<基礎コース> 本格化、具体化するNext Generation Network。実用期に突入!!

NGN技術・サービス/ソリューション

わが国初のNGNサービスが3月にスタート。商用化始まるNGNの全貌、具体的実現技術、ソリューション、適用例を詳!!

■日時 4月11日(金)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

●講師

     日本電気

     標準化推進本部

     エキスパート

 

    江川 尚志

 

【経歴・活動】

1991年日本電気鰍ノ入社、以来通信網の高信頼化、アクティブネットワーク等の

研究に従事。1999年から2000年までチューリッヒ工科大客員研究員、2003年か

ら2006年まで電子情報通信学会和文論文誌B編集委員。

2005年よりITU-TのSG13やNGN-GSI、IdM-GSI等において、セキュリティを

中心としたNGNの標準化に従事。Y.2701(NGNセキュリティ要求条件)、Y.IdM

framework草案(ID管理フレームワーク)他のエディタを務める。TTC NGNアップ

ストリームSWGサブリーダ、次世代IP推進フォーラム研究開発標準化部会セキュリ

ティSWG主査。

       【講師のお言葉】

       NGN(Next Generation Network)は、現在のインターネットが不得意とするQoS保証やセキュリティに

       優れた網として、IPTVを始めとする新しいアプリケーションを生み出す基盤になると期待され、開発や実用

       化が進んでいます。

       本セミナーでは、NGNがQoSやセキュリティを実現する原理を学び、そのような設計となる理由を知り、更に

       はインターネットでの実現方法と比較することで、NGNが持つ可能性を感じ取ることを目指します。また、そ

       の大枠を決めているITU-T 他での標準化の役割と限界を学びます。それによりIPTVがNGNで重要なア

       プリケーションと位置づけられる理由を理解し、またその他のアプリケーションがNGN上で動作した場合とイ

       ンターネット上で動作した場合とでの違いを理解します。そして、NGNにおける新アプリケーションや、その

       基盤となるSDP(Service Delivery Platform)の動向を概観します。

      

       1.NGN出現の背景

           (1) 技術的要因

               インターネットの基本設計に由来する限界

           (2) マーケット的要因

               国内外のキャリアの状況

       2.標準化におけるNGN

           (1) NGNに関わる標準化機関

               ITU-T、ETSI、3GPP、OMA、IETF他の標準化機関間の

                 役割分担と競争

           (2) NGN全体の枠組み

               ITU-TとETSI TISPANによる標準化

           (3) 完成済・完成間近の標準

               要求条件、機能アーキテクチャ、QoS保証、セキュリティ、

                 アプリケーションほか

           (4) 今後の標準化の方向性

               ホームネットワークほか

           (5) 日本の対応

               国内標準と国際標準の調和

       3.NGNのメリット(1):QoS保証

           (1) QoS保証の必要性

               アプリケーションへのインパクト、およびインターネットが明示的に

                 規定しない理由

           (2) QoS保証の原理

               パケット網での実現方法と限界

           (3) QoS目標値

               oIP、IPTV実現のため満たすべき目標値

           (4) QoS設計・計測技術

               統合的なQoS管理の実現

           (5) NGNにおける実現機構(1):SIP

               SIPシグナリングの基本的動作

           (6) NGNにおける実現機構(2):IMS

               インターネットとのセッション制御の違い

           (7) NGNにおける実現機構(3):RACF

               RACFによるリソースの管理

           (8) 実アプリケーションへの応用

       4.NGNのメリット(2):セキュリティ

           (1) セキュリティ実現に必要とされる機能

               認証やアクセス制御、秘匿性他

           (2) NGNにおけるセキュリティ実現の枠組み

               .2701に見る境界防御

           (3) NGNにおける認証

               NACFとSIPサーバの動作

           (4) ID管理

               重要情報のライフサイクル管理

           (5) 実アプリケーションへの応用

       5.NGNのアプリケーションとその実現基盤

           (1) NGNがアプリケーション開発に及ぼす影響

               リアルタイム性の重要性

           (2) アプリケーション例(1):VoIP

               従来の電話・インターネット電話との差別化

           (3) アプリケーション例(2):IPTV

               ITU-T FG-IPTVによるIPTVの定義、機能アーキテクチャや

                 端末他の標準化

               国内外でのIPTVの動向と導入の動機

           (4) その他のアプリケーション

               LAN間接続ほか

           (5) アプリケーション開発基盤:SDP

               3GPP、OMA(Open Mobile Alliance)他による開発環境の

                 標準化

                                 〈質疑応答〉

 

 

 

戻る