<基礎コース> 無線通信端末・機器の性能を大きく左右する最重要技術

高周波アナログ集積回路基礎

はじめて高周波アナログ集積回路に携わるデジタル技術者の方にも充分理解して頂けるようわかり易く解!!

■日時 9月6日(水)       ■会場 メディアボックス会議室     ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45       東京都新宿区西新宿1-9-18       (消費税込み、テキスト・昼食代含む)

 

 

●講師

東京大学大学院

新領域創成科学研究科

基盤情報学専攻       藤島 実

助教授

博士(工学)

【経歴・活動】

1993年東京大学大学院電子工学専攻博士課程修了。同年東京大学

工学部電気工学科任官。2000年大学院新領域創成科学研究科に異

動。その間、超高周波および超高速CMOS集積回路、シリコンデバイ

スのモデリングの研究に従事。

主な研究テーマは、ミリ波帯CMOS集積回路、高速・低電力パルス通

信、生体向け極低電力アナログ回路、量子コンピュータ型並列プロセ

ッサなど。

著書:LSI技術者のための親切な電磁気学;Ron Schmitt(共訳)、

システムLSIのためのアナログ集積回路設計技術;Grey(共訳)。

2001年、2004年、2006年日経IPアワードIP賞受賞。

IEEE、電子情報通信学会、応用物理学会、各会員。

       【講師のお言葉】

       あらゆる端末に無線通信機能が備わる今日において、高周波アナログ集積回路の設計は、システム全体

       の性能を左右する重要な技術である。とりわけ、シリコンデバイスの微細化がすすみ、化合物半導体と肩を

       並べるデバイス特性が得られる現在では、シリコン高周波回路の設計技術が重要となっている。

       高周波アナログ集積回路の設計では、アナログ回路設計に関する基本的な理解の他、高周波固有の分布

       定数に関する知識、集積回路に用いられるオンチップインダクタ、オンチップキャパシタなどの高周波応答

       に関する知識が必要になる。

       これまでデジタル設計に携わってきた技術者が高周波アナログ集積回路の設計を行う機会も増えてきてい

       るが、高周波集積回路についての情報は、デジタル集積回路を設計するのに必要となる知識だけでは網羅

       することはできない。モデリング、設計、評価それぞれにおいて異なる技術を理解する必要がある。

       本講座においては、高周波を集積回路で処理する上で固有の問題を理解するため、評価方法の基礎から

       始まり、集積回路上のオンチップデバイス、ウェハ測定の基礎、高周波回路の実例について取り扱う。

          

              1.はじめに

                   本講座およびテキストの内容

              2.高周波回路の基礎知識

                   (1) 伝送線路方程式

                   (2) 特性インピーダンス

                   (3) 反射係数

                   (4) スタブ

              3.スミスチャートの読み方

                   (1) スミスチャートとは

                   (2) 入力インピーダンスの計算

                   (3) CとLの周波数特性

                   (4) アドミタンスチャート

              4.散乱パラメータ

                   (1) 散乱パラメータの意味

                   (2) スミスチャートと散乱パラメータ

                   (3) シグナルフローチャート

              5.オンチップ受動素子

                   (1) オンチップキャパシタ

                   (2) オンチップインダクタ

                   (3) グランドシールド

                   (4) Q値と共振回路

                   (5) オンチップインダクタのモデル

                   (6) CMOS上の伝送線路

                   (7) 伝送線路の評価

              6.ウェハ測定

                   (1) ウェハ測定の概要

                   (2) 校正とディエンベッド

                   (3) 4ステップディエンベッド

                   (4) オンチップデバイスの測定例

              7.整合回路

                   (1) L型マッチング回路

                   (2) 伝送線路を用いたマッチング回路

              8.ポリフェーズフィルタ

                   (1) 複素信号処理

                   (2) 受動ポリフェーズフィルタ

                   (3) 能動ポリフェーズフィルタ

              9.おわりに

                          〈質疑応答〉

 

 

戻る