今春、地デジ再送信等の本格的な新サービスが始まるIPTV。普及、成功への鍵!!

IPTVサービス/ビジネス最新動向

欧州、米国、韓国等の海外で目覚しい発展を遂げるIPTVの国内外動向、法規制、ビジネスの行方について具体的に解!!

■日時 2月14日(木)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

●講師

     且O菱総合研究所

     社会システム研究本部

     情報通信政策研究グループ

     グループリーダー

 

    中村 秀治

 

【経歴・活動】

1983年北海道大学工学部卒業、1985年北海道大学大学院環境科学研究科修了、

同年且O菱総合研究所に入社。

1998年から地上放送デジタル化政策支援、IPv6次世代インターネット事業化支援、

ワイヤレスブロードバンド政策、地域情報化事業支援等による新しい地域社会基盤

形成に関する領域を開拓。

現在は、IPTV、デジタル放送、IPv6、WiMAX、次世代社会基盤等に取り組む。

〔論文〕地上デジタル放送の開始にあたって市場・行政面からのアプローチ、および、

技術面からのアプローチ(情報処理学会誌)、他。

〔受託研究関連〕地上デジタル放送がもたらす地域社会への影響に関する調査研究

(総務省)、IPTVの動向に関する調査研究(マルチメディア振興センター)、次世代

ネットワーク(NGN)基盤技術の研究開発計画策定(情報通信研究機構)、デジタル

・インフォマーシャル・サービスに関する調査研究(経済産業省)等。

       【講師のお言葉】

       わが国のIPTVフォーラムの動きが本格化してから一年が過ぎました。FTTH、ADSL、モバイル、そして、

       送出技術、端末技術、コンテンツだってアニメを軸に十分に最先端の品質を誇ります。しかしながら、どこが

       拙いのか、日本のIPTVは世界各国の後塵を拝しており、なかなか浮上してきません。地デジではISDB方

       式がブラジルにしか売れず、欧州のDVB方式にすっかり席巻されましたが、モバイルテレビについては、ま

       だ、各国競争が始まったばかりという新しい事情もあります。そして、日本が開拓した薄型大画面テレビ市場

       は、ゲーム機はもとより、ブロードバンド利用やテレビ電話等の周辺サービスを巻き込みながら展開を始めま

       した。ここには、従来の広告モデルがどう発展するかの期待があります。

       本セミナーでは、世界各国のIPTV動向とそれをとりまく法規制の変化をふまえつつ、IPTVビジネスの行方

       を占うことを目的とします。

      

            1.国内および海外におけるIPTV最新動向

                  (1) IPTVの定義の変化

                  (2) IPTVの類型的整理

                  (3) IPTV標準化団体の一覧

                  (4) IPTVフォーラム(日本)

                  (5) Open IPTV Forum(欧州)

                  (6) DVB-IPI(欧州)

                  (7) その他主要な標準化団体の動向

                  (8) 米国でのIPTV事情

                  (9) 欧州でのIPTV事情

                  (10) 香港・アジアでのIPTV事情

                  (11) わが国でのIPTV最新動向

            2.IPTVを巡る法規制動向

                  (1) 宙に浮いている米通信法大改正

                  (2) EU Copyright DirectiveとEUの動向

                  (3) 日本の法規制動向

                  (4) デジタルコンテンツ流通の活性化

                  (5) デジタルコンテンツ流通と法規制

                  (6) 放送/IPTVの各国規制機関

                  (7) IPTVに関する各国規制概要

                  (8) 放送番組製作・調達に係わる最新動向

                  (9) デジタルコンテンツ流通促進法を巡る動き

                  (10) 今後の法規制の行方

            3.IPTVビジネスの行方

                  (1) 垂直統合から水平分業に向かうネットビジネス

                  (2) IPTVファンダメンタルズの読み方

                  (3) コンテンツサービス市場の動向

                  (4) 配信経路の問題

                  (5) ポータルサービスの動向

                  (6) 端末/ユーザーインターフェースの動向

                  (7) ユーザー意識の変化

                  (8) IPTV市場の現状

                  (9) IPTVビジネスのアーキテクチャ

                  (10) IPTV戦略ビジネスプラットフォーム

                  (11) 広告サイドからのIPTVの可能性

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る