環境に存在する光、振動、熱、電波等を電気エネルギーに変換する新技術・製品が相次ぐ!!

次世代を担う環境発電・蓄電技術/デバイス・

システム概要・開発動向応用及び今後展開

無線センサネットワーク、ユビキタス、ヘルスケア、医療、自動車等への応用が進む新世代、究極の電源。脚光浴び!!

■日時 9月11日(金)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:50    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

マイクロ環境振動発電技術/デバイスの研究・開発動向と応用及び今後の展望

東京大学

大学院工学系研究科

准教授

 

鈴木 雄二

 

9月11日 9:40〜11:40

  1.マイクロ環境振動発電の概要

       (1) マイクロエネルギーとは   (3) なぜ振動発電か?

       (2) 環境発電のさきがけ   (4) 環境振動発電のアプリケーション

  2.マイクロ環境振動発電の原理

       (1) 振動系の基礎     (3) 振動発電器の理論効率

       (2) 振動発電器の理論出力   (4) 振動発電器のモデル

  3.機械振動−電力変換技術

       (1) 電磁誘導   (3) 静電誘導

       (2) 圧電     (4) エレクトレット

  4.エレクトレットを用いた静電誘導発電技術

       (1) エレクトレットの歴史   (4) 理論発電量と最適インピーダンス

       (2) エレクトレットの基礎   (5) 東京大学での開発状況

       (3) 発電器モデル

  5.マイクロ振動発電器の最新研究開発動向と課題

       (1) 米国での取り組み   (3) 我が国での取り組み

       (2) EU諸国での取り組み   (4) 今後の課題と将来展望

  6.まとめ

電波エネルギーを利用した環境発電技術の概要・開発動向と応用及び今後の展開

東京大学

大学院情報理工学系研究科

助教

 

川原 圭博

 

9月11日 11:50〜12:50

  1.無線センサネットワーク

       (1) 概要     (3) 技術課題

       (2) 産業ニーズ

  2.電波からの発電および送電技術

       (1) 原理と特徴

       (2) 研究動向(MIT、Intel、Washington大)

  3.環境電磁界からのエネルギーハーベスト技術

       (1) コンセプト

       (2) 原理     (3) システム構成

  4.生活空間における電界強度分布調査

       (1) 電波防護指針と周波数割当

       (2) 東京都心部における測定調査

       (3) エネルギー回収可能性

  5.今後の展開

1セルで発電と充電を同時に実現する光蓄電池の開発・技術動向と応用及び今後の展開

鹿児島大学大学院

理工学研究科

助教

 

野見山 輝明

 

9月11日 13:30〜14:30

  1.太陽光エネルギーを有効に利用するには?

       (1) 太陽エネルギーの特徴   (3) 光蓄電池とは?

       (2) 発電規模と蓄電方式

  2.光蓄電池へのアプローチ

       (1) 2セル型:太陽電池+蓄電池

       (2) 1セル3電極型:色素増感太陽電池セルに蓄電極

       (3) 1セル2電極型:光蓄電電極+対極

  3.1セル2電極型光蓄電池の開発の現状

       (1) 想定用途と開発目的   (3) 電極の構造と光蓄電性

       (2) 光蓄電極の反応機構   (4) pn相補型光蓄電池

  4.今後の展開

民生用熱電発電のための高効率材料・モジュールの開発・技術動向とその応用展開

ヤマハ

素材素子開発センター

副センター長

 

堀尾 裕磨

 

9月11日 14:40〜15:40

  1.熱電発電の原理

  2.独自の高性能熱電発電材料紹介

  3.民生用モジュールの開発

  4.民生用ユニット・システム開発例紹介

  5.市場探索例紹介

バッテリーレスモジュールスイッチ、センサ等を使ったソリューショ取り組みと活用例及び今後展望

鞄燗c洋行

マーケティング本部

次世代ソリューション開発センター

 

五十嶋 さやか

 

9月11日 15:50〜16:50

  1.バッテリーレス無線モジュール技術概要

       (1) 動作原理

       (2) 無線技術

       (3) 技術がもたらすメリット

  2.情報活用空間に求められる要件

       (1) オフィス空間、学校空間とICT

       (2) 情報活用の場の課題

  3.ソリューション活用例

       (1) 新たな情報活用空間のあり方

       (2) 内田洋行が提案するバッテリーレス無線モジュールのソリューション活用例

  4.今後の展望

 

戻る