人の体を伝送路とする新しい通信技術を用いた製品を開発。市場投入始ま!!

実用期を迎えた人体通信技術/対応製品

概要・開発動向応用例及び今後展開

試作機で10Mbpsの双方向通信を実現。動物、水、金属等も伝送路となり、セキュリティ、映像・音声通信等への応用が期待!!

■日時 7月11日(金)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 19,000円

14:00〜16:00      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

●講師

     NTTエレクトロニクス

     BBシステム・デバイス事業本部

     セイフティ・ネットワーク事業部

     商品マーケティング部長

 

    幸田 成人

 

【経歴・活動】

1974年3月、電気通信大学大学院修士課程了。同年4月、日本電信電話公社

入社。同社武蔵野電気通信研究所、電子装置研究部集積設計研究室主幹研

究員、日本電信電話株式会社境界領域研究所表示装置研究室長などを歴任。

2004年4月より、NTTエレクトロニクス株式会社、現在に至る。

CCD、メモリLSI、アクティブマトリックス型LCD、光コンピューティング、指紋認

証などの研究開発に従事。現在、NTTエレクトロニクスにて、NTTマイクロシス

テムインテグレーション研究所が開発したRedTacton技術の製品化と市場開拓

等に従事。

       【講師のお言葉】

       ユビキタスサービスの実現には、遠隔地にあるサーバと端末を接続するインターネット、オフィスや生活空間

       内の機器を接続するローカルエリア・ネットワークに加えて、人が携帯する端末と人の周辺(ラスト1m)にある

       情報機器を接続するヒューマンエリア・ネットワークが求められている。

       従来、無線LAN、ブルートゥース、赤外線通信などが提案されているが、通信接続の煩わしさや混信がある

       などの点で課題が残っていた。

       NTTは、人の体を伝送路とする通信方式に着目し、新しいヒューマンエリア・ネットワーク技術「RedTacton」

       の技術開発に成功した。これをうけ、NTTエレクトロニクスが製品“Firmo”(フィルモ)の販売を開始し、いよ

       いよ人体通信が実用期を迎えようとしている。

       本セミナーでは、人体通信の原理と技術動向、製品の概要、期待される応用分野について解説し、簡単な

       デモンストレーションをご覧頂く。

      

           1.人体通信技術開発の概要

                (1) 研究動向

                (2) ウェアラブルコンピューティング

                (3) ヒューマンエリアネットワーク:HAN

                (4) 人体通信方式の種類

                (5) NTTのRedTacton

           2.電界通信方式の原理

                (1) Zimmermanのモデル

                (2) RedTactonの基本動作

                (3) 通信デバイス実現の課題

           3.RedTacton技術

                (1) BB型RedTacton

                (2) CB型RedTacton

                (3) 無線規格と安全性評価

           4.RedTacton製品“Firmo”(フィルモ)

                (1) 低速型デバイス

                (2) 評価セット

           5.Firmoの応用

                (1) 人体通信の応用分野

                (2) セキュリティ応用例

                (3) ヒューマンエラー防止例

                (4) 自然なヒューマンインターフェース例

                (5) M2M通信応用例

           6.デモンストレーション

                              〈質疑応答〉

 

 

戻る