無線センサネットワーク、ユビキタス、ヘルスケア、医療、自動車等への早期実用化目指す!!

最新マイクロ環境発電技術/デバイス

概要・開発動向応用及び今後展開

一次電池レス、高利便性、メンテナンスフリー、省エネ、クリーンエネルギーを実現する新世代、究極のエコ電源!!

■日時 7月27日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:50〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

マイクロ環境振動発電技術/デバイスの研究・開発動向と応用及び今後の展開

東京大学

大学院工学系研究科

機械工学専攻教授

 

鈴木 雄二

 

7月27日 9:50〜11:50

  1.マイクロ環境振動発電の概要

       (1) マイクロエネルギーとは   (3) なぜ振動発電か?

       (2) 環境発電のさきがけ   (4) 環境振動発電のアプリケーション

  2.マイクロ環境振動発電の原理

       (1) 振動系の基礎     (3) 振動発電器の理論効率

       (2) 振動発電器の理論出力   (4) 振動発電器のモデル

  3.機械振動−電力変換技術

       (1) 電磁誘導   (3) 静電誘導

       (2) 圧電     (4) エレクトレット

  4.エレクトレットを用いた静電誘導発電技術

       (1) エレクトレットの歴史   (4) 理論発電量と最適インピーダンス

       (2) エレクトレットの基礎   (5) 東京大学での開発状況

       (3) 発電器モデル

  5.マイクロ振動発電器の最新研究開発動向と課題

       (1) 欧米での取り組み   (3) PowerMEMS 国際会議での動向

       (2) 我が国での取り組み   (4) 今後の課題と将来展望

  6.まとめ

                            〈質疑応答〉

エレクトレット小型振動発電技術/デバイスの概要・開発動向と応用及び今後の展開

オムロン

技術本部

コアテクノロジーセンタ主幹

 

土居 仁

 

7月27日 12:30〜13:30

  1.開発の概要

       (1) 開発背景と開発コンセプト

       (2) 発電原理とエレクトレット発電デバイスの特徴

  2.作製した小型振動発電デバイスの特性

       (1) 外観と構造

       (2) 出力波形と電力算出方法

       (3) 発電電極部と発電機後部の設計ポイント

       (4) 環境振動データと発電可能な振動領域

  3.自己発電型無線センシングモジュールの駆動実験

       (1) 外観とブロック図     (3) 実験概要と結果

       (2) 整流回路と蓄電素子

  4.小型振動発電デバイスの応用

       (1) 高速高架橋のヘルスモニタリング用途と発電実験

       (2) その他の応用

  5.まとめ

                            〈質疑応答〉

マイクロ熱電発電技術/モジュールの概要・開発動向と応用及び今後の展開

九州工業大学

大学院工学研究院

機械知能工学研究系准教授

 

宮崎 康次

 

7月27日 13:45〜15:15

  1.熱電発電の概要

       (1) 熱電発電とは     (3) マイクロ熱電発電の例

       (2) 熱電発電の現状     (4) アプリケーション

  2.熱電発電の原理

       (1) 熱電発電の効率     (3) 熱電材料の評価

       (2) ナノ構造熱電材料

  3.研究室での取り組み

       (1) 作製方法     (3) 熱電特性測定

       (2) デバイスの設計指針

  4.マイクロ熱電発電技術の今後

       (1) 欧米での取り組み     (3) 国際熱電会議での動向

       (2) 我が国での取り組み     (4) 今後の課題と展望

  5.まとめ

                            〈質疑応答〉

電磁エネルギーを利用した環境発電技術の概要・開発動向と応用及び今後の展開

東京大学

大学院情報理工学系研究科

電子情報学専攻助教

 

川原 圭博

 

7月27日 15:30〜17:00

  1.エネルギーハーベストとアプリケーション

       (1) 概要     (3) 技術課題

       (2) 産業ニーズ

  2.環境に存在する電磁界エネルギー

       (1) 原理と特徴     (3) 無線電力伝送方式

       (2) 電気電子機器利用に伴うノイズ

  3.応用事例

       (1) 電磁誘導の応用事例 (昭和飛行機工業、NEC)

       (2) 電磁共鳴の応用事例 Witricity、Qualcomm、Sony、長野日本無線)

       (3) 電磁波方式の応用事例 Powercast、Intel)

  4.放送通信用電波からの環境発電

       (1) 電波防護指針と周波数割当

       (2) 東京都心部における測定調査

       (3) エネルギー回収可能性

  5.今後の展開

                            〈質疑応答〉

                         【主催】日本技術情報センター   TEL 03-3374-4355   ホームページ http://www.j-tic.co.jp   〔2010年開催〕

 

戻る