携帯・小型機器、センサノードの無電源化を可能にするハーベスタの高効率・低価格化を実!!

低コスト化進む次世代マイクロ環境発電技術/

デバイ概要・開発動向応用及び今後展開

世界最高発電効率の新磁歪材料、世界初の印刷法による低コスト熱電変換素子等、次世代を担う斬新な開発相次!!

■日時 12月17日(月)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜17:00    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

印刷法を用いたフィルム状熱電変換デバイスの概要・開発動向と応用及び今後の展開

独立行政法人 産業技術総合研究所

フレキシブルエレクトロニクス研究センター

表示機能デバイスチーム研究員

 

末森 浩司

 

12月17日 10:00〜11:30

  振動、光、熱、電磁波など、これまでは捨てられていた身の回りのエネルギーを

  電力に変換するエネルギーハーベスティングが、近年大きな注目を集めています。

  機器や設備から排出される廃熱、あるいは体温といった熱エネルギーは、熱電

  変換素子を用いることで電力に変換することができます。

  希少元素を含まない新規熱電変換材料、印刷法により作成したフレキシブル熱

  電変換素子などの、熱によるエネルギーハーベスティングを目指した新規熱電

  変換材料・デバイスに関して、周辺の技術状況も踏まえて報告します。

 

  1.エネルギーハーベスティング

       概要、用途

  2.熱電変換によるエネルギーハーベスティング

       (1) 原理

       (2) 特徴

       (3) 応用事例

  3.フレキシブル熱電変換素子

       (1) フレキシブル熱電変換材料

       (2) 素子作成方法

       (3) 特徴、用途

  4.今後の展開

              〈質疑応答〉

鉄コバルト合金の新磁歪材料を用いた振動発電技術/デバイスの概要・開発動向と応用及び今後の展開

弘前大学

北日本新エネルギー研究所

電動システム工学部門准教授

 

久保田 健

 

12月17日 12:10〜14:10

  鉄ガリウム合金に比べ最大2.5倍の高発電出力と大幅な低コスト化を達成。

  磁歪の大きな合金は、これまで、その電気・機械結合性能の秀逸性から海中

  ソナーやセンサとして用いられてきた。鉄コバルト系合金は、希土類系合金と

  比して磁歪量は10%程度であるが、周辺要素技術の高度化、素材化の容易

  性と高機能性、さらには昨今の資源戦略面から再び注目されるようになった日

  本発の高磁歪合金である。

  現在、本グループでは、同磁歪合金の高機能性を利用し、実用化にむけた実

  証試験及び萌芽的・コンセプト研究を行っている。

  本講演では、弘前大学が開発した新磁歪素材の特徴と 試作デバイスの性能

  試験の結果を紹介し、関連する周辺技術について解説致します。

 

  1.磁歪現象を利用した市販デバイス(概説)

  2.磁歪現象

       (1) 磁歪発現の原理

       (2) 高磁歪合金の性格

       (3) デバイス用途としての磁歪材料

       (4) 外力変換のための方策

  3.鉄コバルト合金振動発電デバイス等

  4.今後の展開と動向

              〈質疑応答〉

電波エネルギーを収穫する環境発電用レクテナ・技術の概要・開発動向と応用及び今後の展開

日本電業工作

事業開発部

第1事業開発グループ長

 

古川 実

 

12月17日 14:20〜15:50

  電池レス機器の電源として注目されている電波エネルギーの収穫方法と

  想定アプリケーションについて紹介する。

  周囲環境に存在する電波の強度は微弱であることから、実用化へ向けて

  は効率的な収穫方法とデバイスが必要となる。

  本講座では、電波エネルギーを収穫するデバイスである 「レクテナ」 の概

  要を説明すると共に想定されるアプリケーションを紹介する。

 

  1.環境に存在する電波エネルギーの概要

       (1) 周囲環境に存在する収穫可能なエネルギー

       (2) 周囲環境に存在する電波エネルギーとその特徴

  2.電波エネルギーハーベスティング技術

       (1) 電波−直流変換デバイス 「レクテナ」 の概要

       (2) 電波エネルギーの効率的な収穫例

  3.ハーベスティングデバイスの開発事例と想定アプリケーション

       (1) 無線LAN波収穫用レクテナ

       (2) 放送波収穫用レクテナ

       (3) 想定アプリケーション

  4.まとめ

              〈質疑応答〉

MEMS技術等を用いた電磁誘導式慣性力発電技術/デバイスの概要・開発動向と応用及び今後の展開

鰍jRI

磁石材料研究室

主任研究員

 

藤井 泰久

 

12月17日 16:00〜17:00

  近年、PVD法による薄膜磁石は、バルク焼結磁石に匹敵する磁気特性

  が得られ応用が期待されています。

  本セッションでは、磁石の体積力を稼ぐためにPVD法により高性能な磁

  石を厚膜化し、それを用いた電磁誘導式エネルギーハーベスティングへ

  の適用検討等について解説します。

 

  1.MEMS振動発電概要

  2.電磁誘導式振動発電従来技術

  3.高性能厚膜磁石の製作

  4.MEMS技術等電磁誘導発電技術

              〈質疑応答〉

                             【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2012年開催〕

 

 

戻る