移動通信に適し、高速・長距離伝送を実現するWiMAXが切り拓く新ビジネス始ま!!

WiMAXワイヤレスブロードバンド/

サービス最新動向適用例及び今後展開

大手通信事業者の新規参入、対応LSI・機器の製品化、新サービスの実証実験が相次ぎ、活発化するWiMAX新市!!

■日時 10月19日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

WiMAX/モバイルWiMAXの開発・標準化動向と国内外の取り組み・適用例及び今後の展望

潟Gグゼ

専務取締役

 

小野 令

 

10月19日 9:40〜12:40

  1.WiMAXとIEEE802.16の概要

       (1) IEEE802.16の経過

       (2) WiMAX Forumの設立経緯

       (3) IEEE802.16e(モバイルWiMAX)標準化状況

       (4) WiBroの概要

  2.IEEE802.16技術の特徴

       (1) OFDM

       (2) OFDMAとサブチャネル

       (3) AAS、H-ARQ、パワーコントロール、他

  3.WiMAXの想定アプリケーションとターゲット市場

       (1) VoIP

       (2) ストリーミングなどブロードバンドアプリケーション

       (3) 対戦ゲームなどエンターテイメント

       (4) 遠隔医療、遠隔教育

  4.WiMAX使用周波数について

       各国の状況、国内検討状況

  5.IEEE802.16e(モバイルWiMAX)の概要

       (1) システム構成

       (2) ハンドオフ機能

       (3) セキュリティ機能

  6.海外適用事例(プレWiMAX、IEEE802.16-2004)

       (1) 遠隔地向けOFDM・OFDMA事例

       (2) 都市部向けOFDMA事例

  7.WiMAXにおける技術的留意点と課題

       (1) 高速化技術

       (2) 周波数再利用

       (3) メッシュネット技術

  8.WiMAX/モバイルWiMAX市場展望

WiMAXの映像ストリーミング、遠隔教育、高品位TV等の実現技術とその取り組み

鰍hRIユビテック

ユビキタス研究所

第二研究室主任研究員

 

工藤 めぐみ

 

10月19日 13:30〜15:00

  1.通信と放送の融合とIP放送

       (1) ストリーミング技術のトレンド

       (2) IP放送に求められるネットワーク技術

       (3) 通信事業者、コンテンツ業者の取り組み状況

  2.WiMAX映像伝送、IP放送の実現技術

       (1) 無線ブロードバンド伝送路の特性

       (2) IP-STBと誤り訂正技術の開発状況

       (3) WiMAX映像ストリーミング実験の状況

  3.WiMAX映像伝送サービスの今後の展望

       考えられるアプリケーション例

日本市場におけるWiMAXの可能性とビジネスモデル

鰍hRIユビテック

ユビキタス研究所研究企画部長

主幹研究員

 

干場 久仁雄

 

10月19日 15:15〜16:45

  1.無線ブロードバンドの新市場とは

       (1) 通信市場の変化と無線ブロードバンド

       (2) 競合技術、サービスとの比較分析

  2.WiMAXの市場機会

       (1) WiMAXのリスク分析

       (2) ベンダ、キャリアのとるべき戦略とは

  3.日本におけるWiMAXの市場展望

       (1) 日本市場の特性

       (2) 想定アプリケーションとビジネスモデル

 

戻る