高速化、グローバル対応に伴い、新サービス、新規応用が相次ぐ!!

導入進むM2M通信技術・モジュール/

サービス最新動向適用事例及び今後展開

PC、ビデオカメラ、ゲーム機、車、カーナビや、遠隔監視・制御、セキュリティ、ヘルスケア、コンテンツ配信等への利用が活発!!

■日時 3月12日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

M2M技術の概要・最新動向と省エネ、遠隔監視システムへの適用事例及び今後の展開

オムロン

事業開発本部

エネルギーマネジメント事業開発部

 

飯田 紀章

 

3月12日 9:40〜11:10

  1.M2M技術の概要

  2.M2Mの技術・市場動向

  3.省エネに関する市場環境と今後の見通し

       (1) 省エネビジネスの歴史と種類

       (2) 省エネに関する法整備の変遷

  4.M2M技術を利用した省エネ遠隔監視装置の紹介

       (1) 電力基本料金の見直しによる省エネ方法

       (2) 2次側エネルギーの監視による無駄の発見と削減方法

  5.省エネによるコスト削減の事例集

       (1) 工場におけるコスト削減事例

       (2) 事業所におけるコスト削減事例

アッカ・ネットワークスにおけるM2M通信技術/サービスの最新動向と適用事例及び今後の展開

潟Aッカ・ネットワークス

営業推進部M2Mグループ

ビジネスディベロップメントアドバイザー

 

佐治 秀哉

 

3月12日 11:20〜12:50

  ビジネスの競争力向上とヤサシイ社会の実現に向けて

      M2Mの進化と可能性について事例を交えて紹介します。

  1.M2Mを取り巻く環境と市場

  2.M2Mをつくる事業モデルについて

  3.M2Mを支えるネットワークとその方向性

  4.事例紹介

  5.M2Mコンソーシアムの活動紹介

  6.今後の展開

KDDIにおけるM2M通信モジュール/サービスの最新動向と適用事例及び今後の展開

KDDI

FMC営業本部

モジュール営業開発部長

 

増田 正彦

 

3月12日 13:30〜15:00

  1.移動体通信の市場環境

  2.通信モジュールとは

  3.通信モジュールの市場規模

  4.通信モジュールのラインナップ計画

  5.通信モジュールのインフラ

  6.通信モジュールの機能・ネットワークサービス

  7.通信モジュールのビジネスモデル

  8.お客様のご利用事例

  9.パートナープログラム

. .10.今後の展開

ウィルコムにおけるM2M通信モジュール/サービスの最新動向と適用事例及び今後の展開

潟Eィルコム

ソリューション営業本部

ユビキタス事業推進部長

 

荒木 健吉

 

3月12日 15:15〜16:45

  〜オープンプラットホームで実現するマシンコミュニケーション戦略

  1.テレメタリング事業の概要

  2.コアモジュールについて

  3.CSC yAccessプラットホーム

  4.M2Mフォーラムの紹介

  5.カーナビ向けのサービス

  6.事例紹介

 

戻る