Qi対応のチップセット、デバイスが市場投入され、本格普及に向けて活気づく!!

携帯・小型機器におけるワイヤレス充電・電力伝送

技術/システム開発動向応用例及び今後展開

充電の高利便性を実現するWPCのQi規格製品を国内の主要メーカ数社が春から夏にかけて発売を予定!!

■日時 4月22日(金)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:50   東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

eCoupledテクノロジーによるワイヤレス充電技術の概要・最新動向と応用例及び今後の展開

フルトン・イノベーション社

日本代表

 

平山 眞

 

4月22日 10:00〜11:00

  世界に先駆けて開発したeCoupledテクノロジーは、Dell社が発売した

  ノートパソコンやケースメイト社のiPhoneジャケットに搭載された。

  また、1月のCESにおいてテスラモーターズ社の電気自動車でワイヤ

  レス充電のデモを実施した。

  現在、複数の携帯電話機、スマートフォン、パソコン、家電製品、家具、

  電動工具等の国内外の大手メーカが採用を検討している。

 

  1.フルトン・イノベーション社について

       (1) ミッション    (3) フルトン・イノベーション社の強み

       (2) アルティコア・コーポレーション

  2.eCoupledテクノロジー

       (1) ワイヤレス充電

       (2) スケーラブル(ミリワット→キロワット)

       (3) アダプティブ・アルゴリズム

       (4) eCoupled vs. コンペティション

       (5) システム・ブロック図

       (6) 健康面への配慮

       (7) 安全性

       (8) 干渉

  3.eCoupled応用例

  4.今後の展開

       TI社とのパートナーシップ

              〈質疑応答〉

WPC準拠ワイヤレス充電用チップセットの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

日本テキサス・インスツルメンツ

マーケティング/応用技術統括部

パワーアプリケーション主任技師

 

惠美 昌也

 

4月22日 11:10〜12:10

  1.WPC準拠ワイヤレス充電技術

       (1) ワイヤレス充電技術の概要

       (2) WPCの活動内容と動向

  2.テキサス・インスツルメンツのワイヤレス充電用チップセット

       (1) bqTESLA製品

       (2) bqTESLAの構成と動作原理

  3.WPC仕様書の解説

  4.ワイヤレス充電技術の今後の展開

       (1) ターゲットアプリケーション

       (2) パソコン、電気自動車等への展開

  5.開発キットとデモンストレーション

                      〈質疑応答〉

コンビニエントパワー社にみるWPC準拠ワイヤレス充電機器の開発・技術動向と応用例及び今後の展開

エム・シー・エム・ジャパン

取締役

 

工藤 雅道

 

4月22日 13:00〜14:00

  ワイヤレス給電の標準規格がWPCによって昨年リリースされました。

  規格に準拠した製品として世界で最初に販売開始されたのがコンビニエン

  トパワー社により設計開発されたトランスミッターとレシーバーです。

  エム・シー・エム・ジャパンはコンビニエントパワー社の代理店として活動し

  ており、日本でも4月よりiPhone4用製品の販売開始が予定されています。

  また、現在多くの携帯機器メーカーが、携帯端末の位置自由度の高いコン

  ビニエントパワー社のコイルアレイ技術の採用を検討されています。

 

  1.ConvenientPower社概要とWPC活動

  2.WPC準拠ワイヤレス給電技術

       (1) レシーバー

       (2) トランスミッター

       (3) 電波法

  3.製品と今後の展開

       (1) コイルアレイ方式

       (2) ワイヤレス給電パッド「Dragon」

       (3) 今後の製品展開

  4.ワイヤレス充電市場予測

              〈質疑応答〉

ワイヤレス充電普及の条件・予測及びWPCの標準化動向と規格適合認定

潟tィリップスエレクトロニクスジャパン

知的財産・システム標準本部

システム標準部長

 

黒田 直祐

 

4月22日 14:10〜15:10

  1.ワイヤレス充電普及の条件

  2.ワイヤレス充電普及予測

  3.WPCの現状

  4.Low Power規格の基本コンセプト

  5.WPC規格適合認定について

       (1) 規格適合認定試験に関連する主な役割

       (2) 規格適合認定試験の準備

       (3) 認証と登録(新規製品)

       (4) 登録(極めて類似した製品)

       (5) 市場調査

  6.認定ラボへのステップ

                      〈質疑応答〉

家電機器におけるワイヤレス充電・電力伝送技術/システムの概要・開発動向と応用例及び今後の展開

パナソニック電工

電器事業本部電器R&Dセンター

メカトロデバイス技術開発グループ

 

北村 浩康

 

4月22日 15:20〜16:50

  1.非接触充電のメリットと実用化例

       (1) メリットと訴求ポイント

       (2) 実用化の歴史

  2.非接触充電システム

       (1) システム構成

       (2) 出力特性

       (3) 技術課題

  3.非接触充電駆動回路

       (1) 回路構成例

       (2) 回路動作

       (3) 非接触充電用トランス

       (4) 待機電力低減

       (5) 金属異物対策

  4.平面コイルを用いた非接触充電

       (1) 薄型コイルを用いた非接触充電

       (2) 薄型コイルと汎用コアを用いた非接触充電

       (3) 磁場解析を用いた非接触充電位置ずれ

       (4) 試作回路

  5.非接触電力伝送の応用例

       (1) 誘導加熱装置

       (2) システム概要

              〈質疑応答〉

                             【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2011年開催〕

 

戻る