電磁誘導、磁気共鳴等を利用してワイヤレスで電力伝送する新技術、実用化が相次ぐ!!

非接触充電・給電・電力伝送技術/

デバイス概要・開発動向応用例及び今後展開

携帯電話・端末、家電機器、ホーム・ビル・工場内ネットワーク、物流、ロボット、ヘルスケア、医療、自動車等への応用進む!!

■日時 6月25日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:50    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

非接触充電向けWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)国際規格の概要と最新動向及び今後の展望

潟tィリップスエレクトロニクスジャパン

知的財産部・システム標準本部

システム標準部マネージャー

 

石丸 順一

 

6月25日 9:40〜10:40

  1.WPC設立の背景

       市場調査、過去の試み

  2.WPC設立の目的

       標準化の意義

  3.WPCの組織とメンバーシップ

       teering Group, Specification Working Group, Promotion Working Group

       egular Member, Associate Member

  4.ommercial Requirementの例

       ree positioning

       ulti-device charging

  5.グリーンエネルギーに対する考え

  6.標準化プロセス

フルトン社におけるワイヤレス充電テクノロジー/ソリューションの概要・最新動向と応用例及び今後の展開

フルトン・イノベーション社

日本代表

 

平山 眞

 

6月25日 10:50〜11:50

  1.フルトン・イノベーション社について

       (1) ミッション

       (2) アルティコア・コーポレーション

       (3) フルトン・イノベーション社の強み

  2.eCoupledテクノロジー

       (1) ワイヤレス充電

       (2) スケーラブル(ミリワット→キロワット)

       (3) アダプティブ・アルゴリズム

       (4) eCoupled vs. コンペティション

       (5) システム・ブロック図

       (6) 健康面への配慮

       (7) 安全性

       (8) 干渉

  3.今後の展開

       TI社とのパートナーシップ

通信と給電を同時にワイヤレスで実現する二次元通信技術の概要・開発動向と応用例及び今後の展開

潟Zルクロス

代表取締役社長

 

清松 哲郎

 

6月25日 12:30〜13:30

  1.二次元通信の背景

       (1) センサへの給電、通信の研究   (3) 二次元通信の類似技術

       (2) 有線から無線、無線から二次元   (4) 期待される応用分野

  2.二次元通信の概要

       (1) 基本原理     (3) エネルギー伝送効率

       (2) 通信シートおよびカプラの構造   (4) 通信の実用化状況

  3.二次元通信電力伝送の状況

       (1) ワイヤレス電力伝送の技術分類  (3) 通信と給電の同時実現の実証実験

       (2) 微弱電力、小電力伝送の状況  (4) 大電力伝送の実証実験

  4.ワイヤレス給電における課題

       (1) 関連規制     (3) 機器への影響

       (2) 人体への影響     (4) その他の課題

  5.今後の展開

       (1) センサネットワーク   (3) 大電力の応用

       (2) 小電力ワイヤレス充電   (4) 研究開発の取り組み

家電機器における非接触給電技術/システムの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

パナソニック電工

電器事業本部

電器R&Dセンター主幹技師

 

安倍 秀明

 

6月25日 13:40〜15:10

  1.家電分野への実用化の歴史とトレンド

       (1) 電磁誘導原理のメリットと訴求ポイントの連関図

       (2) 実用化の歴史と応用商品の紹介

  2.非接触給電システム構成と課題

       (1) 基本システム

       (2) 課題

  3.電磁誘導理論とオリジナル等価回路

       (1) 分離着脱式トランスを使ったシステム理論

       (2) 等価回路の導出と出力方程式

  4.基本技術と実用技術

       (1) 基本技術 ―ソフトスイッチング

       (2) 基本技術 ―分離着脱式トランス

       (3) 基本技術 ―負荷整合

       (4) 実用技術

  5.トレンド技術

       (1) 家電分野への応用技術トレンド

       (2) 高効率インバータと超薄型コイル技術

共鳴型ワイヤレス電力伝送技術の概要・開発動向と応用及び今後の展望

東京大学大学院

新領域創成科学研究科

先端エネルギー工学専攻教授

 

小紫 公也

 

6月25日 15:20〜16:50

  1.ワイヤレスエネルギー伝送とその応用

       (1) 電磁誘導と短距離伝送

       (2) 磁界共鳴と中距離伝送

       (3) 電磁放射と長距離伝送

  2.磁気共鳴伝送の基礎

       (1) マックスウェルの電磁界方程式

       (2) 電磁誘導

       (3) 磁界共鳴と結合方程式

       (4) エバネッセント波とモード結合

       (5) 磁界共鳴型伝送の伝送効率

  3.伝送実験

       (1) 高Q値コイル

       (2) 伝送実験

  4.今後の展望

 

戻る