懸念されるレアアースの不足、価格急騰の危機を打開するSRモータの最新動向を探る!!

本格普及に向けたスイッチトリラクタンスモータ

開発・技術動向応用例及び今後展開

騒音、振動、トルクリップルが大幅に改善され、最近のレアアース問題を機に事業化、量産化への動きが活発化!!

■日時 11月29日(火)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

スイッチトリラクタンスモータの概要・開発動向と設計法・試作例及び今後の展開

豊田工業高等専門学校

情報工学科

助教

 

加納 善明

 

11月29日 10:00〜12:30

  2010年に顕在化したレアアース資源リスクを背景に、レアアースフリー

  モータが改めて注目されている。

  本講演では、まずレアアースフリーモータの候補として注目される誘導モ

  ータ、SRモータの性能比較ならびに開発動向を紹介する。次に、同一出

  力の誘導モータより、高効率で小型化できるSRモータを取り上げ その

  トルク発生原理・制御方式・回路方式などを概説する。 次に、SRモータ

  の性能評価に必要なモータ磁気回路−電力変換器の連成解析手法につ

  いて紹介する。 最後 同解析手法と最適解探索手法を融合して自律的

  かつ効率的な最適設計を可能とする最適構造設計手法を紹介し アプリ

  ケーションに特化した設計事例と実機による検証結果を紹介する。

 

  1.レアアースフリーモータの開発動向

  2.SRモータの技術開発現状

       (1) 基本構成と駆動原理

       (2) 駆動回路方式

       (3) 運転音の低減策

       (4) トルク特性の改善策、他

  3.用途指向設計例と実機による検証例

       (1) SRモータの性能評価法

       (2) 圧縮機用途設計例

       (3) サーボ用途設計例

       (4) 今後の展開

              〈質疑応答〉

回生型スイッチトリラクタンスモータの開発・技術動向と応用及び今後の展開

長野工業高等専門学校

電気電子工学科

教授

 

青木 博夫

 

11月29日 13:10〜14:40

  Kaiseiモータシステムは株式会社EVモーター・システムズが開発した

  まったく新しい発想のモータ駆動システムである。特徴は、直流方形波

  定電流駆動による電磁石モータで、ステータ、ロータとも凸極であること

  は、スイッチトリラクタンスモータ(SRM)に似ている。

  Kaiseiモータシステムは従来のSRMの実用化の妨げとなっている騒

  音、振動、トルクリップルの問題をほぼ解決し、且つ名前の由来となっ

  たモータの停止まで回生が掛けられることに特長がある。 磁石なしで

  発電する原理から、効率よく回生する理由を述べる。

 

  1.Kaiseiモータの概要

  2.各種モータの比較

  3.モータの基本構造

  4.2象限定電流電源

       (1) チョッパー方式

       (2) 位相制御方式

  5.FFインバータ

  6.EV以外への応用

  7.今後の展望

              〈質疑応答〉

ゲネシスにおけるハイブリッド型スイッチトリラクタンスモータの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

潟Qネシス

代表取締役

 

荻野 三四郎

 

11月29日 14:50〜15:50

  ハイブリッドSRモータ/HBSRは 永久磁石と電磁石の有効磁束を必要時

  に加算し、広範囲のトルク域において高効率が維持され、弱め界磁制御な

  しに高回転が可能なモータである。

  この駆動方式により現在のEV、HEVに使用されているIPMに比べ、小型、

  高出力が可能となり、バッテリー充電寿命が長くなる。

  更に このハイブリッドSR方式により、例えばネオジューム磁石のようなレ

  アアースを使わない、フェライト磁石を使用したモータが可能となった。

  本モータは、永久磁石の閉磁路磁束を励磁パルス信号の電流によって発

  生する磁束と永久磁石の磁束を重畳させてロータ内へ入力させる“有効磁

  束の重畳化効果(特許)”を利用している。 これにより通常SRの持つ広い

  運転領域に加えて高トルク領域が生み出され、 広範囲の高効率を維持が

  可能となる。

 

  1.HBSRモータの構造について

  2.IPMモータ他との比較

  3.電気自動車用モータとしての有効性

              〈質疑応答〉

明和製作所におけるスイッチトリラクタンスモータの開発・技術動向と応用例及び今後の展開

竃セ和製作所

代表取締役社長

 

生野 岳志

 

11月29日 16:00〜17:00

  福岡の中小企業でありながら、10年以上前から開発に取組み、国内

  では数少ないSRモータを実用製品化している企業である明和製作所

  の代表者が、 これまでの動きと実用化事例、現在の開発動向概要と

  今後の製品化の展望を紹介する。

 

  1.明和製作所モータ事業概要とSRモータ取組み経緯

       (1) 整流子モータのカスタム設計

       (2) 大学との共同研究

  2.SRモータ実用化事例紹介

       (1) 研究開発用途

       (2) 自動車製造ライン

       (3) ガス工事防爆工具

       (4) 業務用高速攪拌機、他

  3.小型EVに向けた開発・量産化の動き

       (1) 小型EV事業展開

       (2) 戦略的基盤技術高度化 研究開発

       (3) レアアースフリー省エネモータの製品化の展望

              〈質疑応答〉

                             【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2011年開催〕

 

戻る