<基礎コース> 新技術動向、応用例、演習を交えながら実践的に詳

応用進むMIMO通信技術

送受に複数のアンテナを用い伝送容量の増大を実現するMIMO。次世代高速・大容量無線通信への採用相次ぐ!!

■日時 9月3日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45     東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

●講師

三菱電機

情報技術総合研究所

無線通信技術部      久保 博嗣

部長

工学博士

【経歴・活動】

1986年大阪大学大学院修士課程了。同年三菱電機鞄社。以来、

移動体通信・衛星通信など無線通信、加入者線伝送、光通信などの

研究開発に従事。

主な研究テーマは、MIMO・適応等化など、信号処理技術を活用した

無線通信方式の研究、及びその装置化開発。工学博士(大阪大学)。

現在、三菱電機 情報技術総合研究所 無線通信技術部部長。

著書:“ラシィ 詳説 ディジタル・アナログ通信システム”丸善(共訳)。

1994年電子情報通信学会学術奨励賞、2003年関東地方発明表彰

発明奨励賞受賞。

IEEE、電子情報通信学会、情報理論とその応用学会、各会員。

      【講師のお言葉】

      MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)伝送技術は、無線通信において、送受に複数のアンテナを準備

      して、所要周波数帯域を拡大することなく、通信品質の改善や通信容量の拡大が可能な技術である。

      この特長は、周波数資源が不足している無線通信においては魅力的である。それゆえ、MIMO伝送技術

      は、既にIMT-2000(第3世代の携帯電話)や無線LANに採用されつつあり、その後に続くIMT-Advanced

      のキー技術であると言われている。

      一方、MIMO伝送技術の本質を理解することは難しいことも事実である。その理由は、源流にあるアンテナ

      電波伝搬技術、アダプティブアレー・適応等化器などの信号処理技術、符号理論・通信理論を有機的に理

      解する必要があるためである。

      本講座においては、MIMO伝送技術を理解するため、理論面のみでなく、その応用や今後の展望に対す

      る観点も考慮して説明を行う。そのために、各項目において簡単な演習を行い、修得を自らチェックしなが

      ら講義をすすめる。加えて、幾つかの応用例を挙げつつ、その際に享受できる効果、及び、課題の解決策

      を明らかにすることにより、よりMIMO伝送技術をイメージできるようにする。

          

           1.MIMO通信の基礎

                (1) イントロダクション

                (2) SISOからMIMOへの拡張

                (3) MIMO技術の実現

                (4) フェージング

                (5) 通信容量

           2.MIMO送信ダイバーシチ(受信CSI既知)

                (1) 時空ブロック符号化(STBC)

                (2) 時空トレリス符号化(STTC)

                (3) シミュレーション結果

           3.MIMO送信ダイバーシチ(送受CSI未知)

                (1) 差動送信遅延ダイバーシチ

                (2) 差動時空ブロック符号化(DSTBC)

                (3) PADE送信ダイバーシチ

                (4) シミュレーション結果

           4.MIMO空間多重(送受CSI既知)

                (1) 特異値分解(SVD)

                (2) シミュレーション結果

           5.MIMO空間多重(受信CSI既知)

                (1) 空間フィルタリング(SF)

                (2) 逐次判定(SD)

                (3) 最尤判定(MLD)

                (4) 伝送路推定

                (5) シミュレーション結果

                (6) 演算量削減技術

           6.MIMO空間多重(送受CSI未知)

                (1) PADE空間多重

                (2) シミュレーション結果

           7.各種通信システムへのMIMOの応用

                (1) CDMA通信システムへの応用

                (2) OFDM通信システムへの応用

                (3) マルチキャリアCDMA通信システムへの応用

                (4) シングルキャリア通信システムへの応用

                    (周波数領域等化)

           8.その他のトピックスなど

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る