<入門コース> 海外で急速に普及・発展するIPTV、その全貌を解

IPTV技術・標準化/サービス最新動向

【第3回開催】

地デジ再送信、自主放送、VOD等の魅力的なサービスを実現する次世IPTV。今春、本格的商用!!

■日時 5月27日(火)      ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 29,000円

13:00〜17:00     東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

 

 

 

●講師

鰍jDDI研究所

マルチメディア通信グループ  宮地 悟史

主任研究員

【経歴・活動】

1995年、国際電信電話株式会社(旧KDD)入社。以来、研究所

(現KDDI研究所)にて、画像の高能率圧縮符号化方式、IP伝送

方式の研究開発に従事。

これまでにau携帯電話向けIP動画像配信システム“EZムービー”、

IPテレビ電話方式、モバイルリアルタイム動画像モニタリングシス

テム等の方式開発から端末実装までを担当。

1998年よりITU-T SG 9 Q11/9(IP映像配信)ラポータ。IPホ

ームネットワーク勧告(J.190rev)、次世代セットトップボックス

告(J.290〜J.292)、IPTVフレームワーク勧告(J.700)等の策定

に貢献。

電子情報通信学会、映像情報メディア学会、画像電子学会会員。

博士(工学)。

       【講師のお言葉】

       IPTVという言葉が近年急速に注目を集めるようになりました。すでに数年前から、光ファイバやADSL

       IPサービスの一環として、通信事業者によるIPマルチキャスト放送が世界各国で盛んに行われていま

       す。日本では、地上波テレビ視聴文化が根強いこともあり、IP同時再送信が強く望まれている状況の中、

       欧州では、世界に先駆けてADSLによるIPTVサービスを普及させており、また、米国では、ケーブル

       テレビの1つの実施形態としてIPTVが位置づけられています。このように世界各地域においてIPTV

       が様々な発展形態を見せている中、国際機関ITU-TがIPTVを専門に扱うフォーカスグループを設立

        し、現在IPTV-GSIにおいて国際標準化が進められています。

       本セミナーでは、本格的な放送配信手段としての地位を確立しつつあるIPTVに関して、各国のサービ

       ス動向、IPTVを支える要素技術(アクセス回線、プロトコル、伝送、符号化)、及び、国際標準化動向

       について、既存デジタル放送やケーブルテレビ技術との対比を交え平易に解説します。

          

           1.IPTV概要

                (1) IPTVとは

                    デジタル放送/ケーブルテレビ/IPTV

                (2) IPTVの定義

                    広義のIPTV

                    狭義のIPTV

                (3) 制度上の位置づけ

                (4) IPTVで提供されるサービス

                    再送信/自主放送/VOD

                    オープンIPTVサービス

                (5) IPによる放送同時再送信

                (6) 国内外のIPTV動向比較

                    国内IPTV比較

                    欧米IPTV比較

           2.IPTV要素技術

                (1) IPTVアーキテクチャ

                    ヘッドエンドからSTBまで

                    IPTVネットワークの各ドメイン

                (2) IPTVプロトコル

                    デジタル放送型プロトコルスタック

                    通信網利用型プロトコルスタック

                (3) 光アクセスネットワーク(FTTH)

                    3つのコンフィグレーション

                    PONの伝送方式

                    3波多重による映像伝送

                (4) IPマルチキャスト

                    マルチキャスト制御プロトコル

                    マルチキャスト配信の特徴

                (5) MPEG over IP

                    映像圧縮符号化

                    MPEG-TS over RTP/UDP/IP

                (6) IPTVの受信手続き

                    サービス発見と選択

                (7) ホームネットワーク

                    ホームネットワークアーキテクチャ

                    ホームネットワーク事例

           3.標準化動向

                (1) NGNとIPTV

                (2) ITU-T IPTV-GSIの状況

                (3) ITU-T SG9のIPTV関連勧告

                (4) その他 標準化動向

                              〈質疑応答〉

 

 

 

戻る