新技術・新ビジネスに挑む先進クアルコム社の全貌と今後!!

クアルコム開発・事業戦略

常に他社に先駆けて有望な新規市場を切り拓き、先行・躍進を続けるクアルコム社の先端技術、ソリューショ!!

■日時 7月12日(水)     ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

9:30〜16:50       東京都新宿区西新宿1-9-18        (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

クアルコムのワンチップ戦略

クアルコムジャパン

CDMAテクノロジーズ

プロダクトマーケティング部長

 

須永 順子

 

7月12日 9:30〜10:20

  1.クアルコムの現状

  2.クアルコムの基本戦略

  3.CDMA WWマーケットとネットワークエボリューション

  4.クアルコムのチップセットロードマップ

  5.クアルコムのワンチッププラットフォーム

WCDMAチップセットロードマップとアプリケーションプラットフォーム

クアルコムジャパン

CDMAテクノロジーズ

テクノロジーマーケティング担当部長

 

占部 敏之

 

7月12日 10:30〜11:20

 

  1.UMTS Chipsetのロードマップ

 

  2.AMSSソフトウエアアーキテクチャ

 

  3.アプリケーションプラットフォームとしてのBREW

 

RF、小型パッケージ roadmap

クアルコムジャパン

CDMAテクノロジーズ

プロダクトマーケティング担当部長

 

新井 敏之

 

7月12日 11:30〜12:20

  1.クアルコムのRFロードマップ

  2.CDMA2000のマルチバンドソルーション

  3.UMTS/GSMのマルチバンドソルーション

  4.クアルコムの小型化へのアプローチ

  5.今後の開発動向

携帯用アプリケーション・プラットフォームBREWの活用事例、世界規模の市場

クアルコムジャパン

ビジネス開発部長

 

野崎 孝幸

 

7月12日 13:00〜13:50

  1.BREW開発の背景

  2.BREWの概要

  3.世界市場の概況

  4.主な海外市場の動向

携帯放送 MediaFLOのビジネスモデル、サービス、技術

クアルコムジャパン

ビジネス開発マネージャー

 

小菅 祥之

 

7月12日 14:00〜14:50

  1.MediaFLOの全体像

  2.FLO技術およびMDS

  3.MediaFLOのサービスおよびビジネスモデル

  4.UBMの機能、日本導入の意義

  5.周波数獲得に関して

3Gの広帯域化、1xEV-DO revision B

クアルコムジャパン

事業戦略部長

 

前田 修作

 

7月12日 15:00〜15:50

  1.3Gの現状

  2.3G今後のロードマップ

  3.IPアーキテクチャをベースに発展する1xEV-DO

  4.マルチキャリアで広帯域化に対応 DO Rev.B

  5.周波数利用の新しい考え方 Flex Duplex

フラッシュOFDMからIEEE802.20へ

クアルコムジャパン

ワイヤレスブロードバンド事業推進室

ディレクター

 

川端 啓之

 

7月12日 16:00〜16:50

  1.モバイルブロードバンド技術の要件

  2.フラッシュOFDMの概要と実績

  3.IEEE802.20の概要

  4.日本市場への適用

 

戻る