデータ作成/造形出力サービスの概要・最新動向と提供事例及び今後の展開

潟tァソテック

メディカルエンジニアリングセンター

事業推進・研究開発担当

 

安楽 武志

 

11月14日 14:50〜15:50

  我々は30年前から3Dデジタルデータを扱ってきた、生粋の3D技術集団です。

  これまでに得た技術やノウハウを 医療分野に貢献できないかと考え、昨年から

  メディカルエンジニアリング事業を始め、多くの大学や病院、医師の方々にサー

  ビスを提供しています。

  医療分野にはどのような課題があり、医療の最先端では3Dプリンターがどのよ

  うに活用されているのか、医工連携によって進めてきた、我々の取り組みをご紹

  介いたします。

 

  1.なぜ医療分野に参入したのか

  2.『医』の分野の課題

  3.医工連携による課題解決

  4.これからの医療と3Dプリンター

              〈質疑応答〉

“DMM Dプリント サービスの現状と今後の方向性について 〜モノづくりのプラットフォームを目指して

鰍cMM.com

3Dプリント事業部

事業部長

 

白井 秀範

 

11月14日 16:00〜17:00

  3Dプリントサービス DMM Dプリント” は、2013年7月に リリースしました。

  当初は出力代行サービスのみでしたが、11月からは マーケットプレイスの機能

  もリリースします。その点も踏まえ、弊社サービスをご紹介します。

  また、今後追加予定のサービスや追加予定設備などにも触れまして、“ DMM 3D

  プリント” サービスの狙いや目指す方向性も説明致します。

 

  1.DMM Dプリントサービスの内容と現状

  2.3Dプリンター出力代行ビジネスモデルとその狙い

  3.2013年内にリリース予定のサービス

  4.モノづくりのプラットフォームを目指して

              〈質疑応答〉

【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2013年開催〕

 

戻る