電磁誘導、電磁共鳴等を利用してワイヤレスで電力伝送する画期的な次世代有望技!!

急進展する非接触給電・電力伝送技術/

システム開発動向応用例及び生体影響

本格普及を目指し更なる大ギャップ、大電力、高効率、低コスト化に向け技術開発が活発化。電磁界の生体影響、安全性!!

■日時 3月18日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:50〜16:50    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

電磁共鳴による非接触電力伝送技術の開発動向と携帯・家電・産業機器への応用及び今後の展開

東京大学大学院

工学系研究科

電気工学専攻

 

居村 岳広

 

3月18日 9:50〜11:50

  1.ワイヤレス電力伝送の背景と4方式

       (1) ワイヤレス電力伝送の需要背景

       (2) 電磁誘導方式

       (3) 電磁界共振結合(電磁共鳴)方式

       (4) マイクロ波電力伝送方式

       (5) レーザー電力伝送方式

  2.電磁界共振結合(電磁共鳴)

       (1) 磁界共振結合

       (2) 電界共振結合

       (3) 等価回路による考察

       (4) オープン・ショート型アンテナ

       (5) 電力と効率

       (6) kHz〜MHz〜GHz

       (7) 一般的な電磁誘導と電磁共鳴の比較

       (8) 最大エアギャップ・最大効率(理論限界)

  3.携帯・家電・産業機器への応用動向

       (1) 海外動向(WiTricity、クアルコム等)

       (2) 国内動向

  4.課題と今後の展望

       (1) システムとしての電磁界共振結合

       (2) 電気自動車用の位置ずれに強い非対称アンテナの開発

       (3) まとめ

電磁誘導式非接触給電システムにおける大ギャップ・大電力・高効率化技術動向と開発・応用例及び今後の展開

昭和飛行機工業

特殊車両総括部

EVP事業室技師長

 

橋 俊輔

 

3月18日 12:30〜14:00

  1.非接触給電技術の必要性

       (1) 充電インフラのニーズ

       (2) 接触式充電インフラにおける課題

       (3) 非接触電力伝送方式の比較

  2.電磁誘導非接触給電システムの開発変遷

       (1) 電磁誘導電力伝送方式の原理と基本技術課題

       (2) 電気自動車における電磁誘導電力伝送技術

       (3) 従来の電磁誘導電力伝送方式の課題

  3.大ギャップ・大電力・高効率電力伝送技術

       (1) シミュレーションによる特性把握

       (2) コア、コイル、電源、通信技術

       (3) 車両に搭載しての社会実験

  4.実用化と応用例

       (1) 電気自動車への実用化

       (2) 産業機器への応用

  5.課題と今後の展望

       (1) 健康への影響度と安全対策

       (2) 電波法の課題と道路上設置要件

       (3) 標準化

       (4) 伝送距離と送受電面サイズ

       (5) 走行中車輌への給電システム

搬送車における非接触給電技術/装置の概要・開発動向と応用例及び今後の展開

鞄立プラントテクノロジー

搬送・CSシステム事業部

新製品開発部長

 

山本 治正

 

3月18日 14:10〜15:40

  1.当社の非接触給電について

  2.非接触給電の方式

       (1) 各種の給電方式

       (2) 搬送装置の給電システムの特徴

  3.受電回路

       (1) 直列共振と並列共振

       (2) 電圧の安定化方法

       (3) 受電コイルの製作

       (4) フェライトコア

       (5) 巻き線の方式

       (6) シミュレーション

  4.地上システム

       (1) 高周波インバータの回路方式

       (2) インピーダンス整合

  5.省エネ、省電力

       (1) 大容量キャパシタの利用

       (2) ピーク電力の低減

       (3) 回生電力の吸収

  6.応用例

       (1) 天井搬送装置

       (2) スタッカクレーン

  7.給電システムの今後

       (1) コスト問題

       (2) 異業種分野への展開

       (3) 技術動向

 

戻る