NGNのコアテクノロジーとして脚光を浴びIP Multimedia Subsystem!!

IMS技術/サービス最新動向

IPベースのマルチメディア等の魅力的なサービスを実現するIMSの要素・最新技術、想定サービス、標準化動向を詳!!

■日時 6月12日(木)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

       【講師のお言葉】

       IMSは移動体ネットワークのAll-IP化のためのマルチメディアサービス実現のための技術として開発

       されてきました。IMSは、その汎用性から固定網を含めたAll-IP化のための技術として採用され、NGN

       Next Generation Network)の鍵となる技術となっており、業界での注目を集めています。ただ、IMS

       技術が持つ汎用性と拡張性を担保するための複雑性から、全体を正確に理解するのは必ずしも容易で

       はありません。

       本セミナーでは、IMSの背景やコンセプト、実現が想定されるサービスなどの大枠について解説した後、

       IMSを実現する具体的な技術についての詳細な解説を行なっていきます。

 

●講師

KDDI

IP統合技術本部

ノードシステム部

開発グループ課長

TTC信号制御専門委員会委員長

 

澤田 拓也

 

 

●講師

KDDI

IP統合技術本部

MMD開発部

IPコア開発グループ主任

 

鹿島 拓也

 

 

 

 

  IMSのコンセプトとサービス

   1.IMSの背景とコンセプト

         (1) 移動体ネットワークの進化

         (2) IMSへの要求条件

         (3) IMSのコンセプト

   2.NGNとIMS

         (1) NGNの背景

         (2) NGNのコンセプト

         (3) IMSの適用

   3.IMSの標準化動向

           (1) 3GPP/3GPP2

           (2) IETF(nternet Engineering Task Force)

           (3) ETSI TISPANとITU-T

           (4) ommon IMS

   4.IMSのサービスと将来像

           (1) マルチメディアサービス

           (2) プレゼンスサービス

           (3) サービス開発プラットフォーム(SDP)

           (4) FMCサービス

   5.まとめ

      

      

  IMS技術詳細解説

   1.IMSのアーキテクチャ詳細と構成要素

           (1) 全体アーキテクチャ

           (2) HSS(ome Subscriber Server)

           (3) CSCF(all Session Control Function)

           (4) AS(pplication Server)

   2.IMSのセッション制御

           (1) SIPプロトコル

           (2) 登録処理(egistration)

           (3) 接続処理

           (4) ASによるサービス提供

           (5) 回線交換網とのインタワーク

   3.IMSの認証セキュリティ管理

           (1) Diameterプロトコル

           (2) ユーザプロファイル

           (3) Cx/Dx/shインタフェース

           (4) アクセスセキュリティ

   4.IMSのQoS管理

           (1) QoS管理アーキテクチャ

           (2) リソース予約

   5.まとめ

                  〈質疑応答〉

 

 

戻る