早期実用化に向け画期的な開発が相次ぐ燃料電池の新動向、課題とその解決法を探!!

モバイル機器用燃料電池要素技術

開発動向及び商用化への取り組み・課題

巨大新市場を形成すると期待され、技術開発、実証実験が活発化する燃料電池。次世代携帯用電源として脚光を浴び!!

■日時 2月23日(水)      ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

 

●講師

横浜国立大学大学院

工学研究院        神谷 信行

機能の創生部門教授

工学博士

 

【経歴・活動】

1966年3月東京工業大学大学院工学研究科修士課程修了。1969年

3月東京工業大学大学院工学研究科博士課程修了。同年4月横浜国立

大学工学部助手。1989年10月横浜国立大学工学部助教授。2000年

6月横浜国立大学工学部教授。2001年4月横浜国立大学大学院工学

研究院機能の創生部門教授。工学博士。

電気化学会電解科学技術委員会委員長。

燃料電池の問題点である、電極触媒、電解質の問題、電極の劣化等に

関する研究を幅広く行っている。モバイル機器用の燃料電池としては

DMFCが主に使われているが、メタノールの反応は工業電解の省エネ

ルギー電解への応用という観点からも重要なものであり、研究を進めて

いる。最近は毒性の低いジメチルエーテルを燃料にした燃料電池の研

究も行っている。

主な著書として“固体高分子形燃料電池の開発と動向”NTS出版(2000)、

“ユビキタス時代へのエレクトロニクス材料”シーエムシー出版(2003)、

“超小型燃料電池の開発と今後の展望”シーエムシー出版(2003)がある。

       【講師のお言葉】

       燃料電池の研究、開発はしのぎを削っている。政府も環境問題を解決するためになんとしてでも

       これを成功させなくてはならないと意気込んでいる。

       しかし、燃料電池の原理や基礎的なことをよく理解しない限り、どこを改良し、開発しなくてはなら

       ないかが見えてこない。

       そのため、この講義の中ではまず燃料電池の基礎事項を詳しく説明し、その後で実際の電池開発、

       世の中の状況を解説する。現在どのような燃料電池が開発され、どのような特徴があるのか。

       今一番注目されている燃料電池は固体高分子形燃料電池である。この種の燃料電池も車載用、

       家庭用、携帯、モバイル用と様々な使われ方があり、それぞれの用途にあった電池が開発されて

       いる。どの場合も、まだまだ完成された技術ではなく、課題は山積している。課題の解決に向けて、

       どのような研究が行われているか、新しい材料開発はどこまで進んでいるかを紹介する。

       大学の研究室では学術的なデータはでるがすぐにものにはならないと言われている。しかし、その

       中に大きな可能性が潜んでいるので先端研究の一部に耳を傾けるのも重要なことであろう。

      

1.燃料電池の基礎事項

               (1) 燃料電池の歴史

               (2) 燃料電池と従来の電池の違い

               (3) 動作原理

               (4) 燃料電池の種類と発電効率

               (5) 燃料電池の開発状況

         2.直接形メタノール燃料電池の開発動向

               (1) DMFC開発の背景

               (2) DMFCの仕組み、熱力学

               (3) DMFCの発電効率

               (4) 電極触媒の働き

               (5) 電解質膜の働き

               (6) メタノールの反応機構

               (7) DMFC開発上の課題

               (8) DMFC開発における新しい試み

               (9) マイクロ燃料電池の開発状況

         3.MEAの開発動向

               (1) MEAの構成

               (2) MEAの働き

               (3) MEAの製造方式

               (4) MEA作成の実際

               (5) 高耐久性MEAの開発状況

               (6) 耐メタノールクロスオーバMEAの開発

               (7) 高出力密度MEA技術

               (8) MEA量産技術

         4.燃料の多様化

             (1) アルコール、アセタール系燃料を用いた燃料電池の電池特性

                         イソプロピールアルコール

                         エチレングリコール

                         ギ酸

               (2) エーテル系燃料を用いた燃料電池の電池特性

                         ジメチルエーテル

                         ジメトキシメタン

                         トリメトキシメタン

               (3) 水素化ホウ素ナトリウムを燃料とした燃料電池の電池特性

               (4) その他の燃料を用いた燃料電池の電池特性

                         アスコルビン酸

                         グルコース

                         シクロヘキサン、デカリン

         5.商用化に向けた取り組み

               (1) モバイル向けとしてのマイクロ燃料電池DMFCの開発状況

                   東芝、日立、富士通、サムソン、カシオ、モトローラ、NEC等

               (2) 実用化へ向けた課題

         6.今後の展望

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る