<基礎コース> 最近の技術・開発動向を交えながらわかり易く解

アダプティブアレーアンテナ

【第3回開催】

高いアンテナ利得と優れた電波干渉除去能力を持つAdaptive Array Antenna。次世代移動通信、WiMAXへの応用進!!

■日時 9月1日(金)       ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:30〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

 

●講師

名古屋工業大学大学院

情報工学専攻教授   菊間 信良

工学博士

【経歴・活動】

昭和57年、名古屋工業大学工学部電子工学科卒業。昭和62年、京都

大学大学院工学研究科博士課程修了。同年同大学工学部助手。昭和

63年、名古屋工業大学工学部助手。平成2年、同大学講師。平成4年、

同大学助教授。平成13年、同大学教授、現在に至る。工学博士。

アダプティブアレーアンテナ、高分解能到来方向推定、多重波伝搬解

析、電磁界理論の研究に従事。第4回電気通信普及財団賞受賞。

著書:「アレーアンテナによる適応信号処理」、「アダプティブアンテナ

技術」など。

電子情報通信学会会員。IEEEシニア会員。

       【講師のお言葉】

       無線通信やレーダの分野でアレーアンテナによる適応的な多重波抑圧技術(あるいは合成技術)及び

       干渉除去技術が昨今注目を浴びています。

       本セミナーでは、アレーアンテナを用いた適応信号処理技術、すなわちアダプティブアレーアンテナと

       到来方向推定法の基本原理を習得することを目的とします。

       アダプティブアレーアンテナの重み付けを決定するための評価関数は、予備知識の種類に応じて設定

       され、異なったアルゴリズムを成すので、まず各々のアルゴリズムの特徴を理解することを目指します。

       そして代表的は最小2乗法(MMSE)を規範としたアダプティブアレーアンテナについて詳しく説明します。

       さらに後半では、アダプティブアレーアンテナの不要波除去能力を利用した高分解能な到来方向推定

       法(MUSIC)へと発展させて行きます。

       最後に、これらに関する最近の技術動向(適用例)及び将来展望についてもふれます。

          

           1.アレーアンテナの基本とアダプティブアレーアンテナの概要

                (1) アレーアンテナの基本

                (2) アダプティブアレーアンテナの概要

           2.最小2乗法を規範としたアダプティブアレーアンテナ

                (1) 基本原理

                (2) 最適ウエイト

                (3) 最適化アルゴリズム

                (4) 参照信号について

           3.その他のアダプティブアレーアンテナ

                (1) NSNアダプティブアレーアンテナ

                (2) DCMPアダプティブアレーアンテナ

                (3) PIアダプティブアレーアンテナ

                (4) CMAアダプティブアレーアンテナ

           4.アレーアンテナによる到来方向推定の概要

                (1) Beamformer法

                (2) Capon法

           5.指向性のヌルを利用した方向推定:MUSIC法

                (1) 線形予測法

                (2) 最小ノルム法

                (3) MUSIC法

           6.最近の技術動向(適用例)と将来展望

                (1) 最近の動向と適用例

                (2) 将来展望

                                〈質疑応答〉

 

 

戻る