マイクロ波利用を中心に、無線電力伝送・給電・充電の要素技術、応用システム等を詳!!

本格化するワイヤレス電力伝送・技術

概要・開発動向応用及び今後展望

【第2回開催】

ユビキタス電源、RFID、センサネットワーク、家庭・オフィスネットワーク、携帯電話、ロボット、自動車、充電器への応用進!!

■日時 7月8日(水)    ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45   東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

 

●講師

   京都大学

   生存圏研究所   篠原 真毅

   准教授

   博士(工学)

 

 

【経歴・活動】

平成3年京都大学工学部電子工学科卒業。平成5年京都大学大学院工学

研究科修士課程修了。平成8年同大大学院工学研究科博士課程修了。同

年・同大超高層電波研究センター助手、平成12年同センターの改組により

宙空電波科学研究センター助手、平成13年同センター助教授、平成16年

同センターの改組により生存圏研究所助(准)教授となり現在に至る。

主として宇宙太陽発電所とマイクロ波エネルギー伝送に関する研究に従事。

博士(工学)。IEEE、URSI、電子情報通信学会各会員。

      【講師のお言葉】

      テレビ・ラジオをはじめとして近年の携帯電話と無線LANの発展により、ほぼすべての情報が無線化可能

      となった今、電源も無線化したいというのは自然な欲求である。

      電磁波を用いた無線電力伝送はマックスウエルが電磁波を預言した頃から提唱されてはいたが、研究が

      本格化するのはマイクロ波が利用できるようになる60年代、実現可能性が叫ばれるようになったのはディジ

      タルデバイスの発展によりユーザーの消費電力が劇的に下がった21世紀に入ってからである。

      本セミナーでは、電磁波利用以外に多種存在する「ユビキタス電源」の得失を解説しながら、通信・レーダ

      ーとは少し異なる無線電力伝送固有の技術について解説し、必要な技術を習得することを目的とする。

      

              1.非接触エネルギー伝送技術の概要

                   (1) 無線電力伝送の歴史

                   (2) 電磁波(マイクロ波)

                   (3) 電磁誘導コイル

                   (4) その他電磁波 ―エバネッセント波と電場共鳴・磁場共鳴―

                   (5) レーザー

                   (6) その他ユビキタス電源

              2.マイクロ波無線電力伝送の応用

                   (1) ユビキタス電源

                   (2) (準)閉鎖系での大電力無線電力伝送

                   (3) 移動体への無線電力伝送

                   (4) 超長距離無線電力伝送(含宇宙応用)

                   (5) その他無線電力伝送

              3.マイクロ波受電整流技術

                   (1) 概要

                   (2) レクテナ技術

                        整流回路技術

                        アンテナ技術

                        アレー化技術

                   (3) 整流用電子管技術(サイクロトロン・ウェーブ・コンバーター)

              4.マイクロ波発生技術

                   (1) 概要

                   (2) マイクロ波管

                        位相制御マグネトロン

                        TWT

                        その他マイクロ波管

                   (3) 半導体増幅器

                        半導体材料と形式 ―ワイドバンドギャップ半導体―

                        回路方式 ―基本回路とF級増幅回路―

              5.マイクロ波ビーム制御技術と伝播

                   (1) 概要

                   (2) フェーズドアレーによる方向制御

                        基本理論

                        理論損失

                        実際のフェーズドアレー

                   (3) 目標位置推定手法

                        電磁波利用 ―レトロディレクティブ方式―

                        電磁波利用 ―計算機を用いた方向推定―

                        その他手法

                   (4) 電波伝搬 ―損失他―

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る