ワイヤレス給電の画期的な新技術・設計法を開発された粟井郁雄博士が直接指!!

BPF理論を用いた共鳴型ワイヤレス給電システム

設計法具体例及び新しい移動式給電システム

共鳴型の実現に最適なBPF理論を使った最新設計とその実際及び、新開発の移動式給電技術・システムを詳説!!

■日時 3月9日(水)    ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45   東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

 

●講師

      龍谷大学

      理工学部電子情報学科

      教授

      工学博士

 

    粟井 郁雄

 

【経歴・活動】

昭和38年京都大学工学部電子工学科卒業。昭和43年同大学大学院博士課程修了。

同年京都大学助手。 以来マイクロ波帯における磁気波の研究、光集積回路の研究に

従事。昭和59年潟ニデン技師長、各種無線機の開発を担当。 平成2年山口大学工

学部教授、静磁波デバイス、誘電体フィルタ、平面形フィルタ、超伝導フィルタ、人工誘

電体の研究に従事。平成16年龍谷大学理工学部教授、共振器、フィルタ、メタマテリア

ルのマイクロ波応用、非接触電力伝送の研究を行っている。

平成14年電子情報通信学会論文賞受賞。同学会マイクロ波研究専門委員会委員長、

IEEE MTT-S Japan Chapter Chairman, IEEE Hiroshima Section Chairman, IEEE

MTT-S Kansai Chapter Chairmanを歴任。

電子情報通信学会フェロー、IEEE Fellow。

      【講師のお言葉】

      MITによって提案された共鳴型ワイヤレス給電システムは2段の帯域通過フィルタ(BPF) であるという立場

      から、当システムの設計法を構築した。 提案者による結合モード理論解析やアンテナ理論解析がこれまで

      試みられているが、いずれも複雑すぎて設計理論とはなりえないため、BPF理論が現状では唯一の設計理

      論である。このため難解なBPF理論をワイヤレス給電システムに使えるよう分かりやすく解説する。

      これによれば、構成共振器の無負荷Qと結合係数がシステムの損失を決めるキーパラメータであることが理

      解できる。 また共振器2個のシステムだけでなく3個やそれ以上のシステムについてもこの理論は容易に拡

      張可能であることを含め、いくつかの典型的な設計例を示して理解を助ける。

      次に、講師らはマイクロ波回路でよく知られた方向性結合器を改造して、移動式給電システムを並行的に開

      発している。 このシステムは給電線が単純な線路でよいと言う特徴を有し、10MHzでは20cm程度の結合

      距離が取れる。しかし低周波化と共に大型化するためその解決が課題である。

      

           1.BPF設計理論

               (1) BPF設計理論の新しい応用

               (2) BPF設計理論のワイヤレス給電への適用

               (3) 電力透過係数に基づく入力インピーダンス

               (4) 連分数展開と原型ローパスフィルタのg値

               (5) 原型ローパスフィルタの規格化素子値

               (6) 周波数変換

                     (@) LPF  (A) HPF  (B) BPF

               (7) インバータ

               (8) インバータを用いた回路変換

               (9) BPFへの周波数変換と等価回路による設計

               (10) 3定数による設計の根拠

           2.共鳴型ワイヤレス給電システムの設計

               (1) 設計法

               (2) 共振周波数

               (3) 結合係数

               (4) 外部k(外部Q)および無負荷Q

               (5) 設計と実験

               (6) 伝送損失

               (7) 多段化

           3.共振器の選択と測定法

               (1) 結合係数の制御

               (2) 外部kの制御

               (3) 無負荷Qの最大化

               (4) 各種パラメータの測定

               (5) システム製作の注意点

           4.新しい移動式ワイヤレス給電システムの現状

               (1) 移動式の原理と応用

               (2) 線路/線路結合型

               (3) 線路/共振器結合型

               (4) 解決すべき課題

               (5) デモ実験

                         〈質疑応答〉

 

                         【主催】日本技術情報センター   TEL 03-3374-4355   ホームページ http://www.j-tic.co.jp   〔2011年開催〕

 

戻る