人の体を伝送路として利用する新しい通信技術・システムが実用期を迎え!!

人体通信/システム概要

要素技術及び今後展望・課題

オフィス等の入退室管理、ドアの施錠・開錠や、携帯電話、ヘッドフォン、ヘルスケア、個人認証等の広い分野で応用進!!

■日時 1月20日(火)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 29,000円

13:00〜17:00      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

     千葉大学

     大学院工学研究科

     教授

     工学博士

 

    伊藤 公一

 

 

【経歴・活動】

昭和49年千葉大学工学部電子工学科卒業。昭和51年同大学大学院修士課程

修了。同年東京工業大学工学部助手。昭和54年千葉大学工学部助手、平成元

年同助教授、平成9年同教授、平成15年同大学フロンティアメディカル工学研究

開発センター教授、平成19年同大学大学院教授となり、現在に至る。

その間、平成17年より同大学副理事(産官学連携・知的財産担当)併任。

主として、アンテナの医療応用、移動通信用小形アンテナ、人体通信、ファントム

を用いた人体と電磁波との相互影響評価の研究に従事。工学博士。

主な著書は、「Handbook of Microstrip Antennas」(UK、共著)、「Antennas

and Propagation for Body-Centric Wireless Communications」(Artech

ouse、共著)など。

現在、IEEE Trans。AP Associate Editor、Distinguished Lecturerおよび

dCom委員。IEEE Fellow、電子情報通信学会フェロー、映像情報メディア学

会、日本ハイパーサーミア学会等各委員。

      【講師のお言葉】

      最近、「人体通信」はホットな話題となっている。英語では、“Human-body communications”とか、あるいは

      Body-centric communications”などという表現が用いられている。広い意味での「人体通信」は人体周辺

      における近距離通信であり、英語では後者が相当するであろう。これには、例えばBluetoothによるワイヤ

      レスヘッドホン等も含む場合がある。一方、狭い意味での「人体通信」は人体そのものを伝送路として利用

      する通信方式のことであり、空間における無線伝送は含めない。通常用いられる「人体通信」は、狭い意

      味の場合が多い。

      本講座では、まず人体通信の分類をきちんと認識した上で、要素技術として重要なアンテナ技術および送

      受信機とそのモデル化、人体周辺の電界分布について解説する。 さらに、人体通信の特性評価に必須の

      人体電磁ファントムを用いた評価について説明する。最後に、人体通信に関する今後の展望・課題につい

      て私見を述べる。

      

              1.人体通信の概要

                   (1) 人体通信の国際的動向

                   (2) 人体通信の分類

                   (3) 人体通信に関する情報源

              2.人体通信用アンテナ技術

                   (1) ウェアラブル・アンテナ

                   (2) インプラント・アンテナ

                   (3) アンテナ設計上の留意点

              3.VHF帯における人体通信技術

                   (1) 送受信機とそのモデル化

                   (2) 人体周辺の電界分布

              4.人体電磁ファントムを用いた評価

                   (1) 計算用人体ファントム

                   (2) 実験用人体ファントム

                   (3) アンテナ特性評価

                   (4) SAR評価

              5.今後の展望・課題

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る