電磁誘導、磁気共鳴等を利用して非接触で電力伝送する新技術、実用化が相次!!

ワイヤレス充電・電・電力伝送/バッテリー

技術概要・開発動向応用例及び今後展開

開発進む注目の共鳴方式、中距離用電磁誘導、急速充電バッテリー及び非接触充電規格標準化の新動向を探!!

■日時 10月26日(月)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 49,000円

9:40〜18:20    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

共鳴型ワイヤレス電力伝送技術の概要・開発動向と応用及び今後の展望

東京大学大学院

新領域創成科学研究科

先端エネルギー工学専攻教授

 

小紫 公也

 

10月26日 9:40〜11:10

  1.ワイヤレスエネルギー伝送とその応用

       (1) 電磁誘導と短距離伝送

       (2) 磁気共鳴と中距離伝送

       (3) 電磁放射と長距離伝送

  2.磁気共鳴伝送の基礎

       (1) 電磁誘導の基礎

       (2) 結合回路と理論伝送効率

       (3) 結合方程式を用いた周波数依存性の解析

       (4) エバネッセント波とモード結合

       (5) 結合回路を用いた周波数依存性解析

  3.磁気共鳴伝送実験

       (1) 高Q値コイルの製作

       (2) 伝送距離と伝送効率

  4.今後の展望

       技術課題

       (1) 高Q値アンテナの制作

       (2) 近距離での共振周波数の分裂

中距離用電磁誘導/磁界共鳴式非接触給電技術・システムの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

昭和飛行機工業

特殊車両総括部

EVP事業室技師長

 

高橋 俊輔

 

10月26日 11:20〜12:50

  1.非接触給電技術概要

       (1) 非接触給電方式の比較

       (2) 電磁誘導電力伝送方式の原理と基本技術課題

  2.電磁誘導非接触給電システム

       (1) 磁芯形状による得失

       (2) コイルおよびケーブル技術

       (3) 車両との通信システム技術

       (4) 車両への充電

  3.実用化と応用例

       (1) 車輌への実用化

       (2) 産業機械への応用

  4.課題と今後の展開

       (1) 伝送距離と送受電面サイズ

       (2) 中距離用電磁誘導システムの開発

       (3) 走行中車輌への給電システム

ワイヤレス急速充電システム用バッテリー・技術の概要・開発動向と応用例及び今後の展開

椛コ田製作所

技術・事業開発本部新規事業推進

統括部事業企画部商品技術2課長

 

徳寺 博

 

10月26日 13:30〜15:00

  1.ワイヤレス急速充電システムとは。。。

  2.開発経緯

  3.構成技術

       (1) セイコーエプソンの高効率無接点電力伝送技術

       (2) ムラタの急速充電リチウムイオンバッテリー

  4.開発状況

       (1) バッテリーパック開発仕様

       (2) 各ブロックの損失と変換効率

       (3) 高レート充電時のリチウムイオン2次電池の性能

       (4) 位置自由度、EMI評価結果

  5.システムの提案

非接触充電WPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)国際規格の標準化概要と最新動向及び今後の展望

ワイヤレスパワーコンソーシアム

会長

 

メンノ トレファー

 

10月26日 15:10〜16:40

  1.非接触充電の概要

  2.非接触充電の技術的可能性と制限事項

  3.共同作業および標準規格策定の必要性

  4.ワイヤレスパワーコンソーシアムのメンバー

  5.ワイヤレスパワーコンソーシアムの現在の状況

フルトン社におけるワイヤレス充電テクノロジー/ソリューションの概要・最新動向と応用例及び今後の展開

フルトン・イノベーション社

Director of Advanced Technologies

 

デーブ  バーマ

 

10月26日 16:50〜18:20

  1.eCoupledテクノロジー

       (1) ワイヤレス充電テクノロジー

       (2) スケーラブル(ミリワット→キロワット)

       (3) アダプティブ・アルゴリズム

       (4) eCoupled vs. コンペティション

       (5) システム・ブロック図

       (6) 健康面への配慮

       (7) 安全性

       (8) 干渉

  2.eCoupled応用例

  3.今後の展開

       (1) 商用化計画

       (2) TI社とのパートナーシップ

  ※講義内容が一部変更になる可能性があります。

 

戻る