位置ずれに強く、大エアギャップ、大電力化、高効率化、低コスト化を大幅に実!!

新世代共鳴型ワイヤレス給電・電力伝送

技術/システム開発動向応用及び今後展開

新技術の開発が相次ぎ、携帯電話等の携帯端末・機器、デジタル家電機器、電気自動車等への応用が本格!!

■日時 7月13日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

新しいワイヤレス給電技術“電磁共鳴”の開発動向と携帯・家電・産業機器への応用及び今後の展開

東京大学大学院

新領域創成科学研究科

客員共同研究員

 

居村 岳広

 

7月13日 9:40〜11:40

  1.ワイヤレス電力伝送の背景と4方式

       (1) ワイヤレス電力伝送の需要背景

       (2) 電磁誘導方式

       (3) 電磁界共振結合(電磁共鳴)方式

       (4) マイクロ波電力伝送方式

       (5) レーザー電力伝送方式

  2.電磁界共振結合(電磁共鳴)

       (1) 磁界共振結合

       (2) 電界共振結合

       (3) 等価回路による考察

       (4) オープン・ショート型アンテナ

       (5) 電力と効率

       (6) kHz〜MHz〜GHz

       (7) 一般的な電磁誘導と電磁共鳴の比較

       (8) 最大エアギャップ・最大効率(理論限界)

  3.携帯・家電・産業機器への応用動向

       (1) 海外動向(WiTricity、クアルコム等)

       (2) 国内動向

  4.課題と今後の展望

       (1) システムとしての電磁界共振結合

       (2) 電気自動車用の位置ずれに強い非対称アンテナの開発

       (3) 中継コイルがもたらすアプリケーションへの可能性(動画)

       (4) まとめ

                            〈質疑応答〉

共鳴型ワイヤレス給電システムの新しい設計法・事例と応用及び留意点・課題

龍谷大学

理工学部電子情報学科

教授

 

粟井 郁雄

 

7月13日 12:30〜14:30

  1.共鳴型システムの本質

       (1) 回路理論上の特徴(MITの出した理論では設計できない)

       (2) 2段帯域通過フィルタの理論(整合条件を内包している)

       (3) ワイヤレス給電への適用(共振周波数、結合係数、外部Qの3つの量が求まれば設計可能)

  2.設計法の概説

       (1) 共振周波数の測定(以下すべてVNA、又はオシロスコープで測定可能)

       (2) 結合係数の測定(共振器の形状・向き、相互距離などの関数)

       (3) 外部Q、無負荷Qの測定(外部Qは整合条件、無負荷Qは伝送損失を決定する)

       (4) 設計の手順(上記の順に決定していく)

  3.設計例の解説

       (1) 対称的なシステム(マイクロ波BPF設計の標準形)

       (2) 共振器間距離の変更(近すぎても双峰特性にはならない)

       (3) 負荷抵抗の変更(あらゆる負荷に対して整合)

       (4) 共振周波数の調整必要性と方法(これが弱点、調整が必要)

  4.留意点・課題

       (1) システムの損失評価(共振器の結合係数と、無負荷Qによってあらかじめ予測できる)

       (2) 共振器の選択基準(小型化、低損失・長距離伝送、低放射電力の何が必要か)

       (3) 共振器と回路との整合(共振器間距離の大きいときに困難増加)

       (4) 放射損失の抑制(共振器の放射Qの極大化法と測定法の確立が必要)

                            〈質疑応答〉

電磁誘導から磁気共鳴に向かうEV用非接触給電システム

昭和飛行機工業

特殊車両総括部

EVP事業室技師長

 

橋 俊輔

 

7月13日 14:45〜16:45

  1.非接触給電技術の必要性

       (1) 充電インフラのニーズ

       (2) 接触式充電インフラにおける課題

       (3) 充電インフラに非接

       (4) 充電インフラにおける非接触電力伝送方式の比較

  2.電磁誘導非接触給電システムの開発変遷

       (1) 電磁誘導電力伝送の原理と基本技術課題

       (2) 電気自動車における電磁誘導電力伝送技術

       (3) 従来の電磁誘導電力伝送方式の課題

  3.実用化と応用例

       (1) 新たな電磁誘導非接触給電システムの開発

       (2) 電気自動車への実用化

       (3) 車両に搭載しての社会実験

  4.課題

       (1) 健康への影響度と安全対策

       (2) 電波法の課題と道路上設置要件

       (3) 標準化

       (4) 誘導加熱の問題

  5.今後の展開

       (1) 電磁誘導と磁界共鳴

       (2) 中距離用電磁誘導システムの開発内容

       (3) 電磁誘導による走行中車輌への給電の課題

       (4) 磁界共鳴による走行中車輌への給電システム

                            〈質疑応答〉

                         【主催】日本技術情報センター   TEL 03-3374-4355   ホームページ http://www.j-tic.co.jp   〔2010年開催〕

 

戻る