CMOS化が急速に進み、搭載機器の大幅な低価格化と小型・低電力化を達成!!

ミリ波帯回路設計基礎・最新技術

CMOSプロセスを用いた試作例及び今後の展開

映像非圧縮無線伝送、自動車レーダー等の機器に使われるミリ波帯回路を、Siプロセスを用いて実現する新技!!

■日時 10月23日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

 

●講師

       鞄月ナ セミコンダクター社

       通信・映像LSI開発技術部

       通信LSI設計技術第二担当

       参事

 

    藤本 竜一

 

【経歴・活動】

1990年、早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。1991年、株式会社

東芝総合研究所(現研究開発センター)入社。以来モバイル通信用高周波回路

の設計および半導体デバイスモデルの研究開発に従事。2003年、早稲田大学

において博士(工学)の学位取得。2005年、モバイル通信ラボラトリー主任研究

員、2006年、セミコンダクター社参事、現在に至る。

主な研究テーマは、Siプロセスを用いたPHSや携帯電話用の高周波回路の設計

およびそれに用いる半導体デバイスモデル(能動素子および受動素子)の開発で

あり、近年のSiプロセスの高速化に伴い、ミリ波帯回路の研究開発にも取り組んで

いる。 電子情報通信学会、電気学会、IEEEの会員。

      【講師のお言葉】

      近年のSiプロセスの高速化に伴い、60GHz帯の高速データ通信や77GHz帯の自動車レーダーに用いる

      ミリ波帯回路をSiプロセスを用いて実現しようとする動きが活発になってきている。携帯電話や無線LANな

      どの数GHzで動作する回路をSiプロセスを用いて実現することは一般的になっているが、ミリ波帯回路にお

      いては、半導体デバイスモデリングや回路設計において、数GHz帯の回路とは異なる技術が必要となる。

      本セミナーでは、近年のSiプロセスを用いたミリ波帯回路の動向を紹介するとともに、ミリ波帯回路設計に必

      要になる半導体デバイスモデリングおよび回路設計技術に関して、具体的にわかりやすく解説する。重要な

      ポイントに関しては演習も行い、実際のミリ波帯回路設計を仮想的に体験することにより、より確実にミリ波帯

      回路設計に必要な技術を習得することを目的とする。

      

              1.ミリ波の特性

              2.自動車レーダーの概要と動向

                   (1) 現在の自動車レーダーの概要

                   (2) FM-CW方式の原理

              3.高速データ伝送の概要と動向

                   (1) 高速データ伝送の概要

                   (2) 標準化の動向

              4.Siプロセスの動向

              5.学会発表におけるミリ波の動向

              6.ミリ波帯回路設計の基礎

                   (1) スミスチャートの基礎

                   (2) Sパラメータの基礎

                   (3) インピーダンス整合の基礎

                   (4) インピーダンス整合の演習

              7.ミリ波帯デバイスモデリング

                   (1) 伝送線路のモデリング

                   (2) MOSFETのモデリング

              8.CMOSプロセスを用いた試作例

                   (1) 差動回路と単相回路

                   (2) 低雑音増幅器の設計と評価結果

                   (3) ミキサの設計と評価結果

                   (4) 電圧制御発振器の設計と評価結果

                   (5) 位相同期ループの設計と評価結果

                   (6) アンテナの設計と評価結果

              9.ミリ波帯回路の設計演習

             10.ミリ波帯回路の実装

             11.今後の展開

                            演習時に電卓を使用しますので、ご持参お願い致します。

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る