日常発生する人体、機械、車等の振動から電力を取り出す画期的な発電技術!!

マイクロ環境振動発電技術/デバイス

研究・開発動向応用及び今後展望

アクティブRFID、無線センサネットワーク、ホーム等のネットワーク/セキュリティ、自動車、ヘルスケア、医療への応用が期!!

■日時 1月19日(月)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 29,000円

13:30〜17:00      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

     東京大学

     大学院工学系研究科

     准教授

     博士(工学)

 

    鈴木 雄二

 

 

【経歴・活動】

1993年 博士(工学) (東京大学)。東京大学助手、名古屋工業大学講師、東京

大学講師を経て、1999年より東京大学助教授(2007年より准教授に名称変更)。

2001-2002年カリフォルニア工科大学客員研究員。

現在、主として、エレクトレット発電器、マイクロ燃焼等のマイクロエネルギー、マイ

クロ熱流体システムに関する研究に従事。

2002年よりowerMEMS国際ワークショップの技術論文委員、2007年よりIEEE

MEMS国際会議のステアリング委員会メンバー。

日本機械学会、IEEE、ASMEなどの会員。

      【講師のお言葉】

      近年、環境に薄く広く存在するエネルギーを電力として取り出す環境発電(Energy Harvesting)が注目されている。

      エネルギー源としては、環境光、電磁波、熱、振動などが候補であり、そのエネルギー密度は1μW〜1mW/

      cm2オーダーと小さいが、系統から分離した小電力デバイスを長期間保守なしに使用可能とする技術として

      極めて有用である。なかでも、振動からの発電は、ユビキタスネットワークのためのエネルギー源として、道路、

      鉄道などインフラのヘルスモニタリング、自動車、航空機などの輸送機器、携帯医療福祉機器などへの応用

      が期待されている。

      本セミナーでは、環境振動発電の原理、理論的発電可能量、効率について判りやすく説明するとともに、エレ

     クトレット発電デバイスなど、最近提案されている様々なデバイスの開発状況について解説し、課題と今後

      の展望について説明する。

      

              1.マイクロ環境発電の概要

                   (1) 環境発電の歴史

                   (2) 環境発電の取得可能なエネルギー密度

                   (3) 環境発電の種類

                   (4) 環境振動発電のさきがけ

                   (5) 環境振動発電のアプリケーション

              2.マイクロ環境振動発電の原理

                   (1) 振動系の基礎

                   (2) 振動発電器の簡易モデル

                   (3) 振動発電器の理論出力

                   (4) 振動発電器の理論効率

              3.機械振動−電力変換技術

                   (1) 電磁誘導

                   (2) 圧電

                   (3) 静電

                   (4) エレクトレット

              4.エレクトレットを用いた静電誘導発電技術

                   (1) エレクトレットの歴史

                   (2) エレクトレットの基礎

                   (3) 発電器モデル

                   (4) 理論発電量と最適インピーダンス

              5.マイクロ振動発電器の最新研究開発動向と課題

                   (1) 我が国での取り組み

                   (2) 米国での取り組み

                   (3) EU諸国での取り組み

                   (4) 今後の課題と将来展望

              6.まとめ

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る