高速、高密度、小型、低電力、低コスト化を大幅に実現する画期的な新技術が相次!!

具体化する次世代インターコネクション

開発・技術動向応用例及び今後展開

データの大容量高速伝送化が一段と進み、電気配線で新たに発生する極めて対処困難な諸問題を一挙に解!!

■日時 8月23日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

光インターコネクション用送受信光デバイス/モジュールの開発・技術動向と応用及び今後の展開

古河電気工業

ファイテルフォトニクス研究所

OUチーム開発グループリーダー

 

那須 秀行

 

8月23日 9:40〜11:10

  1.光インターコネクションの背景

       (1) 情報の大容量化

       (2) グリーンIT

  2.光インターコネクションの技術トレンド

       (1) 光配線の形態

       (2) 高速化

       (3) 低消費電力化

  3.アクティブ光ケーブル

       (1) アクティブ光ケーブルの種類

       (2) 構造と部品

  4.小型並列光モジュール

       (1) 高密度光インターコネクション

       (2) 各種光モジュールの構造と特性

  5.使用される波長と発光・受光デバイス

       (1) 面発光レーザ

       (2) フォトダイオード

       (3) 使用される波長

  6.今後の展望と課題

                      〈質疑応答〉

光電気複合配線技術/基板の概要・開発動向と応用例及び今後の展開

住友ベークライト

光電気複合インターポーザ事業

開発推進部主任研究員

 

藤原 誠

 

8月23日 11:20〜12:50

  1.光電気複合配線技術の概要

  2.弊社導波路の新規開発材料及びプロセス

       (1) 高耐熱/高透明性ポリマー

       (2) 光導波路の加工方法

       (3) フォトアドレス法の説明

  3.新規光導波路/ミラーの特性評価

       (1) 光学特性

       (2) 屈曲特性

       (3) その他の特性

       (4) ミラーの加工方法とその特性

  4.光導波路/光電気複合配線技術・モジュールの適用分野

       (1) ハイエンド分野

       (2) 自動車分野

       (3) 携帯機器分野

       (4) ディスプレイ分野

  5.まとめ

                      〈質疑応答〉

ボードレベル光配線/自己形成光導波路の開発・技術動向と応用例及び今後の展開

東海大学

工学部光・画像工学科

教授

 

三上 修

 

8月23日 13:30〜15:00

  1.ボードレベル光配線の概要

  2.自己形成光導波路の原理

       (1) ファイバ照射法

       (2) 光導波路形状の制御と応用デバイス

  3.マスク転写式による自己形成光導波路

       (1) 製作方法

       (2) 特徴

  4.マスク転写方式の応用デバイス

       (1) 光ピンによる接続

       (2) 光出力ロッド付きVCSEL

       (3) 90度曲がり接続デバイス

       (4) 光プラグと光ソケットによるプラグイン実装

  5.今後の展望

                      〈質疑応答〉

hunderbolt(LightPeak)及び50Gbpsシリコンフォトニクスの開発・技術動向と今後の展開

インテル

技術本部

エンジニア

 

合田 雅博

 

8月23日 15:15〜16:45

  1.Thunderbolt(LightPeak)の概要およびアップデート

       (1) 高速デバイス間通信の必要性

       (2) Thunderbolt(LightPeak)とは

       (3) Thunderbolt対応デバイス

  2.50Gbpsシリコンフォトニクスの概要

       (1) プレスへの発表内容

       (2) 過去50年間の技術革新

       (3) 広帯域幅の必要性

       (4) シリコンフォトニクス技術詳細

       (5) 拡張性及びアプリケーション

                      〈質疑応答〉

                             【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2011年開催〕

 

戻る