ユビキタスネット社会、環境汚染等直面する諸問題を一挙に解決する新世代、究極のエコ発電!!

ユビキタスに向けた環境発電(エネルギー・ハーベスティング)

国内外技術・開発動向応用例及び今後展望

最近日本、世界各国の環境発電の現状・動向を本格調査した事例を基に、最新技術動向、適用例、事業化等を詳説!!

■日時 12月10日(木)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 29,000円

13:00〜17:00      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト代含む)

 

●講師

       潟fータリソース

       シニア・アナリスト

 

    竹内 敬治

 

【経歴・活動】

京都大学大学院修士課程(原子核工学専攻)を修了し、三菱総合研究所入社。通信

分野では、欧米・アジア・オセアニア諸国の規制等調査、各種通信技術/市場の分析・

予測、サービス戦略策定、各種データ分析、各種システム設計・開発、郵政省長期増

分費用モデル開発などに従事。その他、エネルギー(電力、ガス、石油等)、公共、e-

ビジネスなど様々な分野のプロジェクトに従事。OR・統計解析手法にも詳しい。

2005年5月、データリソース社シニア・アナリストに就任。近年は、通信とエネルギー

の融合分野にフォーカスし、グリーンIT関連の委託調査も多数実施している。

2007年度、(財)機械振興協会経済研究所からの委託調査「日本発グローバル発信

型ユビキタスネット向けエネルギー変換デバイス調査」を実施。日本及び世界各国の

環境発電の現状・動向について、日本で初めて網羅的な調査を行った。

      【講師のお言葉】

      「いつでも、どこでも、誰でも、何でも」ネットワークにつながるユビキタスネット社会、モノのインターネット(IoT:

      Internet of Things)の実現のためには、電池の取り換えや廃棄の問題を解決できる環境発電技術が必須

      となる。

      また、auやソフトバンク、NTTドコモのソーラー携帯、iUnika社のネットブックGyyなど、モバイル機器の電源

      補助用にも、太陽電池など環境発電技術が活用され始めている。ノキアは環境中の電波エネルギーで充電

      する携帯電話を開発中である。

      周りの環境からエネルギーを収穫(ハーベスト)して電力(μW〜W程度)に変換する環境発電技術は、エネ

      ルギー・ハーベスティングと呼ばれ、世界的に注目を集めている。 しかしながら、その研究開発や事業化は

      欧米が先行し、日本は後れをとっているのが現状である。

      本講座では、様々な環境発電技術と適用例を俯瞰し、分かりやすく解説するとともに、どのような条件で、どの

      発電方式が最も有利なのか、技術開発の課題、将来有望な市場等、事業化のポイントにも言及する。

      また、最近問い合わせが増えてきている独EnOceanの国内特許及び、約50社が興味を示しているエネルギ

      ーハーベスティングコンソーシアム(2010年4月発足予定)についても紹介する。

      

     1.ユビキタスネット向け電源の必要性

           (1) 3つのエネルギー分野

           (2) ユビキタスネットを実現する第3エネルギー分野

           (3) 第3エネルギー分野のインパクト

     2.ユビキタスネット向け電源に求められる要件

           (1) ユビキタスネット向け電源のニーズ

                ―ワイヤレスセンサーネットワーク/ビルディングオートメーション/

                  自動車/人体ネットワーク/コンシューマエレクトロニクスとIT

           (2) ユビキタスネット向け電源に求められる要件

                ―出力・エネルギー/パワー密度・エネルギー密度/蓄電技術/

                  電圧変換技術/無線技術/非送信技術/コスト/その他

     3.ユビキタスネット向け電源技術

           (1) エネルギー変換技術の大分類

                開放系

                  ―熱機関/燃料電池/常温核融合/その他

                閉鎖系

                  ―環境発電

                独立系

                  ―一次電池/原子力電池/その他

           (2) 環境発電(エネルギー・ハーベスティング)技術

                環境から得られるエネルギー

                環境発電技術の実用化見通し

                電磁エネルギー利用

                  ―太陽電池/レクテナ/電磁誘導/磁場共鳴/焦電効果/その他

                  ―国内外の最新事例

                力学的エネルギー利用

                  ―発電原理(電磁誘導/圧電/静電誘導)

                  ―発電方法(振動/相対運動/流体)

                  ―振動発電の理論最大発電量と実績

                  ―振動発電の出力増大方法

                  ―国内外の最新事例

                熱エネルギー利用

                  ―熱電発電(ゼーベック効果/ネルンスト効果)/熱イオン発電/

                       熱光発電/熱音響発電/その他

                  ―理論効率(カルノー効率、ZT、その他)

                  ―国内外の最新事例

                バイオ関連

                ハイブリッドシステム

           (3) 周辺技術

                ―整流/電圧変換/蓄電/省電力無線/その他

     4.環境発電に対する政策支援動向

           (1) 日本

                ―NEDO/文部科学省/その他

           (2) 米国

                ―DARPA/米海軍研究所/NASA/DOE/NSF/その他

           (3) 欧州

                ―Fraunhofer/IMTEK/FP6/FP7/その他

     5.国内有望技術

     6.事業化に向けた課題と展望

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る