本格普及に向け画期的な次世代技術・製品の開発が急速に進み、新たな時代に突入!!

新型製品相次ぐRF-MEMSデバイス

開発・技術動向応用及び今後展開

新開発により高性能、小型、低電力、低コスト化を大幅に実現。 携帯電話等の携帯端末、無線搭載機器への導入が活発!!

■日時 10月21日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:00〜16:50    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

ダイヤモンドシリコンウェハーを用いたRF-MEMSデバイスの開発・技術動向と応用及び今後の展開

アドバンスド・ダイヤモンド・

テクノロジーズ社

日本担当マネージャー

 

ト ベリ

 

10月21日 9:00〜10:00

  1.ダイヤモンドシリコンウェハーの概要とメリット

  2.UNCD CVD薄膜製造のプロセス

  3.UNCDウェハーを用いたMEMSデバイスの作成プロセス

  4.RF-MEMSへの応用および取り組み

       RF共振器(esonator)、RFフィルタ、RFスイッチ

  5.今後の展開

                      〈質疑応答〉

RF-MEMS技術を駆使したアダプティブアンテナチューニングモジュールの開発・技術動向と応用及び今後の展開

TDK-EPC

SAWビジネスグループアンテナ設計課

メインアンテナ開発グループ主査

 

佐藤 俊弥

 

10月21日 10:10〜11:20

  1.TDK-EPCのRF-MEMSへの取り組み

  2.携帯電話用アダプティブアンテナチューニングの概要

  3.TDK-EPCのRF-MEMS技術

  4.TDK-EPCのローコストアダプティブアンテナチューニング

      モジュール製品化動向

  5.アダプティブアンテナチューニングモジュールの応用

  6.今後の展開

                      〈質疑応答〉

集積化CMOS-MEMS技術とRF-MEMSへの応用

NTTアドバンステクノロジ

先端プロダクツ事業本部ナノテク

ビジネスユニット主幹担当部長

 

町田 克之

 

10月21日 11:30〜12:30

  1.集積化CMOS-MEMSに期待するもの

  2.集積化CMOS-MEMSの概要

  3.集積化CMOS-MEMS技術のための要素技術

  4.RF-CMOS-MEMS技術

  5.まとめ

                      〈質疑応答〉

オムロンにおける新型RF MEMSスイッチの開発・技術動向と応用及び今後の展開

オムロン

マイクロデバイス事業部

商品部主事

 

城島 正男

 

10月21日 13:10〜14:40

  1.開発の背景

       (1) オムロンのMEMSへの取り組み

       (2) 従来RF MEMSスイッチについて

       (3) 新型RF MEMSスイッチについて

  2.新型RF MEMSスイッチの開発

       (1) 新型RF MEMSスイッチのターゲット市場

       (2) 新型RF MEMSスイッチの特徴

       (3) 次世代携帯電話、モバイル機器等への応用例

       (4) 今後の課題

  3.今後の展望

       今後のRF MEMSスイッチの展開

                      〈質疑応答〉

東芝におけるRF-MEMS可変容量デバイス/WLPの開発・技術動向と応用及び今後の展開

鞄 芝

デバイスプロセス開発センター

技監

 

柴田 英毅

 

10月21日 14:50〜16:50

  1.微細CMOS技術の課題とMEMS/CMOS融合への期待

  2.MEMS市場分析から見えるもの

       自動車、医療、携帯機器

  3.LSIメーカーが目指すべきMEMS市場と具体的なターゲット

  4.RF-MEMS可変容量デバイス/WLP技術の開発状況

       (1) MEMS化のメリットと競合技術との特性比較

       (2) 静電駆動型可変容量デバイスの概要と特徴

       (3) 低コストWLP(ウエーハレベルパッケージ)技術の概要と特徴

             真空気密封止、実圧気密封止

       (4) CMOSとのSiP化による集積型MEMSと信頼性評価結果

       (5) SoC(CMOS混載MEMS)による低背化、低コスト化の要求

       (6) 将来のアプリケーション拡大シナリオ

  5.総括

                      〈質疑応答〉

                         【主催】日本技術情報センター   TEL 03-3374-4355   ホームページ http://www.j-tic.co.jp   〔2010年開催〕

 

戻る