WiMAXを利用した新サービス、新事業・新ビジネスを目指し参入相次!!

低コスト・短期実現に向けた地域WiMAX

開発・技術動向各種利活用及び今後展開

導入上のポイントと留意点、対応機器・装置、ソリューション、低コスト化技術、MVNO、利活用シーン等について詳説!!

■日時 5月22日(木)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

小型一体型地域WiMAX用基地局装置の開発・技術動向と応用及び今後の展開

日本無線

BWAプロジェクト

担当部長

 

小林 保

 

5月22日 9:40〜11:10

  1.機器仕様

  2.設置構成(セクタ・オムニ)

  3.回線設計モデル

  4.WiMAXネットワークモデル

  5.ASNプロファイル

  6.無線区間のQoS

  7.CSNの構築

  8.相互接続性

  9.小ゾーン展開(インビル、リレー)

  10.今後の展開

地域WiMAXソリューションの開発動向と低コスト化技術・応用及び今後の展開

伊藤忠テクノソリューションズ

テレコム事業企画室

テレコム企画開発部部長補佐

 

長谷川 真一

 

5月22日 11:20〜12:50

  1.モバイルデータ通信の動向

  2.地域WiMAXビジネス検討のポイント

  3.CTCのWiMAXの取組み

  4.CTC WiMAX cosystemについて

  5.lvarion製WiMAX機器の特徴

  6.低コストNW構築の検討

  7.今後の展開

利活用シーンに対応した地域WiMAXの低コスト実現技術・ソリューションと具体的事例及び今後の展開

潟ビテック

ユビキタス事業部

主任

 

三瓶 修弘

 

5月22日 13:30〜15:00

  1.地域WiMAXの利活用

       (1) 想定される地域WiMAX利活用シーン

       (2) 地域WiMAX利活用の具体的な現状

  2.技術的な視点から見た事業に応じたソリューション

       (1) デジタル・ディバイド解消ソリューション

       (2) 公共サービス向けソリューション

  3.事例紹介

       (1) WiMAXを利用したデジタル・ディバイド解消の主な事例

       (2) WiMAXを利用した公共サービスの主な事例

  4.地域WiMAXの今後の展開

地域WiMAX対応MVNOの実現手法・ビジネスと利活用イメージ及び今後の展開

潟coイル・ブレークスルー

事業戦略室

マネージャ

 

中村 孝

 

5月22日 15:15〜16:45

  1.3GでのMVNOの課題

       (1) 3G事業者のビジネスモデル   (3) MVNOの分類

       (2) MVNOの動向   (4) MVNO実現上の課題

  2.WiMAXへの期待と地域バンドの位置付け

       (1) WiMAXのビジネスモデル

       (2) 2.5GHz帯免許状況   (3) 地域バンドの位置付け

  3.MVNOから見た地域WiMAX事業者

       (1) MVNOのビジネスチャンス

       (2) 地域WiMAX事業者を選択する優位点

  4.地域WiMAX事業者から見たMVNO

       (1) 地域WiMAX事業者のビジネス   (3) MVNOに提供すべきサービス

       (2) MVNOへの期待   (4) 無線サービス事業の戦略オプション

  5.利活用イメージとビジネスモデル

       (1) 地域バンドと地域密着サービス

       (2) サービス利活用例   (3) ビジネスシミュレーション例

  6.今後の展開〜地域ニーズに応える

       (1) 生活者の真のニーズの追求

       (2) サービス提供の継続性   (3) サービス基盤の共有利用

 

戻る