社会、産業を大きく変革させる斬新かつ魅力的な新サービスを次々と創出。脚光を浴びる!!

3Dプリントサービス急伸するDMM.com 目指す

日本最大 『“ものづくり”プラットフォーム』 全貌

我国の3Dプリンタ活用サービス、ものづくり社会・産業の今後を大きく左右するDMMの次世代ビジネス新戦

この4月にものづくりの総合サイト『DMM.make.』、11月に『DMM.make. AKIBA』をオープン。有望な新事業相次ぐ!!

ものづくりのニュース・イベント情報や3Dプリントサービス、マーケットプレイス等の多彩な新サービスを提供

新たにクラウドソーシング、クラウドファンディングサービスを展開。ものづくり支援サービスの強化・拡充を図る!!

 

■日時 10月24日(金)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 29,000円

13:30〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

   鰍cMM.com

   新規事業開発プロデューサー

   3Dプリント事業部長

 

    白井 秀範

 

【経歴・活動】

2004年東京理科大学大学院修了、データマイニングや人工知能の研究を行う。

その後、コンサルティング会社、株式会社ライブドアを経て、株式会社電通レイザ

ーフィッシュへ入社、アナリストとして、マーケティングリサーチやサイト分析などに

従事する。

株式会社天問堂で、リコメンドエンジンの特許取得、スマホアプリ企画などを行っ

後、2011年7月、株式会社DMM.com に新規事業開発プロデューサーとして

入社。様々なサービスの立ち上げを行い、2013年7月より、3Dプリント事業部の

事業部長に就任。

      【講師の言葉】

      DMM 3Dプリントサービスは、2013年7月にリリースしました。出力代行サービスから始まり、マーケットプレイ

      ス機能を追加、2014年4月にはものづくりの総合サイト 『DMM.make』 をオープンし、新たにメディア機能と、

      誰でもカンタンサービスをリリースしました。 まず、これらのサービスをご紹介します。

      さらに、2014年10月には新たに DMM.make AKIBA』を東京・秋葉原にオープンする予定です。この施設

      は、3Dプリントセンターだけでなく、工作機械を備えたガレージとシェアオフィススペースを備え、ハードウェア

      スタートアップを目指す企業やクリエイターを支援するようなサービスを展開していきます。

      また、今後はクラウドソーシングやクラウドファンディングといった新規サービスと、DMM.make が主催する各

      種イベントやコンテストなども行っていき、幅広く総合的な「ものづくり支援サービス」をご提供します。

      今回は、そのような『“ものづくり”プラットフォーム』を目指すDMMの全ての取り組みをご説明致します。

       

          1.“DMM 3Dプリントの概要と狙い” について

               (1) DMM.com と3Dプリントサービスの概要と狙い

               (2) 抱えている設備/プリンティングセンターと造形物例

               (3) 新サイト・サービスの区分と関連性

               (4) DMM 3Dプリント受注件数[月別数値]

          2.“[製作] 出力・製作代行サービス” について

               (1) 出力・製作代行サービスの概要と個人利用フロー

               (2) 取扱い素材説明と新規素材の追加

               (3) DMM 3Dプリント受注件数[素材割合]

               (4) レーザー加工・UVプリントサービスとフロー

          3.“[購入] クリエイターズマーケット” について

               (1) クリエイターズマーケットの概要と仕組み

               (2) 出品・購入フローと通報機能

               (3) クリエイター・ショップ登録とタグ付け機能

               (4) 商品カテゴリーと販売商品数

          4.“[共有] ものづくりメディアサイト” について

               (1) ものづくりサイト「DMM.make」の基本メニュー

               (2) ものづくりニュース・DMM公認メーカーの記事例

               (3) 一般メーカー記事例と記事の投稿方法

               (4) 「電子工作×3Dプリント」の展開と記事例

          5.“[体験] 誰でもカンタンサービス” について

               (1) 誰でもカンタンサービス と初心者向けコンテンツ

               (2) 3Dデータソフトとの連携と3Dスキャナーレンタル

               (3) オリジナルスマホケース作成サービスとフロー

               (4) オリジナルフィギュア作成サービスとフロー

          6.“[支援] ハードウェアスタートアップ” について

               (1) ハードウェアスタートアップの概要と仕組み

               (2) 新しいものづくりの拠点 [DMM.make AKIBA]

               (3) クラウドファンディングサービスの役割と狙い

               (4) ものづくりイベント・コンテストの実施

          7.『“ものづくり”のプラットフォーム』 を目指して

               (1) 外部ベンダとの連結事例とDMM MakersAPI

               (2) 追加予定機械/設備とクラウドソーシングサービス

               (3) 「電子工作×3Dプリント」の今後の展開

               (4) DMM.makeが目指す方向性について

                                    〈質疑応答〉

 

 

【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2014年開催〕

 

戻る