新材料、新技術、極低電圧動作回路、MPPT技術、二次電池の画期的な開発が相次ぐ!!

活発化するマイクロ環境発電・蓄電技術/

デバイス開発動向応用例及び今後展開

国内企業の新規参入が相次ぎ、実用化、事業化が急ピッチで進むエネルギーハーベスティングの最新動向を探!!

■日時 10月19日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:50    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

環境発電用極低電圧・低電力動作回路/MPPT技術の設計法と開発事例及び今後の展開

ナノパワーソリューション

代表取締役社長 CEO

 

秋田 晋一

 

10月19日 9:40〜11:10

  1.環境発電とMPPT技術

  2.環境発電

       (1) 0.3V極低電圧回路技術

       (2) 要求される半導体プロセス技術

  3.MPPT技術

       歴史、方式分類メリットデメリット、特許調査

  4.MPPT回路スパイスシミュレーション方法

  5.太陽電池スパイスモデルの作り方

  6.新MPPT技術

       (1) 基本原理

       (2) 回路実例

  7.市販DCDCコンバーターにMPPT制御をかける方法

  8.MPPT装置のPCによる評価ツール実例

  9.手持ちの電源を太陽電池シミュレータに改造する方法

                      〈質疑応答〉

マイクロ熱電発電技術/デバイスの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

シチズン時計

技術開発本部開発センター

時計開発部先行開発課長

 

渡辺 滋

 

10月19日 11:20〜12:50

  1.マイクロ熱電発電素子の開発背景

       (1) 発電を利用した腕時計

       (2) 熱電変換と熱発電素子

  2.求められるマイクロ熱電発電素子と実現手法

       (1) 熱電発電素子の一般的性能

       (2) 体温を利用した発電利用の可能性

  3.マイクロ熱電発電素子の製造方法

       (1) 熱電発電素子の材料

       (2) 膜形成によるデバイス化

       (3) 微細加工を用いた新規製造方法

  4.マイクロ熱電発電素子の構造と評価

  5.体温発電により駆動する腕時計

       (1) 腕時計構造と発電特性

       (2) 体温発電に与える環境影響

       (3) 体温発電に与える人的影響

  6.熱電発電素子の展開

                      〈質疑応答〉

IPS社における環境発電用全固体マイクロエナジーセル(二次電池)の開発・技術動向と応用例及び今後の展開

東京エレクトロン デバイス

グリーンプロダクト推進部

副参事

 

新谷 浩造

 

10月19日 13:30〜14:30

  1.全固体マイクロエナジーセルの概要

  2.IPSインフィニット・パワー・ソリューションズ)社の開発の経緯とその特長

  3.環境発電(エナジーハーベスト)への親和性

  4.ワイヤレスセンサーノード(WSN)への応用事例

  5.アクティブRFIDカードへの応用事例

  6.その他の応用事例

  7.デモンストレーション

  8.今後の展開

                      〈質疑応答〉

新磁歪材料を用いたマイクロ振動発電素子の開発・技術動向と応用及び今後の展開

金沢大学

理工学域電子情報学類

准教授

 

上野 敏幸

 

10月19日 14:40〜15:40

  1.磁歪材料

  2.鉄ガリウム合金

  3.マイクロアクチュエータの開発

  4.磁歪材料を用いた振動発電の原理と特徴

  5.実験結果

  6.応用の可能性、市場

       (1) 携帯電子機器(携帯電話、携帯音楽プレーヤ等)

       (2) 自動車用センサ(タイヤ空気圧モニタ等)

  7.デモンストレーション

                      〈質疑応答〉

強誘電ポリマーを用いた振動発電システムの開発・技術動向と応用及び今後の展開

東京理科大学

理学部応用物理学科

助教

 

中嶋 宇史

 

10月19日 15:50〜16:50

  1.デモンストレーション

  2.圧電材料を用いた振動発電の実用化例

  3.強誘電ポリマーとは

       構造、電気特性、応用例

  4.強誘電ポリマーを振動発電に用いる利点

  5.実験結果

  6.発電特性の高効率化

       インピーダンスマッチングと材料設計指針

  7.応用可能性

       床発電シート、携帯型発電デバイス、センサ用自立発電電源

  8.強誘電ポリマーを用いた振動発電の海外動向

                      〈質疑応答〉

                         【主催】日本技術情報センター   TEL 03-3374-4355   ホームページ http://www.j-tic.co.jp   〔2010年開催〕

 

戻る