製造、建設、金融、小売、広告、防災等の幅広い分野で、既に数十社が導入を決定・検討中!!

独自技術・人工脳 「SOINN」 開発動向

ビッグ・データ処理、ドローン、ロボッへの活用事例

独自開発の学習型汎用人工知能 “SOINN”(自己増殖型ニューラルネットワーク)の実用化が急

 

<人工脳 SOINN(Self-Organizing Incremental Neural Network)の威力>

独自の人工知能技術に基づく SOINNはプログラムするのではなく、データを与えることで自ら育つ人工知能

ネット上の画像や動画、音声情報を自ら検索し、それを学習していくという自己増殖型ニューラルネットワーク

技術的には計算が軽く、ノイズ耐性を有し、事前にモデルの設定の必要がない完全オンライン機械学習手法

インターネットに繋ぐと 自動的に学習を始めて、既存の学習を損なうことなく、自律的に追加学習をし続ける

学習が進むとあらゆるデータの自動分類・予測を高精度に行えるほか、様々な機器・装置の自動制御も可能

画像、音声、各種センサデータ、テキスト、制御信号等の異なる多様なデータを複合的に処理することができる

少しの計算で学習ができるため、いわゆるビッグデータを市販のパソコンで数分から数時間程度で処理可能

扱えるデータが数値化できるものであれば何でも学習が可能なため、汎用性が非常に高く、応用範囲が広い

スマートフォンのCPUでもSOINNを動かせるため、大規模システムを構築する必要がなく、導入費用が安い

特別なプログラミング等の設定不要で、人間が操作する動画を見せるだけで操作法を学習し自動操縦できる

ドローンでは飛行状況や飛行経路を考え、センサで周囲を見渡して飛来物、障害物を避ける等、自律的に動く

将来それぞれの人工脳を他の機械に移植して、学習した知識やノウハウを転用し活用することが可能になる

現在、世界的に大きな課題となっている ビッグデータ問題の解決に向けた、極めて有効なアプローチである

 

■日時 6月16日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 29,000

13:30〜17:00   東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

      東京工業大学

      像情報工学研究所

      准教授

      (兼)

      SOINN

      代表取締役/CEO

      博士(工学)

 

      長谷川 修

 

 

 

【経歴・活動】

1993年東京大学大学院電子工学専攻博士課程修博士(工学)同年

商産業省・電子技術総合研究所・研究員。1999年米国カーネギーメロン大学

・ロボティクス研究所・客員研究員。 2002年東京工業大学・像情報工学研究

施設・助教授。

12年間費やして研究開発を行い、特許を取得した 独自の人工知能技術に基

づいた人工脳「SOINN」を製品化し、販売するために2014年7月にSOINN

株式会社を設立、代表取締役(兼職)。 すでに、防災系の研究機関をはじめ、

製造業建設業金融業小売業広告業などといった幅広い分野で数十社

が導入を決定もしくは検討中。

 

      【講師の言葉】

      近年、人工知能に注目が集まっており、人工知能が人間を凌駕する日も近いといった論調もあります。しかし

      実際は、現存する人工知能で出来ることには、まだかなりの制約があります。

      本講演では、まず、それらの制約がなぜ生じるのかについて、原理に言及しつつ述べます。 次に、講師らが

      10年以上をかけて構築を進めてきた、人工脳 SOINNと呼ぶ技術が、それらの制約を突破するために、極め

      て有効に活用出来ることを示します。 具体的には、SOINNをビッグ・データ処理や、ドローン、ロボット、手持

      ちビデオ映像などに適用した事例を、ビデオ映像を交えて紹介します。

 

       

           1.人工知能の現在

                (1) 何がどこまでできているのか

                (2) まだできないことは何か

                (3) なぜできないのか

                (4) 人工脳 SOIN

                (5) 人工知能 SOINNの設計思想の違い

                (6) Deep Learning SOINNの違い

                (7) SOINNの動作原理

           2.SOINNによる ビッグ・データ処理事例

                (1) 画像の場合

                (2) テキストの場合

                (3) 画像やテキストなどが混在する場合

           3.SOINNによる ドローンの自律飛行

                (1) SOINNによるフィードフォワード制御

                (2) SOINNによるドローン制御

           4.SOINNによる人型ロボットの制御

                (1) 各種センサ情報の複合的利用による認識

                (2) SOINNによる学習知識の転移

                (3) SOINNによる腕の運動スキルの転移

           5.SOINNによる手持ちビデオの映像処理

                混雑環境における自己位置推定

           6.まとめ

                将来展望

                                    〈質疑応答〉

         SOINN梶@http://soinn.com

         ドローンの自動操縦を5分で学習・習得できる http://www.dreamgate.gr.jp/news/3661

         NTTコミュニケーションズ鰍ニ共同プレスリリース http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20150331.html

 

 

【主催】日本技術情報センター TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2015年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブロ http://takashi-jtic.at.webry.info/

〔ドローン・人工知能・3Dプリンタ/活用・サービス事例、金属製品、金型について記しておりま

 

戻る