欧米で導入が相次ぎ、市場急拡大しているスマートグリッドの国内外新動向を探!!

新世代スマートグリッド/スマートメーター

取り組み・最新動向適用事例及び今後展開

省エネ、電力設備の高効率化、再生可能エネルギーの普及に向けて目覚しい進展を遂げる海外の先進事例を詳説!!

■日時 8月21日(金)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 29,000円

13:00〜17:00      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

海外にみるスマートグリッドの取り組み・最新動向と導入事例及び今後の展望

アクセンチュア

素材・エネルギー本部

シニアマネージャー

 

宮脇 良二

 

8月21日 13:00〜15:00

   1.スマートグリッドの位置づけ

         (1) スマートグリッドの定義

       (2) スマートグリッドへの進化の過程

       (3) 環境問題との関係

       (4) 投資対効果

  2.海外の動向

       (1) 北米の取り組み

       (2) コロラド州ボルダーの“スマートグリッドシティ”

       (3) 欧州の取り組み

       (4) オランダアムステルダム市の“スマートシティアムステルダム”

エシェロンにおけるスマートグリッド/スマートメーターの取り組み・最新動向と適用事例及び今後の展開

エシェロン・ジャパン

代表取締役社長

 

澤近 房雄

 

8月21日 15:15〜17:00

  1.エシェロン社紹介とスマートグリッド事業

       (1) LWI(LonWorks Infrastructure)事業

       (2) NES(Networked Energy Services)事業

  2.スマートグリッドを実現するための基盤技術

       (1) onWorksネットワーク基盤技術

       (2) 適用事例(街路灯、住宅、店舗など)

  3.自動検針システムの概要

       (1) システム概要

       (2) 実現可能なサービスの例

  4.スマートメーター製品例

       (1) スマートメーターとは

       (2) NES EM-1020シリーズ

       (3) システムソフトウェア

  5.海外における事例とビジネスモデル

 

戻る