試作装置、デモンストレーションを交え、人体通信の最前線を具体的に解説!!

実用化進む人体通信技術/Wirelesswire

概要・開発動向最新応用及び今後展開

世界に先駆け、携帯電話、ICカード、ホーム・オフィスセキュリティ、ヘルスケア、自動車への応用に挑む講師が、直接指!!

■日時 1月23日(金)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

13:30〜16:30      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

        潟Jイザーテクノロジー

        代表取締役社長

        慶応義塾大学

        SFC研究所上席研究員

 

    加藤 康男

 

 

【経歴・活動】

〔企業活動〕 昭和62年、NEC通信システム(株)入社、通信用ミクスドシグナル

LSIの開発に従事。平成6年、NTTアドバンステクノロジ(株)入社、NTT厚木

研究開発センタにおいて光電界センサを用いた超高速計測技術(EOサンプリ

ング)の研究開発に従事。平成10年、NTTエレクトロニクス(株)異動、光半導

体応用製品の開発、人体通信技術の研究開発に従事。平成15年、(株)カイザ

ーテクノロジー設立、自社ブランド人体通信技術『Wirelesswire/ワイヤレスワイ

ヤ』の研究開発を開始、現在に至る。

〔学術活動〕 電子情報通信学会、エレクトロニクス実装学会、International

Microelectronics And Packaging Society(IMAPS)各会員。平成19年より

慶應義塾大学研究員(現在、SFC研究所上席所員)。

〔最終学歴〕 国立大学法人 東京医科歯科大学専攻生終了(生体材料工学研

究所システム研究部門)。

       【講師のお言葉】

       ユビキタスネットワーク時代には欠かせない通信手段として注目されているのが 『人体通信技術』 です。

       近接か接触することでデータを伝える近距離通信技術の一種ですが、無線でも有線でもないことから

       『第3の通信技術』と呼ばれることもあります。

       1990年代にアメリカMITで提唱されたこの技術は当初、ウェアラブルコンピュータのケーブルを無くする

       ことを目的として考案されたようですが、最近では人体を通信線路として利用する特殊性から個人認証や

       電子決済などへの応用も検討されています。

       本セミナーにおいては 『人体通信技術/Wirelesswire を理解して頂くために、技術開発の経緯や理論

       のみならず応用分野や予想される今後の展開についても解説致します。 また、初期の人体通信装置や

       最新の電界センサを展示すると共にデモンストレーションにより実際に 『人体通信技術/Wirelesswire

       を体験して頂く機会を設けております。

      

         1.論文や特許に見る人体通信技術研究開発の経緯

              (1) 研究開発の背景

              (2) MITによる人体通信技術研究開発

              (3) NTTドコモによる人体通信技術開発

              (4) NTTグループによる人体通信技術

         2.人体通信技術の基本原理

              (1) 電流方式による人体通信技術

              (2) 電圧方式による人体通信技術

         3.人体通信技術と通信方式

              (1) 最適な変調方式は?

              (2) ASK方式によるチャレンジ『Wirelesswire』

         4.『人体通通信技術/Wirelesswire』の原点

              (1) 光導波路型電界センサの研究開発

              (2) 光導波路型電界センサによる人体通信装置

         5.小型化の鍵を握る『電界センサ』

              (1) 磁気式電界センサ“ギガオーム・トライデント”の研究開発

              (2) “ギガオーム・トライデント”による人体通信装置

         6.報道実例に見る人体通信技術の話題性

              (1) 医療分野への応用

              (2) 携帯電話への応用

              (3) ホームセキュリティへの応用

              (4) オフィスセキュリティへの応用

              (5) ICカードへの応用

         7.『人体通信』は本当に必要な技術か?

              (1) 実は難しい『人体通信システムの構築』

              (2) 『無線で十分?』人体通信のメリットは?

              (3) 真の適用分野を考察する

         8.Wirelesswireシステムのデモンストレーション

             (タグ型送信機から発生させたID信号を、床に設置した電極で受信してアクチュエータを作動)

                                 〈質疑応答〉

               

         『人体通信技術/Wirelesswire』の導入、技術提携等のご相談にも応じます。

 

              講義内容が若干変更になる場合があります。

 

 

戻る