立体TV、3Dデジカメ、3D携帯電話、3DTV電話など立体対応製品の開発が活発!!

最新立体(3D)ディスプレイ/対応デバイス

開発・技術動向応用例及び今後展開

観る人に驚きと感動を与える立体・3D映像。3D映画の急増、3D立体放送の開始、3D機器の開発に伴い普及期を迎え!!

■日時 2月26日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

3Dディスプレイの標準化動向及び2D/3D変換技術の具体例・応用と今後の展開

潟Aイスキューブ

エグゼクティブプロデューサー

 

泉 邦昭

 

2月26日 9:40〜11:10

  1.3D業界の最新動向

  2.3Dディスプレイの標準化動向

       (1) ISOでの動き

       (2) IECでの動き

  3.2D/3D変換技術の紹介

       (1) 2D/3D変換技術の意義

       (2) 2D/3D変換技術の具体例

            リアルタイム変換

            オフライン変換

       (3) VDX方式による2D/3D変換

  4.2D/3D変換の著作権問題

       (1) 3D変換した二次的著作物の問題

       (2) 自動3D変換の著作権侵害幇助の問題

  5.2D/3D変換技術の応用

       (1) 画像補間技術への応用

       (2) 安全性を考慮した3Dコンテンツ標準化への応用

ハイビジョン対応リアルタイム2D/3D変換技術の概要・開発動向と応用例及び今後の展開

日本ビクター

技術本部コア技術開発センター

新映像システム開発室主席技師

 

山田 邦男

 

2月26日 11:20〜12:10

  1.2D/3D変換技術の背景と基本的手続き

  2.リアルタイム2D/3D変換技術の位置づけと利用対象

  3.JVC1080P対応リアルタイム2D/3D変換技術

       (1) 基本コンセプト

       (2) アルゴリズムの概要

       (3) ハードウェア

       (4) ビジネス展開・取材記事の紹介など

自由視点テレビ(FTV)の開発・技術動向と最新事例及び今後の展開

名古屋大学大学院

工学研究科

教授

 

谷本 正幸

 

2月26日 14:45〜16:45

  1.FTVとは

  2.FTVの原理

  3.FTVシステム

       (1) 撮影

       (2) 補正

       (3) 圧縮

       (4) 画像生成

       (5) 表示

  4.国際標準化

       (1) MVC標準化

       (2) FTV標準化

  5.今後の展開

 

戻る