中距離用電磁誘導、電磁界共振結合(電磁共鳴)を利用した送電技術の開発が活発化!!

次世代非接触給電・電力伝送技術/

システ概要・開発動向応用例及び今後展望

位置ずれに強く、数十cm〜数mの中距離電力伝送、高伝送効率を実現する等、早期実用化、普及に向けた新技術が相次!!

■日時 1月29日(金)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:50〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

電磁界共振結合による非接触電力伝送技術の概要・開発動向と応用及び今後の展望

東京大学大学院

工学系研究科

電気工学専攻

 

居村 岳広

 

1月29日 9:50〜12:20

  1.ワイヤレス電力伝送の背景と4方式

       (1) ワイヤレス電力伝送の需要背景

       (2) 電磁誘導方式

       (3) 電磁界共振結合(電磁共鳴)方式

       (4) マイクロ波電力伝送方式

       (5) レーザー電力伝送方式

  2.電磁界共振結合

       (1) 磁界共振結合

       (2) 電界共振結合

       (3) 等価回路による考察

       (4) オープン・ショート型アンテナ

       (5) 電力と効率

       (6) kHz〜MHz〜GHz

       (7) 一般的な電磁誘導と電磁共鳴の比較

       (8) 最大エアギャップ・最大効率

  3.課題と今後の展望

       (1) システムとしての電磁界共振結合

       (2) 電気自動車用の位置ずれに強い非対称アンテナの開発

       (3) まとめ

電気自動車用非接触電力伝送技術の概要・開発動向と今後の展望

昭和飛行機工業

特殊車両総括部

EVP事業室技師長

 

高橋 俊輔

 

1月29日 13:00〜15:00

  1.非接触給電技術の必要性

       (1) 充電インフラのニーズ

       (2) EV・pHVタウン構想における充電インフラ事業

       (3) 接触式充電インフラにおける課題

       (4) 充電インフラにおける非接触電力伝送方式の比較

  2.電磁誘導非接触給電システムの開発変遷

       (1) 電磁誘導電力伝送方式の原理と基本技術課題

       (2) 健康への影響度と安全対策

       (3) 電気自動車における電磁誘導電力伝送技術

       (4) 従来の電磁誘導電力伝送方式の課題

  3.実用化と応用例

       (1) 新たな電磁誘導非接触給電システムの開発

       (2) シミュレーションによる特性把握

       (3) 電気自動車への実用化

       (4) 車両に搭載しての社会実験

  4.課題と今後の展望

       (1) 電波法の課題と道路上設置要件

       (2) 標準化

       (3) 伝送距離と送受電面サイズ

       (4) 中距離用電磁誘導システムの開発

       (5) 走行中車輌への給電システム

産業機器における非接触電力伝送技術・システムの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

東洋エレクトロニクス

設計部開発1課

事業開発課長

 

洲崎 泰利

 

1月29日 15:15〜16:45

  1.非接触給電技術の概要

       (1) 非接触給電の各方式と使用周波数・波長

       (2) 電磁誘導方式の原理、方式、給電電力、動向

  2.電磁誘導方式の技術詳細

       (1) IPS非接触給電システムの詳細(外観、構成、回路)

       (2) 低損失パワーエレクトロニクス部品のポイント

       (3) 高効率化のための手法

       (4) 自動制御方式および通信システム

       (5) 安全対策および電波法対応

  3.産業用途での実用化例、応用例

       (1) EV(電気自動車)、LRT(路面電車)など

       (2) 工場内搬送システム

       (3) 電動自転車、自動搬送車、ロボット、電動工具など

       (4) 特殊環境への応用(隔壁、水中、回転体など)

 

戻る