高機能・多機能化進む双方向通信対応スマートメータの最新技術、導入例を詳説!!

電力分野におけるスマートメータをめぐる

最新技術動向海外活用例及び改正省エネ法対応

各種無線/有線での通信機能をAll-in-Oneで搭載し、様々な機能を実現する新世代スマートメータの普及が急速に進!!

■日時 8月21日(金)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 19,000円

10:15〜12:15    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

   GEエナジー

   新規事業担当 技監   鈴木 浩

   工学博士

 

【経歴・活動】

1969年東京大学工学部電子工学科卒業、1974年東京大学大学院

博士課程修了。 三菱電機株式会社入社、中央研究所、電力系統技

術部長、電力変電技術部長、電力システムエンジニアリングセンター

長を経て、役員技監。 2003年GEに転職、新規事業担当の技監。

電気学会副会長、日本工学アカデミー理事、IEEEの技術経営日本

支部長などを歴任。電気学会電気技術史技術委員副委員長。

専門分野はエネルギーシステム、技術経営。

著書に「エネルギー新時代」(省エネルギーセンター)、 訳書に「ブレ

イクスルー」(OHM社)など。

工学博士。

      【講師のお言葉】

      わが国の家庭用電力量計には、機械式のメータが使われている。これはアナログメータであり、そのため、

      検針なども人手で行われている。一方、欧米、豪州ではこうした人的作業を必要としないディジタル式メー

      タがすでに普及しつつあり、この流れは東南アジア、東アジアにまで広がってきている。

      メータのディジタル化の利点として、進歩著しい各種通信機能との連携が図れることにある。これにより、停

      電復旧管理、時間帯別計測、需要応答などの機能が遠隔でかつ双方向で行うことができる。こうしたメータ

      を米国などでは、通称スマートメータと呼び、それを取り巻くインフラを、スマートグリッド、あるいは先進的

      メータリングインフラ(略称AMI)などと呼んでいる。

      本セミナーでは、スマートメータの特長を生かし、改正省エネルギー法対応としての電力量計測について

      紹介する。

      

              1.スマートメータの歴史と特長

                   (1) 電力量計測技術の変遷

                   (2) 企業の変遷

                   (3) 技術的特長

              2.電力分野におけるスマートメータをめぐる最新技術動向

                   (1) スマートメータの基本構造

                   (2) 電力計測技術

                   (3) 自動検針技術

                   (4) 双方向通信機能

                   (5) 需要応答

              3.海外における活用例

                   (1) 米国におけるスマートグリッドへの取り組み

                   (2) 欧州、豪州における電力流通インフラ事例

              4.改正省エネ法対応としてのスマートメータ

                   (1) 時間帯別計測による省エネルギー効果

                   (2) 二酸化炭素クレジットへの展開

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る