位置ずれに強く、大エアギャップ、大電力化、高効率化、低コスト化を大幅に実!!

次世代ワイヤレス給電・電力伝送技術/

システム開発動向応用例及び今後展開

新技術の開発が相次ぎ、携帯電話、ノートPC、家電・TV・AV機器、自動車、搬送車、ロボット等への応用が本格!!

■日時 5月19日(水)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

共鳴型ワイヤレス電力伝送技術の概要・開発動向と応用及び今後の展望

東京大学大学院

新領域創成科学研究科

先端エネルギー工学専攻教授

 

小紫 公也

 

5月19日 9:40〜11:10

  1.ワイヤレスエネルギー伝送とその応用

       (1) 電気自動車・電動飛行機への給電

       (2) バッテリレス・マイクロデバイスへの給電

       (3) 定点間のエネルギー輸送

  2.磁気共鳴伝送理論

       (1) 電磁誘導の基礎

       (2) 結合回路と理論伝送効率

       (3) 結合方程式を用いた伝送特性解析

       (4) 等価回路を用いた伝送特性解析

  3.磁気共鳴伝送実験

       (1) 高Q値コイル

       (2) 伝送距離と伝送効率

  4.今後の技術展望

       (1) 高Q値アンテナの製作

       (2) 近距離での共振周波数マッチング

       (3) 4素子伝送による高効率化

       (4) 適用例

             車、ヘリコプターモデル

産業機器用非接触給電技術/システムの高効率化・開発動向と応用例及び今後の展開

東洋エレクトロニクス

設計部開発1課

事業開発課長

 

洲崎 泰利

 

5月19日 11:20〜12:50

  1.非接触給電技術の概要

       (1) 非接触給電の各方式

       (2) 近傍界と遠方界、磁界と電界と電波

       (3) 使用周波数と波長、給電電力の範囲

       (4) 共振回路と共鳴方式について

       (5) 最近の動向と今後の展望

  2.電磁誘導方式の技術詳細

       (1) 電磁誘導による非接触給電の原理

       (2) スポット給電方式とレール方式

       (3)  IPS非接触給電システムの詳細

  3.低損失/高効率化技術

       (1) 総合効率と各部での損失発生状況

       (2) 低損失パワーエレクトロニクス部品のポイント

       (3) 低損失回路実現のための具体策

       (4) 高効率化のための手法

  4.安全対策および電波法対応

       (1) 人体防護(電波防護指針、ICNIRP)

       (2) 電波法対策(微弱無線局、高周波利用設備)

       (3) 誘導加熱対策

  5.産業用途での実用化例、応用例

       (1) EV(電気自動車)、LRT(路面電車)など

       (2) 工場内搬送システム、クレーンなど

       (3) 電動自転車、自動搬送車、ロボット、電動工具など

       (4) 特殊環境への応用(隔壁、水中、回転体など)

       (5) 市販品の例

自動車用非接触給電技術/システムの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

潟eクノバ

研究調査二部

部長

 

保田 富夫

 

5月19日 13:30〜15:00

  1.電気自動車用充電システムの概要

       (1) 充電システムの開発状況

       (2) 充電システム方式とシステム構成

  2.電気自動車用非接触充電技術の概要

       (1) 電気自動車用としての要求項目

       (2) 非接触充電技術の方式と開発状況及び課題

  3.電磁誘導方式非接触給電技術の開発状況

       (1) 電磁誘導方式非接触給電技術の開発動向

       (2) 非接触給電用トランスの構造による分類

       (3) 共振方式と給電トランス特性

       (4) 巻線方式と給電トランスの給電特性

       (5) 自動車用非接触給電システムの給電特性

  4.今後の展開

       (1) 非接触充電システムへの展開

       (2) 大容量化への展開

移動式ワイヤレス電力伝送技術/システムの概要・開発動向と応用及び今後の展開

龍谷大学

理工学部電子情報学科

教授

 

粟井 郁雄

 

5月19日 15:15〜16:45

  1.ワイヤレス電力伝送の次元

       (1) 伝送システムの次元と移動範囲

       (2) 1次元伝送の特徴

       (3) 線路結合方式の必要性

       (4) 応用の可能性

             電気自動車走行中充電、電車のパンタグラフ除去

             工場内搬送システム、他

  2.マイクロ波回路における方向性結合器/フィルタ

       (1) 方向性結合器/フィルタの原理・応用

       (2) ワイヤレス電力への応用における問題点

  3.問題点の解決法

       (1) 線路の一様化

       (2) ブロードサイド結合

       (3) TEMモードとの訣別

       (4) 整合の回復と結合度の向上

  4.線路結合型ワイヤレス電力伝送システム

       (1) 現在までの到達点

       (2) 解決すべき問題点

       (3) CRLH線路による小型化

 

戻る