<基礎コース> 最近の技術・開発動向を交えながらわかり易く解

MIMO-OFDM技術/システム

MIMOとOFDMを組み合わせて、高速伝送、高い周波数利用効率を実現するMIMO-OFDM。技術開発が活発!!

■日時 5月18日(木)      ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45      東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

 

●講師

東京工業大学

大学院理工学研究科

集積システム専攻     鈴木

教授

工学博士

【経歴・活動】

 1974年東京工業大学大学院修士課程修了。同年日本電信電話公社

入社、横須賀電気通信研究所。1978年より移動体通信における変復調

技術の研究に従事。PDC方式に研究成果が導入された。1992年NTT

移動通信網株式会社(現在、NTTドコモ)研究開発部へ転籍。

 1996年9月より東京工業大学教授、大学院理工学研究科 集積システ

ム専攻。工学博士(東京工業大学)。

 現在、第4世代システムを中心にOFDMとMIMOの装置化も考慮した

技術の研究を進めている。そのために140Mbit/sのデモが可能なFPGA

を用いたMIMO-OFDM信号処理ボードおよび 802.11n フェージング

シミュレータの開発をメーカとの共同で行った。また、より基礎的なMIMO

-OFDM MAP検出理論の成果については、最近の IEEE JASAC 4G

Wireless Systems 特集号(May 2006)などに掲載されている。

【著書】 移動通信の基礎(共著);Haykin、適応フィルタ理論;Proakis、

ディジタルコミュニケーション(共訳)。

1995年電子情報通信学会論文賞受賞。

IEEE、電子情報通信学会、各会員。

       【講師のお言葉】

        OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)は無線LAN地上波ディジタルTVに用いら

       高速・高信頼無線通信のための実用的に重要な信号伝送技術である。

        一方、送受に複数のアンテナを用いることにより信号の周波数帯域幅を拡大することなく、通信品質の

       改善や通信容量の増大が可能なMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)伝送技術が注目され、すでに

       無線LANで商用化されている。将来の3GPP、802.16e、802.11n などの標準規格でも検討されている。

        さらに、上述した2つの技術を統合したMIMO-OFDMが現在盛んに研究されており、国際学術会議

       において多くの成果発表が見られる。また、理論・計算機シミュレーションによる検討だけでなく、テストベ

       ッドの仕様、試作結果など応用面の成果も報告され、すでに野外実験で 2.5Gbit/s 伝送という驚異的な

       データが得られる状況にある。そのためMIMO-OFDM伝送技術は、今後の第4世代移動通信方式の

       キー技術と言われている。

        本講座においては、MIMO-OFDM伝送技術を理解するため、基礎から応用、今後の展望について

       説明を行い、技術の全体像が理解できるようにする。

          

           1.OFDM通信システム

                (1) 電波伝搬路の性質

                    Rayleighフェージング

                    周波数選択性フェージング

                (2) OFDM送受信系の基本構成

                (3) 信号検出法

                (4) 通信路推定法

                (5) ピーク電力の性質と抑圧法

                (6) ウォータ・フィリングと適応変調

                (7) 送受信機の不完全性の影響と対策

           2.MIMO通信システム

                (1) 通信路容量

                (2) MIMO通信路モデル

                (3) MIMO送受信系の構成

                (4) 通信路推定法

                (5) ストリームの分離法

                    線形分離

                    非線形分離

                (6) ビット誤り率の上限

           3.MIMOと時空間符号(通信路情報未知)

                (1) ユニタリ行列と符号化

                (2) 送信ダイバーシチ方式

                (3) 差動符号化

           4.MIMOとプリコーディング(通信路情報既知)

                (1) 各種受信処理とプリコーディングの分類

                (2) 最大通信路容量規範

                (3) 最小BER規範

                (4) 最小送信電力規範

           5.MIMO-OFDM通信システム

                (1) QRM-MLD

                    周波数拡散とOFDM

                    QR分解とストリーム分離

                    -アルゴリズムによる信号検出

                    性能

                (2) MAP検出(ターボ検出理論)

                    Turbo符号とその復号法

                    BCJR法

                    EMアルゴリズム

                    繰り返し数の制御

                    性能

                (3) 誤り訂正効果の改善

                    周波数相関と性能

                    サブキャリア位相ホッピング(SPH)

                (4) 送信振幅の抑圧

                    MIMO-OFDMにおけるピーク電力

                    エンハンスト選択マッピング(ESLM)

                                 〈質疑応答〉

 

 

戻る