光配線技術の目覚しい進展により、先進各社から搭載機器の試作発表が相次ぐ!!

機器内光配線技術/基板・デバイス

概要・開発動向応用例及び今後展開

既存の電気配線に比べ、大幅な高速データ処理、高密度、低電力、低電磁ノイズ、低コスト化を実現する光配線。実用化迫る!!

■日時 4月21日(水)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

光配線用フィルム型光導波路材料の開発・技術動向と応用例及び今後の展開

日立化成工業

筑波総合研究所

主管研究員

 

高橋 敦之

 

4月21日 9:40〜11:10

  1.光配線を取り巻く背景

  2.これまでの開発事例

       (1) 通信用光導波路

       (2) 光ファイバ配線板

  3.光配線用ポリマー光導波路

       (1) 作製工程からみた分類と特徴

       (2) 代表的なポリマー光導波路材料

  4.フィルム型光導波路材料について

       (1) 特徴と設計

       (2) プロセスと試作例

       (3) 特性

  5.光電気複合基板への応用検討例

       (1) フレキシブル光導波路

       (2) FPC複合光導波路

       (3) リジッド基板複合光導波路

  6.今後の光配線の展望

屈折率分布型ポリマー光導波路による機器内高密度光配線技術と開発・応用動向及び今後の展開

慶應義塾大学

理工学部物理情報工学科

准教授

 

石榑 崇明

 

4月21日 11:20〜12:50

  1.ポリマー光導波路による光配線技術の概要

  2.ポリマー光導波路の構造

       (1) ステップインデックス型矩形コア

       (2) グレーデッドインデックス型円形コア

       (3) グレーデッドインデックス型矩形コア

  3.ポリマー光導波路の光学特性と高密度光配線化

       (1) 屈折率分布

       (2) 損失特性

       (3) 伝送損失特性

       (4) チャネル間スキュー

  4.超高密度配線化のための光導波路構造設計

       (1) チャネル間クロストークの要因

       (2) ポリマー導波路中のクロストーク

       (3) 超高密度配列光導波路

  5.インプリント法による屈折率分布型ポリマー光導波路

       (1) 作製工程

       (2) 導波路の光学特性

  6.機器内光配線高密度化に関する今後の展望

光電気複合配線技術/基板の概要・開発動向と応用例及び今後の展開

住友ベークライト

オプト製品開発プロジェクトチーム

主任研究員

 

藤原 誠

 

4月21日 13:30〜15:00

  1.光電気複合配線技術の概要

  2.弊社導波路の新規開発材料及びプロセス

       (1) 高耐熱/高透明性ポリマー

       (2) 光導波路の加工方法

       (3) フォトアドレス法の説明

  3.新規光導波路/ミラーの特性評価

       (1) 光学特性

       (2) 屈曲特性

       (3) その他の特性

       (4) ミラーの加工方法とその特性

  4.光導波路/光電気複合配線技術・モジュールの適用分野

       (1) ハイエンド分野

       (2) 自動車分野

       (3) 携帯機器分野

       (4) ディスプレイ分野

  5.光電子回路サブライチェーンデータベースの紹介

 

戻る