超低コスト・短期間で構築でき、革新的かつ多彩な新M2Mサービスの提供を実現!!

急進展するM2Mクラウド活用システム/サービス

概要・開発動向応用・導入事例及び今後展開

M2Mとクラウドの連携により、従来技術では困難だった全く新しい魅力的なサービスの創出、提供が可能になり、導入が急進!!

■日時 6月28日(木)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

M2Mクラウドのグローバル展開に向けた取り組みと世界標準化概要・動向及び今後の課題・展望

日本電気

グローバルサービス&マネジメント

ビジネス推進センター主席主幹

 

三栖 利之

 

6月28日 9:40〜10:40

  M2Mは、通信事業者を始めとして産業界の各社が新たな収益源とし

  て期待している領域である。また、ETSI(uropean Telecommunications

  tandards Institute)やOMA(pen Mobile Alliance)など、世界標準化

  に向けた活動も活発化している。

  このような状況を踏まえ、グローバル市場においM2Mクラウド事業を

  展開するための様々な取り組みについて説明する。

 

  1.M2M市場動向

  2.M2M世界標準化概要

  3.M2Mクラウドのグローバル展開にむけた取り組み

  4.将来への展望

              〈質疑応答〉

M2Mクラウドを活用したスマートシティの概要・開発動向と応用事例及び今後の展開

鰍mTTデータ

グループ経営企画本部

M2Mクラウド推進室部長

 

吉岡 功二

 

6月28日 10:50〜11:50

  昨今、世界の各地でITを活用したスマートな都市の開発計画、すなわち

  「スマートシティ」の開発計画が進められている。

  そこでは、スマートグリッドのような電力最適化システムをはじめとし、道

  路・橋梁等の都市インフラ、EVを活用した交通システム等、多岐にわた

  っている。

  このような状況の中、M2Mクラウドの活用に関するNTTデータの取り組

  みを、実例を交えながら説明する。

 

  1.グローバル市場におけるスマートシティ開発の動き

  2.M2Mクラウドプラットフォーム構想

  3.スマートシティにおけるM2M技術の適用例

  4.将来に向けて

              〈質疑応答〉

M2Mクラウドを活用したLED照明制御システムの概要・開発動向と応用事例及び今後の展開

潟Iプティクロス

取締役

経営企画室長

 

坂口 卓也

 

6月28日 12:30〜13:30

  現在、LED照明は次世代照明として一般化しつつあります。

  また、急速な技術革新、技術レベルの横並び、価格過当競争等の課題

  も浮上し、持続可能な市場形成がなかなかできないという課題も浮上し

  ています。

  当社では、LED照明を単なる照明機器としてではなく、制御対象デバイ

  スととらえ、M2Mシステムの構築とクラウドを活用したサービス化を推

  進しております。

  本セミナーでは、現状のLED市場の概要と展望、および当社の推進す

  『クラウドLED』 実現に向けた取り組み、さらに他ソリューションとの

  連携等の具体的な戦略についてご紹介します。

 

  1.LED照明市場の現状と展望

  2.LED照明+M2Mクラウドで何が実現できるか

  3.クラウドLEDの基本構成と技術

  4.クラウドLEDの応用と今後の展開

              〈質疑応答〉

M2Mクラウドを活用した産業・工作機械遠隔監視・保守サービスの概要・開発動向と応用事例及び今後の展開

日本電気

第一製造業ソリューション事業部

ソリューション部マネージャー

 

森田 亮一

 

6月28日 13:40〜14:40

  産業機械・工作機械の業界では、M2Mの技術を活用して、グローバル

  での保守サービスの効率性向上や、予防保守の実現による顧客満足度

  の向上等を実現しようとする企業が増えてきています。

  この様な状況を踏まえて、NECの取組みについて紹介します。

 

  1.産業機械業界におけるM2M技術活用の背景

  2.構成する要素について

  3.M2Mクラウドの概要と具体的活用方法の例

              〈質疑応答〉

M2Mクラウドを活用したEV充電インフラ管理サービスの概要・開発動向と応用事例及び今後の展開

鞄立ソリューションズ

エンベデッドシステム事業部

スマートシティ推進室主任技師

 

嶋津 秀昭

 

6月28日 14:50〜15:50

  社会インフラとして安心して使えるEV充電管理サービスとするための

  M2M活用と国内外の動向、および事例として沖縄での商用サービス

  を紹介します。

 

  1.EV充電インフラ管理サービス(emforest/EV)の概要

  2.国内外のEV充電インフラ管理サービスの動向

  3.沖縄での商用サービス事例

  4.今後のEV充電インフラ管理サービスの課題と展開

              〈質疑応答〉

M2Mクラウドを活用したセキュリティシステムの概要・開発動向と応用事例及び今後の展開

ALSOK

開発企画部

開発企画課長

 

干場 久仁雄

 

6月28日 16:00〜17:00

  M2Mクラウドによる警備サービスの発展

  M2Mが登場する以前から、センサー情報の遠隔監視に公衆通信網を

  利用してきた警備業界では、移動体通信とブロードバンドへの対応を進

  める事でお客様の利便性を向上すると共に、近年ではスマートハウスの

  担い手として存在感を強めています。

  本講義では、M2Mクラウドの利用で先行する米国の状況を国際展示会

  (CES、ISC WEST)の報告を含めて解説すると共に、警備サービスと

  システムの最新動向をALSOKの新サービスを含めて解説致します。

 

  1.警備サービス業とは?

  2.米国の警備サービスの状況

  3.M2Mと警備サービスの関係

  4.ALSOKの新サービス群

              〈質疑応答〉

                             【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2012年開催〕

 

 

戻る