SIPを応用した最新の構築・導入事例をもとに体系的にわかり易く詳!!

SIPで実現する/モバイル・セントレック及び

無線IP電話システム構/QoS技術最新動向事例

【第12回開催】

インターネットの様々なアプリケーションと親和性がよく、多彩な新サービスを可能にするSIP。モバイル分野での採用進!!

■日時 7月5日(火)       ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

●講師

岩崎通信機

通信事業本部     嶋谷 俊道

マーケティング統括部

担当部長

【経歴・活動】

1977年に入社。音響カプラ、携帯データ端末、デジタル交換機ハード

ウェアアーキテクチャ等の開発及びデジタル交換機用LSI設計に従事。

1998年には来るべきVOIP時代にそなえ、弊社研究開発部内にLAN

Telephony及びSIPを研究するプロジェクトを発足させた。1999年当時

ルーセント・テクノロジー(現在Avaya)社とIPネットワークに関する戦略

的提携の締結に注力し、そのアバイア事業を推進するためのENS(En

terprise Network Solution)事業部発足に従事した。

2000年より、SIPプロトコル及びVOIPシステムの基礎検討に基づき、

SIP及びオープン・アーキテクチャを採用したNetSpeak、無線・モバイル

IP電話/システムの開発に着手。

開発本部ソリューション技術部長、通信事業本部ソリューション技術部長

を経て、2005年4月通信事業本部マーケティング統括部担当部長。

      【講師のお言葉】

      2003年は050IPセントレックスサービスが立ち上がり、各通信キャリアが本格的に普及する活動を精力

      的に行いました。

      SIPプロトコルはご存じの通り、これらのサービスを構築するための基本プロトコルとして揺るぎない地位

      を獲得しました。

      その理由として、SIPの応用範囲がキャリア通信サービスの領域のみに留まらず、企業用アプリケーシ

      ョンを開発されるベンダー、SIer、NIerが電話機能を自分で開発したアプリケーションの一つとして取り

      込むことができるからです。

      また、2004年の話題は、やはり、IPセントレックスの新たな展開としてのモバイル・セントレックス並びに

      無線IP電話の動向です。

      そこで、SIPを日本で先駆けて開発している岩通が050電話サービス、IPセントレックスの現状とネットワ

      ーク構築事例並びにSIPを採用したモバイル・セントレックス及び無線IP電話の最新動向を解説します。

      また、現在までに培った音声通話品質のノウハウを基にIP電話の品質を確保するための技法及びQoS

      を確保するためのネットワーク手法を紹介し、SIP対応ネットワークの可能性を示します。

      そのような流れのなかで2005年の最新動向は、音声とデータの統合に加え、キャリアネットワークの固

      定とモバイルネットワークを統合する動きです。これらの最新動向についても解説します。

      

         1.VOIPを取り巻く市場環境とSIPプロトコルの概要

         2.ネットワーク構築時のセキュリティ及びNAT越えの留意点

              (1) 認証

              (2) 暗号化

              (3) セキュリティ

                   ―Dos攻撃、なりすまし、盗聴

              (4) NAT越え及びファイアウォールの解決策

         3.SIPとプレゼンスとインスタントメッセージング(IM)の関係

              (1) SIPとプレゼンス機能の親和性

              (2) プレゼンスとインスタントメッセージングの関係

         4.VOIPに適したネットワークとは?

              (1) IP-VPN及び広域Ethernetの現状と課題

              (2) ネットワークとQoSの関係

         5.050及びIPセントレックスサービスの現状

              (1) IP/050電話サービス

              (2) 各キャリアにおけるIP/電話サービスの違い

              (3) 相対契約について

              (4) 企業におけるIPネットワークとVOIPシステム導入形態

              (5) IPセントレックスサービスの現状と問題点

              (6) ベンダーより見た通信キャリアがねらうIPビジネスモデルは?

         6.SIPを用いたVOIPシステム構成例

              (1) 岩通のVOIP商品戦略

              (2) コンバージェンスシステム “Acteto”

              (3) IPセントレックス “Sylantro”

              (4) 新アーキテクチャーシステム “NetSpeak”ファミリ

              (5) VOIPアプリケーションの適用事例

              (6) IPセントレックスネットワーク構築

         7.IPセントレックス機能及び課題

              (1) IPセントレックスの課題と解決策

                   ―IPセントレックス構築事例を踏まえた問題点とは?

                   ―その解決策とは?

              (2) 課題解決の基本

                   ―新しいビジネス協業モデルの提案

         8.モバイル網と固定網の統合

              (1) モバイル網と固定網を統合するには

              (2) 統合による通信コストの削減とサービス向上

         9.モバイル・セントレックス及び無線IP電話の最新動向

              (1) モバイル・セントレックスの概略仕様

              (2) 各モバイルキャリアのシステム構成とその特徴

                   ―NTTドコモ、KDDI、ボーダフォン方式

              (3) 通信ベンダーが提供する無線LANシステム構成とその特徴

                   ―メルー社、エアースペース社 等

              (4) VOIPシステムに無線IP電話を組み込むには?

                   ―モバイル・セントレックスの導入

                   ―標準規格での導入

                   ―独自規格導入によるメリット

              (5) 無線LANにおけるQoS

                   ―同時通話数の確保

        10.IP電話の通話品質の現状とQoSへの留意点

              (1) 音声パケットの基本動作

                   ―音声符号則と音声品質

              (2) 通話品質を決める要因

                   ―弊社の音声技術の蓄積に基づく要因分析

              (3) QoSを満足するための優先制御方式とは?

                   ―納入事例に基づく指針

        11.VOIPシステムのアプリケーション連携

              (1) 従来型CTIアプリケーションのシステムモデル

              (2) 従来型システムの問題点

              (3) SIPを用いたシステムモデル

              (4) SIPシステムの有用性

        12.ネットワーク構築及びコスト削減例

              (1) 公共機関の構築事例

                   ―IP-VPN活用事例

              (2) 某小売り企業の構築事例

                   ―インターネットVPN活用事例

              (3) IPセントレックス納入事例の現状と傾向

                   ―導入事例1 大企業向け導入事例

                   ―導入事例2 金融関連企業導入事例

        13.通信費削減の可能性

              (1) 某企業への構築事例

                   ―通信コストの削減

              (2) IPセントレックスの原価構造

        14.IP対応VOIPネットワークの今後のモデル

              (1) IPセントレックスの普及

              (2) 通信キャリアビジネスの発展モデル

              (3) VOIPシステムの発展モデル

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る