振動、熱、光、電波等を電力に変換する環境発電に向けた超低電力製品の開発相次!!

環境発電用超低電IC/モジュール

開発・技術動向応用例及び今後展開

一次電池レス、高利便性、メンテナンスフリー、クリーンエネルギー、省エネを実現する環境発電の導入が本格化!!

■日時 7月28日(水)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:50〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

国内外にみる環境発電用超低電力デバイスの概要・最新動向と応用及び今後の展望

鰍mTTデータ経営研究所

社会・環境戦略コンサルティング本部

シニアスペシャリスト

(兼)信州大学

繊維学部特任准教授

 

竹内 敬治

 

7月28日 9:50〜10:50

  1.環境発電・蓄電技術の概要と国内外開発動向

  2.超低電力IC/モジュールの最新動向

       (1) inear Technology

       (2) reenPeak Technologies

       (3) ymbet

       (4) icrochip

       (5) その他

  3.今後の展望

  4.エネルギーハーベスティングコンソーシアム

                      〈質疑応答〉

テキサス・インスツルメンツにおける環境発電用超低電力デバイスの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

日本テキサス・インスツルメンツ

マーケティング/応用技術統括部フォーカスド

EEマーケティングエネルギー分野担当

 

酒井 正充

 

7月28日 11:00〜12:30

  1.エネルギーハーベスト概要

  2.超低消費電力ICを実現する技術

  3.エネルギーハーベストへの製品展開

  4.エネルギーハーベストの応用事例

  5.産学連携研究の紹介

  6.デモンストレーション

                      〈質疑応答〉

エンオーシャンにおける自己発電無線送信技術/モジュールの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

加賀電子

グループ事業戦略室

マネージャー

 

木島 圭一

 

7月28日 13:10〜14:10

  1.応用分野

       ビルオートメーション、ファクトリオートメーション、自動車、飛行機、医療

  2.技術内容

       (1) システム・アーキテクチャー

       (2) ハーベスター

       (3) モジュール

       (4) ソフトウェア

       (5) 知財関連

  3.自己発電無線システムの優位性

  4.ビルオートメーションに寄与するセンシングシステム

  5.エンオーシャン・アライアンス

  6.モジュール構成

  7.技術基盤

                      〈質疑応答〉

エネルギーハーベスト対応ZigBeeワイヤレスセンサネットワークの開発・技術動向と応用及び今後の展開

且R 武

技術開発本部

商品開発部主席研究員

 

鄭 立

 

7月28日 14:20〜15:20

  1.ワイヤレス・センサ・ネットワーク

       (1) 近距離無線の標準化

       (2) ユーザ使用事態調査

       (3) ワイヤレスセンサの低消費電力化

  2.IEEE802.15.4

       (1) 周波数帯域とチャネル

       (2) スペクトラム拡散

       (3) アクセス制御方式 CSMA

  3.ZigBeeネットワーク

       (1) ZigBeeとは     (3) トポロジ

       (2) デバイスタイプ     (4) ルーティング

  4.低消費電力ワイヤレスセンサの開発

       (1) エネルギーハーベスト技術

       (2) ZigBeeワイヤレスの開発

       (3) ワイヤレスセンサの低消費電力化

                      〈質疑応答〉

エナジーハーベスティング対応IEEE802.15.4モジュールの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

ジェニック社

アジア フィールド アプリケーションズ

マネジャー

 

エイドリアン ウォー

 

7月28日 15:30〜17:00

   ジェニック社では、次世代ワイヤレスセンサネットワークに必須となる

   各種エナジーハーベスティング技術を有するパートナーと共同でデモ

   ンストレーションプラットフォームの開発を行っております。

   このシステムは、ジェニック社製の超低消費電力で高性能なIEEE802.

   15.4無線機能付き32ビットマイコンにより実現されています。

 

  1.環境エネルギーの供給源

  2.無線モジュールの開発・技術動向

       IEEE802.15.4トランシーバーの消費電力

  3.エナジーハーベストのケーススタディー

       (1) 太陽光発電

       (2) 環境熱発電

       (3) 振動発電

       (4) 電力伝送

  4.デモンストレーション

                      〈質疑応答〉

                         【主催】日本技術情報センター   TEL 03-3374-4355   ホームページ http://www.j-tic.co.jp   〔2010年開催〕

 

戻る