<入門コース> 初心者の方でも充分理解して頂けるようわかり易く解

新市場を切り拓WiMAX全貌

〜国内初のWiMAXサービスがスタート。早期普及を目指し開発が活発化〜

【第3回開催】

高速・長距離通信を実現する新世代WiMAXの早期商用化、新市場の獲得に向け大手企業の参入が相次!!

■日時 1月31日(火)      ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 35,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

 

 

●講師

潟Gグゼ

専務取締役    小野

 

【経歴・活動】

1972年、三井造船入社。情報システム部門において構造解析、CAE、CAD

ソフトウエア開発に従事。Nuclear Engineering and Design 71論文採用。

1985年、日本アポロコンピュータ入社。エンジニアリングワークステーションの

インテグレーション。

1990年、同社の合併によりYHP入社。UNIXサーバによるオープンシステム

設計。エンタープライズネットワーク設計・インテグレーション。Windows NTワ

ークステーションビジネス。

2002年より現職。無線LAN、WiMAX関連ビジネスに従事。

無線LAN侵入検知システム、無線LAN用セキュリティシステム、無線LANに

よる位置情報システム、メッシュネットシステムなど取り扱い中。

現在、WiMAXの製品化に注力。IEEE会員。

エグゼは、WiMAX機器の先進開発メーカであるWi-LAN、SR Telecom

の国内総代理店。

       【講師のお言葉】

       WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、最大75Mbpsの高速化と48kmの
       長距離通信を可能にする次世代の新しい無線技術として、また移動体通信に適したモバイルWiMAX

       (IEEE802.16e)の技術として脚光を浴びております。

       現在、国内外においてWiMAX製品の激しい開発競争が展開されており、対応LSIはインテル、富士通、

       Wavesat等が製品化を発表。対応機器はWi-LAN、SR Telecom、レッドライン・コミュニケーションズ、

       エアースパン・ネットワークス、アルバリオン、シーメンス等が活発な開発を行っていて、標準化作業を経て

       固定仕様(IEEE802.16-2004)の製品化は目前に迫っております。

       またWiMAXの新サービスとして、映像ストリーミングサービス、遠隔教育、高品位TV電話等新たな端末

       開発を含めた新市場の創出も期待されています。

       国内の通信事業者では、KDDI、YOZAN、イー・アクセス等が802.16e(Mobile WiMAX)への参入を

       表明しております。

       今後はテスト用周波数による実機でのテストを国内でも重ねていくことで、市場の早期開始と拡大を促す

       ことができると考えております。

       そこで本セミナーでは、新市場創生の期待が高まっているWiMAXについて、国内外の最新動向、海外

       における適用事例を交えて、その全体像を体系的にわかり易く解説致します。

       そして多くの方に、次世代無線技術WiMAXの利点、優位性を知って頂き、WiMAXの可能性を実感し

       て頂ければ幸いです。

          

           1.WiMAXとIEEE802.16の概要

                (1) IEEE802.16の経過

                (2) WiMAX Forumの設立経緯

                (3) IEEE802.16e(モバイルWiMAX)標準化状況

                (4) 韓国WiBROの状況

           2.IEEE802.16技術の特徴

                (1) OFDMAの優位性

                (2) OFDMAとサブチャネル

                (3) AAS(Adaptive Antenna System)

                (4) H-ARQ、パワーコントロール、QoS、他

           3.WiMAXネットワークの想定アプリケーションとターゲット市場

                (1) VoIP

                (2) ストリーミングなどブロードバンドアプリ

                (3) 対戦ゲームなどエンターテイメント

                (4) 遠隔医療、遠隔教育

           4.IEEE802.16e(モバイルWiMAX)の概要

                (1) システム構成

                (2) ハンドオフ機能

                (3) セキュリティ機能

           5.WiMAX使用周波数について

                (1) 各国の状況

                (2) ワイヤレスブロードバンド推進研究会報告

           6.WiMAX対応LSI関連の最新動向

                Intel、Fujitsu、Wavesat、Pico Chip、他

           7.WiMAX対応機器の最新動向

                Wi-LAN、SR Telecom、RedLine、他

                (1) ベースステーションの構成とブロックダイアグラム

                (2) サブスクライバーステーションの仕様

                (3) 性能と特徴

           8.海外適用事例(プレWiMAX)

                (1) 遠隔地向けOFDM・OFDMA事例

                (2) 都市部向けOFDMA事例

                (3) モビリティーテストOFDM事例

           9.WiMAXにおける技術的留意点と課題

                (1) 高速化技術

                (2) 周波数再利用(Reuse Factor=1)

                (3) メッシュネット技術

                (4) キャリアクラス運用

          10.WiMAX/モバイルWiMAX市場展望

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る