<基礎コース> 最新の技術・開発動向を交えながら具体的にわかり易く解!!

RF-CMOS回路基礎開発事例

GHzで動作する高周波回路をCMOSプロセスで実現するための要素技術と最近の技術、各種試作・開発!!

■日時 12月8日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45   東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

●講師

       鞄月ナ セミコンダクター社

       通信・映像LSI開発技術部

       通信LSI設計技術第二担当

       参事

      博士(工学)

 

    藤本 竜一

 

【経歴・活動】

1990年、早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。1991年、株式会社

東芝総合研究所(現研究開発センター)入社。以来モバイル通信用高周波回路

の設計および半導体デバイスモデルの研究開発に従事。2003年、早稲田大学

において博士(工学)の学位取得。2005年、モバイル通信ラボラトリー主任研究

員、2006年、セミコンダクター社参事、現在に至る。

入社以来、PHS、携帯電話、無線LAN、デジタルTV、ミリ波など様々な無線通

信システム用LSIの開発に従事し、主に高周波回路設計や半導体デバイスモデ

ルの開発に取り組んでいる。

電子情報通信学会、電気学会、IEEEの会員。

      【講師のお言葉】

      近年のCMOSプロセスの微細化・高速化に伴い、携帯電話や無線LANなどの無線通信システムで用いる

      数GHzで動作する高周波回路もCMOSプロセスで実現することが一般的になってきた。

      一方、最先端の微細CMOSプロセスを用いるとデジタル回路にとってはチップ占有面積の削減や低消費電

      力化などの利点があるが、受動素子が多くのチップ面積を占有するアナログ回路にとってはチップ面積の削

      減効果は小さい上、低電圧化やMOSFETの出力抵抗の特性低下などにより、所望の特性を実現すること

      が困難になってきている。

      本セミナーでは、CMOSプロセスやデバイスの基礎と無線通信システムに用いるアナログ要素回路概要に

      関して解説する。また、離散時間システムやミリ波など最近のRF-CMOSの話題に関しても取り上げ、今後

      のRF-CMOS回路の開発に必要な知識を習得することを目的とする。

      

              1.RF-CMOS回路の概要

              2.RF-CMOSのアプリケーション

              3.CMOSプロセスの動向

              4.学会発表におけるRF-CMOS回路の動向

              5.受信機の基礎

                   (1) 低雑音増幅器

                   (2) ダウンコンバータ(復調器)

                   (3) フィルタ

                   (4) 可変利得増幅器

              6.シンセサイザの基礎

                   (1) VCO

                   (2) PLL

              7.送信機の基礎

                   (1) アップコンバータ(変調器)

                   (2) ドライバアンプ

              8.その他の回路ブロック

                   (1) ドライバアンプ

                   (2) 送受切り替えスイッチ

                   (3) 各種外付け部品

                   (4) パッケージ

              9.RF-CMOSに関する最近の技術

                   (1) 離散時間系回路

                   (2) ミリ波用回路

             10.RF-CMOSの評価

                   (1) 半導体デバイスの評価

                   (2) LSIの評価

             11.RF-CMOSの開発事例

                   (1) 携帯電話用LSI

                   (2) 無線LAN用LSI

                   (3) デジタルTV用LSI

                   (4) ミリ波用LSI

             12.まとめ

                                 〈質疑応答〉

 

 

 

戻る